スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『伝説巨神イデオン』 第14話 撃破・ドク戦法 

[2008/07/05] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

伝説巨神イデオン Vol.1
  • 今回は文句なくコスモが主人公。ただし主人公はひどい目にあうというのがこの作品のお約束(笑)。
  • 敵は“技術屋”、ジルバル・ドク。富野アニメでは技術屋は実力派で強いのがお約束(?)。目標を明快にするのが技術屋流で、漠然とイデオンを倒すのではなく、個別メカに集中攻撃して破片を持ち帰るという、低めの見積もりが図にあたる。
    • というか、見事に相手の注文どおりに、単独突出してしまったコスモ。ほんのちょっとしたタイミングの問題なんだけど。そのちょっとしたミスのためにイデオ・デルタの搭乗員は、コスモを残して全員戦死。(もともと操縦席のパイロット、コ・パイロット以外にどのくらいの乗員がいるのか分かりにくい。全身のミサイル・ランチャーやグレン・キャノンに1名ずつ配置されているが、むき出しのもよう。そりゃ死んじゃうよ!でも、ミスとも言えない程度のミスで、手の施しようもなく、この結果に陥るというのが、それはマジで怖い。)
    • モニターも次々死んでいく“フルボッコ”状態でパニックに陥るコスモ。それでも壊れないイデオンメカってのもすごいんだけど。(ミサイルとかが誘爆しないのは謎。)
    • カーシャの奮戦で、うまく行きかけていたイデオ・デルタの強奪を(案外あっさり?)諦めるドク。
  • “バッフクランを振り切るまでは・・・”とためらっていたブラジラー基地へ向かうことを、頼りのイデオンの危機を目の当たりにして、瞬時に決断するベス。
  • 受け入れてはくれたものの、第6文明人とバッフクランという二種類の異星人と同時に接点を持つのは、それは確率的に不自然すぎると嘲笑するブラジラー基地のカミューラ・ランバン司令。その論理は間違ってはいないんで、しかし、それが偶然ではなくイデの力による必然だということなど、この時点では誰も想像だにできなかったのでした!
    • ベスがカミューラの昔の教え子という設定は、あんまり効いてるとは思えない妙な蛇足かな?
    • パニック症状から立ち直れていないコスモに気づくカミューラ。軍人としては官僚的な判断しかできないが、人としては悪い感性の持ち主ではないようです。ずっと会っていない息子の姿をコスモに重ねているらしいカミューラ司令。(事情は詳しくは語られないけど。)
    • 「俺はもう子どもじゃない」、「なんでも一人でできる」、「みんなを守ることだって」・・・年齢らしからぬ不敵な態度と実力を備えているが、つっぱってそれ以上に背伸びしたがる彼。そういえば、コスモのバックボーンというのも作中ではあまり語られていないような気がする。
  • バッフクランの攻撃が始まる。理屈としてはカミューラ司令自ら、コスモをソロシップに送り届けようとしなくても良さそうなものですが。でも、それが情というものですね。
    • そして情に囚われると、この作品ではヤバい(笑)。二人を乗せたシュッターカタムは、これまたあっけなく爆撃に巻き込まれて転覆。下敷きになりながら自分の身よりもコスモを案じるカミューラが泣かせる。泣かせておいて・・・コスモは機体の下から無理やりカミューラを引き出そうと引っ張り、彼女の断末魔の悲鳴が響く。
    • 何度見ても、コスモが彼女を死なせたようにしか見えない(汗)。さすがに多少分かりにくくしているけど、これは確信犯。この回の演出は、『発動篇』を監督した滝沢敏文。この人は・・・けっこうヤバい人だと思います(これ、絶賛)。テレビアニメのフォーマットで、こんな微妙な表現をやろうだなんて!ここまでで言うと、カララの侍女マヤヤの最期とか、バジンとかがこの人の仕業。
  • 正気に戻ったコスモがイデオンに乗り込んで。しかし異常なハイテンション。超名台詞、「カミューラ・ランバンの仇ぃー!!」直前のコスモの目の動き。吼えるイデオン。やはり、このロボットは人の感情で動いている。

 滝沢氏のことをあまり知らなかったので、少しだけ調べてみました。

 今まで見た中で、印象深かったのは、この記事。

発動編に関していえば、滝沢くんが監督であることに間違いはない。少なくとも演出処理術というものに、僕にはできないものがある

 Wikipediaを見ると、『ボトムズ』の演出チーフなど、高橋良輔監督との仕事も目に付きます。2004年の『SAMURAI 7』も若干、良輔タン絡みのようですね。

 ここで第1話が無料配信されていたので見てみました。これは面白そうでした。いつか見てみたい。

 ブログを書いておられるようですが、富野監督関係(?)の記事はこれひとつっぽかったです。(イデオンの記事は見つからなかった・・・。)

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(1)

[tag] イデオン fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 滝沢さんは一時期ほとんど富野監督を神として崇めていたからな

「コンテ・斧谷稔、演出・滝沢敏文」と発動編と同じ面子で、イデオンという作品における、もっとも天衣無縫な組み合わせです。斧谷・関田もすごいが、関田さんは主にエフェクトで、この話みたいな感情の組み立てでは、やはり滝沢さんのほうが一枚上手いと思います。

滝沢さんはブログをやってるとは知らなかった。しかし、数年前の打ち合わせって、数年前は富野監督との仕事は無かったはずなのにな。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1266-8b735aa9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。