スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

比べてみたくなるもの? 宮崎監督&押井監督&富野監督 

[2008/08/07] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 私の半径1クリック圏内だけの話かもしれないけど、圧倒的に思えた『崖の上のポニョ』(宮崎駿監督)の話題を抑えて、想像以上にネットでは注目されているような気がする『スカイ・クロラ』(押井守監督)。同時期の公開ってどうなんだろうかと思っていただけに、世の中(ネットだけが世の中じゃないですけど)の反応含めて、興味深く観察させてもらってます。(それでも『ポニョ』見るもんかと私は意地をはっちゃってますけど!)

 面白い切り口の記事を書く方だな、と最近ブログを購読させてもらっていたHIGHLAND VIEWさんが、そういうタイミングを捉えて両監督の「リアリティコントロール」を比較した記事を書いておられたので、これは面白いと思って速攻ブクマしました。

宮崎駿

  • 絶体絶命のシーンをドキドキワクワクのダイナミックな動きで突破することこそアニメーションの楽しさ
  • 無茶を通せば道理が引っ込む。観客が「道理が引っ込んで当然」と思うほどの魅力的な動きを
  • 少女を守るために飛び降りる勇気があるか、少女の重さを歯を食いしばって耐えられるかどうか、そこが重要

押井守

  • 絶対絶命のシーンは道理(脚本・構成レベル)でつくられる。ならばその解決も道理で
  • 最悪のシナリオを登場人物たちが知恵を絞り、行動し、それを回避するような話が好き
  • 観客が危機回避を納得できるだけの理屈は必要
  • 問題はその作品のリアリティレベルがどの程度か、ということ(その意味で夢オチもあり)

 上記はちょっと要約しちゃいましたが、真面目な内容がありながら大変面白く読ませる記事になってました。対比を主眼としたためなのか、押井監督はもちろん、宮崎監督も宮崎監督独特の(って言うか余人には真似し難い)リアリティレベルのコントロールをしてますよというところが読み取りにくかったようで、コメント欄に少し熱いツッコミが入ってますケド。

※余談 富野由悠季の場合
絶体絶命 → 二代目主役ロボが助けに来る。

 それより白状すれば、私はここに噛み付こうかどうしようかと思ってブクマしたような気も68%ぐらいするんですが(笑)、「これじゃないですかね。やっぱり。スポンサーの枠組みの中で最大限の仕事をしてきた人としては。ピンチは新商品が登場するためにこそ存在する!」って、この人は実は“分かってる”人だなぁと思って。

 そしたら、はてブでホッテントリーに入ったということで、わざわざお礼を言われてしまいました。恐縮!
 それにしても現在で、398usersはすごいですね!

あとみんな宮崎駿と押井守好きすぎです。
どんだけ好きなんですか。

 いやいや、まったく。

アニメは言うなれば全て幻想で、背景からキャラから何から何まで全てをゼロから用意しなければ成り立たないのですが、逆に言えば用意したものには全て理由がある。必要なものと判断して選択したものだからです。 言わば画面にある要素は全て押井監督が選択したものであり、意図が反映されたもの。 その全ての要素をコントロールできるところが、アニメが押井監督に合っている、というか好みなんじゃないかな、と思うんですよね。 その結果、押井アニメは押井監督の意図やメッセージがすみずみまで盛り込まれていることになり、押井純度が限りなく高くなるのがたまらんのでしょうね。

 ところで、この話です(ようやく本題)。実は最近、上京した友人にお土産で買ってきてもらった「スタジオジブリ・レイアウト展」(東京都現代美術館)のカタログを嬉々として眺めているのですが、これを見て驚くのは、特に近作(『もののけ姫』以後)のレイアウトの完成度の高さです。初期のもの(『ハイジ』や『コナン』など)はTVシリーズということもあるのでしょうが、私の思う絵コンテとそれほど大差ない“下図”です。それがやはり『ナウシカ』以後はかなりしっかりと描かれるようになっていて、近作のものはこの段階で既に絵として鑑賞できるレベルと感じました。
 時代の変化だけだと言いたいところですが、こう並べられては『ゲド戦記』のレイアウトが(可哀想ですが)どうも見劣りをして、やっぱり別物なのです。
 何が言いたいかというと、「画面にある要素は全て宮崎監督が選択したものであり、意図が反映されたもの」、「その結果、宮崎アニメは宮崎監督の意図やメッセージがすみずみまで盛り込まれていることになり、宮崎純度が限りなく高くなるのがたまらんのでしょうね」という言い換えは、これを見てしまうと容易に出来てしまうという話です。ただ、時間と金さえかければ、こうした製作システムが誰にでも出来るかというと、たぶんそうではないんでしょう。

