スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宮崎アニメは、なぜ当たる』 読書感想文(?) 

[2008/09/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 夏休み・・・は、全然なかったんですが(笑)、何となく近ごろ乱読した本の感想文でも書いておきたくなりました。難しい本は、ほとんど読んでいないんですけど、昔に比べると少しは本を読むのが好きになりました。PCのモニターばかり見ていると、凄く疲れるという、それだけのことかもしれませんけど。

宮崎アニメは、なぜ当たる スピルバーグを超えた理由 (朝日新書 121)宮崎アニメは、なぜ当たる スピルバーグを超えた理由 (朝日新書 121)
(2008/07/11)
斉藤 守彦

商品詳細を見る

 書店でタイトルを見て、ぱらぱら立ち読みして、衝動買いをした本です。著者は映画業界紙の記者だった方で、現在はフリーの映画アナリストだそうです。

 富野スキーの私なんですが、このブログで富野アニメの記事はあまり人気ありません(笑)。
 「富野信者が富野作品を褒めるのは当たり前」で、ニュートラルじゃないのがいかんらしいです。あと、宮崎監督のことも時々書くんですけど、これは「嫌儲」な感じが抑えきれていないようにみえるんだそうで・・・。ルサンチマンですかねぇー?(苦笑)

 まあ、そんな不純な動機(?)で読んだわけですけど、映画業界の変遷みたいなものも含めて書かれているこの本は、映画に詳しい人なら知ってるデータも多いのかもしれませんが、無知な私にはけっこう「へぇー」と思うことが多くありました。

 映画館の数(スクリーン数)の増減

  • 1960=7457(ピーク) → 1964(昭和39)=4927 → 2007(平成19)=3221
    • 映画館数激減の原因は、やはりテレビの登場だそうです

 興行収入の“洋高邦低”(日本映画 < 外国映画)

  • 1986年~2005年

 特にハリウッド映画に席巻されていた、この20年間の映画の状況について語る上で、その両者の代表選手としてジブリアニメとスピルバーグを対照しようというのが、この本の狙いだそうです。

  • 1984 『風の谷のナウシカ』 配給収入7.42億円 興行日数48日間→
  • 1986 『天空の城ラピュタ』 5.83億円 42日間→
  • 1988 『隣のトトロ』+『火垂るの墓』 5.88億円 32日間

 トトロが苦戦したのは知ってましたけど、ラピュタも、意外と苦戦したんですね。

シネコン全盛の昨今では、たとえ邦画系で決められた週数の興行を終了しても、余力アリと判断されれば、同じシネコンの別のスクリーンに場を映して上映を続けることができます。

 この頃はまだ、半年以上上映された『もののけ姫』のようなことができなかったという話です。なるほどなぁ。あと、それまではキャラクター商品には消極的だったが、トトロのぬいぐるみが転機となったという話も面白い。

 一方のスピルバーグ。

  • 1976 『ジョーズ』 50.5億円 →
  • 1978 『未知との遭遇』 32.9億円 →
  • 1980 『1941』 8.6億円 →
  • 1981 『レイダース・失われたアーク[聖櫃]』 13.8億円 →
  • 1983 『E.T.』 96.2億円

 『E.T.』の記録は、1997年に『もののけ姫』に破られるまで、わが国の歴代ヒットの記録だったそうです。『レイダース』って私はこっちのほうが好きだし「スピルバーグ」と言うとこのイメージなんですが、意外と苦戦してたんですね。
 名声を確立したスピルバーグは若い監督のプロデュースをはじめて、『グレムリン』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』など、SF冒険ファンタジー大作の「スピルバーグ印」としてブランドイメージ化していく、と。

 あれ、こんな書き方してたら、恐ろしく長くなる!?(笑)
 何しろ、ここまでだと、『ナウシカ』なんて凄い熱気だったという主観的な記憶があるんですけど、映画業界的には、まずまず健闘した、というレベルだったんですね。なんか意外だなー。
 とにかく今夜はここで一回切って、続きは今度また。ちょっと仕切りなおしますね。

関連記事

コメント

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> もののけ姫から・・

ディズニーがジブリに出資してるから・・・。

> 史上ベストアニメ映画トップ10をご紹介!

こんにちわ!
はじめて、コメントしています。
アニメ映画に関する面白いサイトを見つけたのでご紹介したいと思ってコメントを書いています。
「Top 10 史上ベストアニメ映画」っていうんです。
インターネット・ムービー・データベース(IMDb)で歴史上ベストに選ばれた、10のアニメ映画の動画
が一挙に見られるんです!

『もののけ姫』はトップ3位です!!!

http://www.weshow.com/top10/jp/%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1/top-10-%E5%8F%B2%E4%B8%8A%E3%83%99%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A2%E3%83%8B%E3%83%A1%E6%98%A0%E7%94%BB

興味があれば、是非覗いてみて下さい?
ブログでも紹介してみては。。。。。
面白いですよ!

では、又お便りいたしま~す!

> え、人気無いのですか?

というより、最近あまり富野関連記事を見かけないような気がしますが…。

> アイタタタ・・・

kaitoさんや子犬さんに、それを言われると痛いですねー。(苦笑)

ただ浮気すればするほどに、(少なくとも私の場合)ほかの監督の作品では得られない何かが富野アニメにはあるということが確信されてきます。
最後はどこかで富野アニメと頭の中で比較しているところはありますね。
ただ、富野関連記事の人気がないのはたしかです。富野アニメそのものの人気がないのではなくて、このブログでの富野記事の濃度(数だけでなく、信仰の篤さ)が足りないのかもしれません。

> いえいえ

お気の向くままに書いていればいいんですよ。いつも囚人022さんの富野記事を楽しみにしてますので(もちろん他の記事も読んでいますが…)、ついに口を出しました。どうもすみませんでした。囚人022さんのアニメ感想系や随想系などの記事はいつも頷くところが一杯ありますので、欲をいえば、やはりもうちょっと富野濃度が上げていただければ…というところでしょうか。すみません、またワガママを言ってしまいました。

ちなみに私は前の言ったとおりで、富野監督以外の作品を論じる能力がないので書いてないだけです。いや、おそらく書いても悪口にしかならないから…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1321-1817b728

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。