スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 TURN17 「土の味」 今回は面白かった! 

[2008/08/04] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 「つまりは」「ここが天王山」な決戦ムードにワクワクするよりも、サディスティックなモードに入っちゃってるスザクがどういう振る舞いを見せるのか、やっぱり私の関心はもう、その一点に集中しちゃってました。

「その目、知っている。秘密をしまいこんで罰を受けている目だ。だから俺はブリタニア軍に入った。償うため。悲劇を繰り返さないために。」

 ルルーシュがどんな言い訳を口にするんだろうかと想像していたら、これは! なんとすばらしい展開!!

「過去には戻れない。やり直すことは出来ないんだ!」

 口からでまかせ、嘘ばっかりの中で、このセリフを言ったときのルルーシュの目は良かったですわ。あー、本当に“友達”にすがりたかったんだね、君は。どう考えたって成算のない、こんな謝罪に理由があるとすれば、このたった一言の本音に凝縮しているのかもしれないなぁ。(C.C.もあんなだし、カレンも身辺にいないし、考えてみれば今、彼の周りには誰も彼の気持ちを汲んでくれる人間がいないってのもあるんだろうな。)
 外見上は、土下座をさらに踏みにじった鬼畜度の高さはインパクトが大きかったし、またルルーシュは再びスザクに売られたと思い込んでたけど、「俺が間違っていた」と言いながらでも涙目でしたしねー。念が入ったディスコミュニケーションの演出だけど、ルルーシュはどこまでも友達には甘いし、それに一度「悲劇を繰り返さないために」と思い込んだら、スザクは出口を求めて突っ走り始めるんだろうとも思いました。
 彼が差し伸べた手。この少々の挫折では凹むことを知らない頑固者が結果的に、出口を見失っていた印象もあるルルーシュを救うことにもなりそうです。

「ルルーシュ、君の嘘を償う方法は一つ。その嘘を本当にしてしまえばいい。」

 “ギアス”のことをシュナイゼルが充分には知らなかったのが意外でした。とはいえ、ある程度は予測していたようで、これからどう動くのか、このお方は。もっとも、皇帝のほうがさらに何事か企んでるっぽかったけど。とにかく次々仕込が入りますねぇ。

 ルルーシュをコーネリアと思い込んでいるギルフォード卿は、この先どう使われるんでしょうか。コーネリアはそのうち脱出するだろうしなぁ。
 最強の戦略兵器をスザクが握っているというのは美味しい。これはどう使うんだろう?皇帝とシュナイゼルはいずれ激突するんでしょうが、その時この両者とルルーシュとの間でスザクがキャスティングボードを握っちゃうじゃないですか、これは。

 しかし目先の展開で、ナナリー救出をロロに任せるのは、こんなの誰にでも分かる最悪のチョイスですね!ああ、これだからもう、コードギアスは面白い!(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1292-a9cae1f4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。