スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富野由悠季 『オーラバトラー戦記』 ようやく読了。 

[2008/09/21] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 いったい何ヶ月かかって読み終わったのかという感じですが、富野由悠季『オーラバトラー戦記』全11巻をようやくにして読み終えました。

オーラバトラー戦記〈11〉ハイパー・ホリゾン (角川スニーカー文庫)

 上が第4巻、下が第6巻あたりまでの感想でした。最初にブックオフで7巻ぐらいまでまとまって売っていたのを衝動買いしたのがはじまりなので、先行きのめどが立たない間はなかなか読み進む意欲がわきませんでした。皆さんとお話しているうちに、この本あたりは普通に書店で発注すれば入手できることを知り、さっそく全巻そろえてからは、なるべく早々に読み進めたいと思っていたのですが、それでもまさか、こんなにかかってしまおうとは。(笑)

 はじめは『聖戦士ダンバイン』の前史かと思って読んでいたものが、そうではなくて、総枠的な物語の再構築だということには途中で気付きました。大筋ではダンバインと同じ方向へ流れていきますが、展開はかなり異なります。特に、主人公ジョクらが一度地上へ行って帰ってきてからのストーリーは大幅に整理され、巨大戦艦が争いあうラストアクションの舞台は、地上ではなくバイストンウェルに設定されなおしています。全体の長さからすれば、ダンバインでおなじみの終盤は、思いがけずスピードアップしてるとも言えますね。
 人物の配置なども大きく置きなおされていて、主人公の名前が違うのもそうですが、例えばダンバインでは人気があったシーラ・ラパーナのキャラクターは、エレ・ハンムに集約されている感じで登場しません。このへんはファンにはがっかりなのかもしれませんが、物語の中での役割はすっきりしているような気がします。それから地上篇では両親とのグダグダはあまり描かれず、それよりも中臣杏耶子という女性が大事な役割を果たします。(それと、ジョクの祖母も。)

 「前史」として、蛮族ガロウランとの闘いに紙数が費やされている点については、文明の功罪の「罪」だけを描くのではならないという考えなのかもしれなかったですね。ダンバインのショウ・ザマは、早々にドレイク・ルフトと袂を分かつのですが、『オーラバトラー戦記」では、そこに至るまでで主人公も酷い苦衷も舐めながら、およそ半ばの巻数がかかっています。うん、まあとにかく重い、のかも。たしかにこれではテレビアニメにはならない。(笑)

 善良な市民さんの感想は新書版のそれのようです。私が読んだのは角川スニーカー文庫版なので、印象はかなり違うかもしれません。(たぶん新書版のほうがもっとカオスだったんでしょう。)
 やはり富野監督は小説の人ではなく、映像世界の人なので、読む側が汲まねばならぬ部分が大きいのは惜しまれますが、物語構造の再構築については、うまく行っていると思いました。(しかし、文字数以上に読むのに時間がかかる本です・・・。)

 富野監督も2001年と記されたあとがき(スニーカー文庫版)で触れていますが、終盤の描写は『伝説巨神イデオン』のそれに近づきながら、生(エロス)の方向に近づくことによって、無残なだけの印象に終わらぬよう腐心したもののように思われます。物語としてはイデオンのほうが整っている印象ですが、むしろ歯切れの悪いところにこそ、真剣な思索があるのではないかと感じました。
 どこまで事実かは読み比べていないので分かりませんが、スニーカー文庫に収めるときには、物語は触らずに、とにかく読める文章にすることを考えたように「あとがき」にはあります。でも監督には気の毒ですけど、現状でもすごく読みづらい文章だということは言わねばならないですね。

 各巻の「序」に記されたエッセイのようなものに、富野監督の「文明批評」的な要素は集約されて現れていて、富野スキーならこの部分だけでも興味深く読めるだろうことは請け合います。
 ただ、富野教の信者でない向きには、小説単体としてオススメできる自信はないかも(苦笑)。『聖戦士ダンバイン』の釈然としない部分(ただし、細部ではなく全体構造)を、感覚的に補う本としては読む価値はあるかと思います。まんざらテレビアニメでできなかった表現の意趣返しというだけの小説でもありませんでした。とにかく、決して楽な読書ではなかったですが、間違いなく濃密な“富野体験”でありました。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1333-e79ec9aa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。