頭の中で組み立てた以上のものにはならない。っていうのがアニメの宿命で、それだと人生にたくさんあるはずの振り幅がないんですよ。

 やっぱり宮崎駿という天才アニメーターだから、ここまでギチギチに完成されたレイアウトがあってもワクワクするようなアニメーションが出来るんだろうと、私はそう思いました。
 『未来少年コナン』を見れば分かるように、宮崎アニメにもリアリティレベルの紙一重のコントロールが存在するわけなんですが、それはただ一人の天才アニメーターが作品の隅々までを完全に掌握しているから出来ることなんであって、こればかりは誰にも真似は出来ないんじゃないでしょうか。

 ・・・と、宮崎さんばかりを褒めても癪に障るので(笑)。
 この三人の対比で言うと、私がもう一つ忘れちゃならないと思うのは、原作ものをよく手がける宮崎・押井に対して、オリジナルにこだわる富野、というところにも触れてほしかったです。
 押井さんの『スカイ・クロラ』も原作には強力なファンがいらっしゃったようでしたが、宮崎監督もしばしば原作の存在する作品のアニメ化に取り組んでいます。(『ポニョ』はオリジナルですが、人魚姫の物語を下敷きにしているそうですね。)
 完成された世界観を持つ原作をアニメ化するにあたって、(リアリティレベルを含めた)細かなコントロールを行うことで、新たにアニメならではの独立した世界観を確立するがゆえに、宮崎アニメはしばしば“原作クラッシャー”にならざるを得ないんだと思います。
 それに対する富野監督はどうか。製作条件に恵まれないことはひとまず置くとしても。基本的にオリジナルの人であるがゆえに、まず「言葉」の部分から、徹底的に世界観を構築しなければならないということはあると思うんですね。
 ところが富野さんの“映画”というのは、『逆襲のシャア』など、わずかな例外を除いては実はTV版の映画化であり、ある意味で言うと、TV版が原作(それもかなり改変が厄介な)にあたってしまうという考え方もあり得るような気がします。・・・そもそもが“オリジナルの人”なだけに、原作にあたるものが存在するということは、かなり手足を縛られてしまう面があったんではなかったかと。(『新訳Z』なんかは典型的にそうですね。)

 あれ?あんまりフォローにならなかったかも!(笑)
 ただ富野監督は、「言葉」を過剰にぶち込みながら、その言葉は物語の中で次々にディスコミュニケーションを生むものだということ。菅野さんが言うように「音楽も絵も信じてない人」であっても、ついでに言葉も信じてない人なんだと私なんかは思います。富野小説を読んでいても、小説って言うよりも、むしろ絵コンテを言語化してあるような。要するに芝居空間なんだと思うんです。
 あてになるものが何もないから、やってみないと何が出てくるのか分からないんですけど、ある意味、人と人の間のディスコミュニケーションこそが人生の振れ幅そのものなんじゃないかとも思うんですね。富野アニメのリアリティコントロールというのは、そういうところにあるような気が私はしています。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] 宮崎駿 fc2ファビコン 押井守 fc2ファビコン 富野由悠季 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

ボクもこの記事を読んでいました。
噂では反目しあっているらしいこの二大巨頭。なんとなくかつての手塚治虫、宮崎監督の関係を思わせるような気もして。
世代って受け継ぐのですかね。

> 比べるなら、高畑と宮崎、神山と押井ではないか

比べるなら、高畑と宮崎、神山と押井ではないか。以上、糸冬了…ではあまりにぶっきらぼうなので、蛇足になることをおそれずに書くと、すくなくとも『攻殻機動隊』に対するアプローチとして、引用されている押井氏の立場はむしろ神山氏のそれであり、引用されている宮崎氏の立場こそ押井氏の劇場版に近いようです、どうやら。

> トラバありがとうございます。

ということで早速こちらにお邪魔しました。
富野余談が68%とお聞きして、あれを選んで良かったと心から思いました(笑)。
(これが一番色々考えよう、受け取りようがあるかな、と思っていたので)

NHK「ポニョ」密着を見て、宮崎監督の作業量が改めて尋常じゃないと驚きました。
あれだけ作品に手を入れていたら宮崎アニメとしか表現のしようが無いですよね。
押井監督は(いい意味で)ここまで働いていないんじゃないでしょうか?
それでも押井監督の映画は、押井作品としかいいようがなくて、
「映画のどこの部分さえ押さえていれば、自分の作品と言えると思うかい?」
とニンマリしながら問われているようで、これもまたすごいな、と感じます。

「オリジナルにこだわる富野」というのは仰るとおり作品制作のスタンスとして興味深い部分です。
自分でも持ち帰って色々考えてみたいと思います。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1294-776c1562

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。