スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン』 

[2008/08/08] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 先日、「個人的富野小説史」という自虐的な記事を書いて、その後に相次いで子犬さんkaitoさんといった、最強クラスの方々の同様記事を読ませていただき、冷や汗・脂汗という体験をいたしました。(笑)
 そんな恥をかきながらも、怪我の功名。古書で探さなくても、新刊で書店に発注すれば買えるものが多数あることを知り、ならば、と、“猫まっしぐら”の勢いでまず入手したのが、これ。『ベルトーチカ・チルドレン』です。なんだ普通に買えるんだー。知らなかった!!

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア―ベルトーチカ・チルドレン (角川文庫)

 とにかく今、読みたい本が急に山積みという状況で、例の『ゼロ年代の~』とかも確保してあるんですけど、マイブームは富野小説なので、世の中の旬とか「そんなの関係ねぇ~♪」という悪い病気が。(苦笑)

 私には珍しく、一気に読み通しました。まあ1冊で完結ですし。ベルトーチカの関係と、登場人物たち何人かの名前(ナナイでなくてメスタとか、ギュネイでなくてグラーブ)とか、モビルスーツの名前(ササビーでなくてナイチンゲール、ヤクト・ドーガでなくてサイコ・ドーガ)とかで違いがあるほかは、ほとんど映画『逆襲のシャア』に沿って物語は展開しますし。
 って言うより、富野小説にはありがちなひねりはむしろ少なくて、あのアニメ映画で難解だった部分のいくつもについて、“やっぱりそうだったんだ!”と納得できるところが非常に多く、私はアニメ作品のノベライズというのは、怨念返しみたいで基本的には好きではないのですが、これは大変楽しく読むことが出来ました。
 と言いつつ、クライマックス近くにも、かなり重要な改変部分は少なくなかったんですけど、「アニメ > 小説」がデフォルトな私なのに、今回に限っては変更内容にいちいち納得のいくことが多かったですね。

 その反対に、「あとがき」で記されていることには、どうも釈然としないことが多く。
 映画版『逆襲のシャア』のシナリオ提出第一稿が、「このストーリーだった」としながら、出資者たちの批判にさらされて改変に応じてしまう経緯の説明が、いちおう言い訳の体を取ってはいるんですが、何だかやけくそな感じもするなぁと。
 論法とすれば、最近でもしばしば口にしている「映画=オープン・エンターテイメント=大勢の人が一緒に見て、パーッと楽しめるものでなければ」なのですけど、どうも自分を納得させるための理屈を捏ね回している印象があって、少なくともこれを読んで納得がいくようなものではないと私は思いました。
 個人の思いだけで映画を作ってしまうのは、もちろん危険なんですけど、そんなに簡単に個人の思いを無に出来るわけもないんで。・・・映画にはなくて小説にだけある場面で言うと、私は最期にアルテイシアのことを思い出したシャアが、とてもいいと思いました。そうした個人の思いを無視して観念に走ってもダメなんですよ。

 「本来描きたかった自分の中のガンダム」と富野さんは書いているけれど、あまりに上手く出来すぎていて、これ、どこまでが本当にシナリオ提出第一稿なのか。どうも、ここでの「あとがき」の富野監督の言うことは、まるごと鵜呑みには出来ません。(まあ、いつだってこの人の言葉は、言葉づらそのままに受け止めていいようなものではないというのは、もうよく分かっているはずのことなんですけどねー。)
 そういうような、(作中の人物たち相互におけるそれとほぼ同様に、)物語の作り手と、受け手と、作品そのものの間に常に存在するディスコミュニケーションのようなもの。でも、その微妙な位相のずれから来る緊張感が、物語(のありよう)に不断に運動エネルギーを与えている面もあるんだろうと。
 富野監督の作品史としては、作家個人の思いとエンターテイメントということの関係が改善されるのに、結局『ブレンパワード』以後までの長い時間を要したわけなんですけど、この間には非常に苦しむ時期も挟むわけで、そうしたものの原型がすでにこの小説と、あとがきの関係の中に見えていた気がします。そうした意味でも興味深く、また言うまでもなく作品としても、とても素晴らしい物語でした。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1291-9705cf35

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。