スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『2001年宇宙の旅』 

[2008/09/01] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 たまたまGyaO(何と「昭和TV」枠)で放映されていたので、見ました。こういう名作もたまに入りますねー、気をつけてないと。古い作品だし、何度か見たことあるしなー、とか思っていたのですが、やっぱり凄い作品は凄いですね。1968年、恐るべし。(笑)

2001年宇宙の旅 特別版

 映像の力で十分。余計な説明は不要。・・・そういうセリフはこういう映画のために取っておかないといけませんね。
 もちろん、2001年はもう過去になってしまったので、1960年代に想像されていた2001年というふうに細かいところを粗探ししてしまうと、いくつかは目をつぶらなきゃ気まずいところはあります。しかし、それよりもCGとかがない時代に、どうしてこんなに美しい映像表現が可能だったんだろうかと、思わず感嘆してしまうほうが圧倒的。

 PCモニターで見てしまうと、画面の上下に黒い帯が入ってしまうんですけど、普段はあまり気にならないこんなものがもの凄く邪魔な気がしました。がさつな私には珍しい、こんなこと。(笑)
 内容が難解だっていう話もあるんですけど、ここまで美しいとね。・・・どういうことが「美しい」ということなのか分かんないんだけど、このぐらいまで来ると、こういうことが映画で「美しい」ということなのかと逆に納得してしまうような。(これを基準にしてしまうと、今のCGとかって安手に見えちゃいますね。恐ろしいことですけど。)

 難解・・・。世の中には無意味に難解って作品もありますけど、私はこういう考えさせられる作品はいいと思うんですよ。いろんな解釈があり得るからいいんだと思うんで、あまり続編(『2010年』)は好きではありません。極端な話、小説版も「原作」とは言えないですしね。
 GyaOのレビューなんかを見ていると、けっこう「駄作」とか言っちゃってる人もいて、理解できないものを拒否したい心情というのは分からないでもないつもりですけど、そういう人っていうのは映画だけでなく世界そのものに対しても、自分に分かる部分だけで捉えようとするのでしょうね。(分からない部分のほうがはるかに広くて、だから生きることには意味があるんでしょうに。)

 こういう作品は、特に見るたびに印象が違ったりするんですが、今回は妙に“HAL9000”に感情移入して見てしまいました。人間にとって道具でしかない“彼”の人格(?)のほうに思い入れをしながら出来事を見つめると、それはそれでなかなか切なかったです。

関連記事

コメント

> 2010

2010年ではHAL萌えが爆発しますしね。
HALと○○船長との再会などはもう涙無くしては…

>

どうしてももう一度大画面で観たい作品です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1319-48bbb554

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。