「セイラって凄く」 

[2006/01/05] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

毎度お世話になっております「お隣」(1/5付け)で2005年を振り返っていらっしゃいました。

そうですね。パヤオを絶対勝者と考えた場合に、常に絶対敗者であるかもしれないトミノのガンダムが、天下のNHKで一挙放映なんてのは、昨年の大きな出来事のひとつ、なのかもしれないですね。(笑)

日々次々と膨大な情報を更新していらっしゃるシャア専用ブログさんが、何故「聖」→「性」とあえて直したのかは謎なのですが、細かいことでいちいち悩んだり、訂正をしていられないのも、まあ当然のことであります。

怖いもの知らずの弊ブログが、そこへツッコミを入れてしまったのはこちらでありました。

期間限定でやがて消えてしまいそうですが、訂正されたということのアリバイはこちらにかろうじてありました。
これはミラーサイト?携帯用?
最新版を確認したら、もはや「性的」になってました。


しかし、お隣で紹介されているビデオの字幕を書いた人・・・シャア専用ブログさんの読者だったんでしょうね。
でも、「『聖』なんじゃないの?」という疑問が浮かんじゃったんでしょうね。
なのに「自分はこう思う」って直すのでもなく、本人に確認するのでもなく・・・
「せい的」って。(笑)

おかしいなと思っても、シャア専用ブログに書かれたことのほうが真実なのではないかと疑いを禁じえない。うーん、この人の反応のほうが、世間的に正しいのだろうか?



※1/6訂正
お隣から囚人さんの勘違いについての指摘コメントをいただきました。「せい的」と字幕を付けられたのはkitaさんだったそうで、「閲覧者がどちらが正しいのかを各自で検証し判断して頂くための材料として作った物」だそうです。なるほど、この反応は世間的にも最高に正しい!囚人さん、またエラーをしてしまいました。申し訳ございません。

えー???

でも、膨大な読者がいて、けっこうネットでも反応あったはずなのに、「ここ変じゃないですか?」って書いた人は、他にはあまりいなかったんですかね?

シャア専用ブログさんこそはガノタネット界の絶対勝者で、それに「?」を投げかけるなどというのは、絶対敗者である弊ブログには許されざる暴挙であったかもしれません?

orz

※1/6追記

本文中の訂正及びコメントにも書いたとおりでありまして、ビデオからキャプチャーした画像に字幕を付けるなどという高度な技能を有しない囚人さんは、まさかあれがkitaさんの付けたものだとは想像もしなかったと言う次第でお詫びの言葉もございません。
また、指摘されてはたと気づきましたが、大変お世話になっておりますシャア専用ブログさんに、難癖をつけて粋がるという、罰当たりな意図でもございません。
まあなんでも一応は、「自分の頭で考えましょう」ということで、kitaさんのご指摘と同じことを言おうとしたのだと思うわけですが、歴戦の勇者であるお隣の方のようにはいかず隙だらけなわけで、情けない話であります。…今後、気をつける所存ではありますが、勘違いしたり、間違ったり、これからもやってしまうのではないかと危惧もされます。
ただ、勘違いも間違いもあるかもしれないけど、それらを恐れて何も書かないのではなく、思ったことは書いておいたほうがいいのかな、とも今回思ったことも付け加えておきます。それが零細ブログの特権というものではなかろうかと。
と言いつつ、零細ブログ的にはメジャーに相手にされないのは当然ながら、数少ないお仲間に見放されるのが一番怖いので、毎度お隣に迷惑をかけてごめんなさい!こんな囚人さんですが、見捨てないでやってくださいまし。
関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(5)

[tag] WEB fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 怪コメント削除いたしました。

mimi★さんという人から、下記のようなコメントが。

明けましておめでとうございます(o_ _)o))
お邪魔します。
ブログ読ませていただきました。

性ですか・・・・(/ω\) アリャ
面白いですね☆なかなかお目にかかれないですよね。

また寄らせていただきますね。

ぜひ、ここ・・・・・・・・・・か

ここ・・・・・・・・・・
どちらかに遊びに来てください★

ではでは。

「・・・・・・・・・」には、当然と言えば当然なぐらい、girlだかなんだか、妖しげなアドレスが入っているわけです。(笑)
投稿した次の瞬間にはもうコメント付いてました。ブログを巡回して「性」という字を見つけたら自動生成するんでしょうかね!?

迷惑と思いつつ、感心してしまいました。(笑)

> 誤解の生んだ想念が(以下略

ええと誤解されている様ですが、あれはあくまで閲覧者がどちらが正しいのかを各自で検証し判断して頂くための材料として作った物です。よって「せい的」とひらがなで書いたのは当前でして、ここで「聖的」だと決め付けてしまっては私の主観が入る事となり、検証用画像としての意味を持ちえません・・・と、ゆうわけです。

しかしまあ、そもそも細かなミスなどは直接突っ込めばすみそうな話ではあるのですが、わざわざ修正されたという事は確信した上で直した物と見て間違いありませんから、こうして外野でワイワイ文句を付けるのが面白い訳でして。ただ、大新聞(絶対勝者)の小さなミスをあげつらうのは痛快ですが、街角ペーパーに突っ込むのは酷ですから、シャア専用ブログさんがそのどちらに該当するのかは、人によって判断の分かれる所だとは思いますが・・・。

> え? あの字幕はkitaさん作成!?

しまった。またやってしまった。v-435
どうかして直してみます。すみません。
私はシャア専用ブログさんが大新聞ではないのは承知しているつもりです。というか、「ここまでよくやられるなあ」と、半ば尊敬さえしております。言いたかったのは、誰も「おかしい」と言わないなあということでありまして、大新聞の記事だって鵜呑みにしたらあかんだろうに、みんな信じて疑わないのかなぁということなのか、騒いだわりにみんなどうでもいいのか、不思議なことだと。とにかく直します。ごめんなさい。

> おかしいと言わないのは、

○誤りは見ればわかるので放置。ウェブ上の誤字にいちいち突っ込みを入れていたら時間がいくらあっても足りない。
○放っておき、後で気が付いて赤面しつつ直すのか否かを生温かく観察している。
○ウェブ最強のガノタ・ジャーナリズムに突っ込むのは恐れ多い。
○元々気付かれていない。「ガノタはバカばっかだと・・・君は!」
○一瞬疑問を持つも、自分が間違いでこっちが正しいのだと信じ込んでしまう。

・・・といった理由なのでしょうかねえ・・・って、実は私のパターンを書いただけだったり(自爆)。なお、「トンデモ本の世界R」のあとがきに、こんな文章がありましたので抜粋します。

『僕の小学校時代の担任教師は、道徳の時間に「信じることの大切さ」を説いた。だが「疑うことの大切さ」を教わった記憶はない。』

> 天然ですみません(笑)

誤字脱字は少なくないですよね。引用するときとか、どうしようかとよく思っちゃいます。学者さんとかだったら「自分で原典に当たらなきゃダメだ」とか言われるわけですが、まあその辺は生ぬるくやっております。
しかしkitaさんのようにちゃんと分析すればよかったですね。特に後半3つが(笑えませんが)笑えます。
「疑うことの大切さ」これはいい話ですね。そうなんです、そういうことなんです。v-410

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/130-2ae5d27c