スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメ産業は先細りの一途か? - あえて言おう?“ニッチ上等!” 

[2008/06/30] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 例によってコメントするつもりが長くなってしまったのでトラバします。

 タツノコは過去の遺産で食っていこうとしないで、新たに企画を起こす能力はもうないんだろうか?

 何にせよタツノコがこのまま零落していってしまうのは忍びないので、金を稼いだらオリジナルの企画たてて欲しい。

 昔のタツノコ作品のファンとして、涙が出そうになるお話。

 また、今回のパネルでは、この新しいキャシャーンの物語の一部も公開されている。そのプロローグでは、なんとキャシャーンはブライキング・ボスの部下で、謎の少女ルナを殺害するところから始まるものになっている。また、キャシャーンのイメージも、大きな目が特徴になっており従来と異なった印象を感じさせる。

 元記事のほう。“な、な、な・・・なんだってぇー!”と思わずのけぞりますけど、「アニメ制作はマッドハウス」と言われると、それなら期待もしていいだろうかと。正直、今のタツノコが自分のところだけでやるという話だったら、失礼ながら不安でいっぱいだったかもしれません。

 これを読んで、お隣のマウンテンサイクル(2008/6/26付)で先日発掘されていた昔の記事のことを思い出しました。

 ガンダムは年間500億円をコンスタントに稼ぐニッチ産業だということ。ユーザーのパイがそんなに大きくない中で、どれだけ深掘りできるか?という商売らしい。

 ガンダムブランドを消費するだけのビジネスなど無駄以外の何者でもない。
 しかし、ビジネスサイドからすると売れるから売る、ぶらさがれるからぶら下がるのは当たり前の判断であり、結局、ガンダムブランドを無駄に消費しているのは、それを買う側のファンに過ぎない。

 だからこそ、ガンダムだから何でも良いというのではなく、本当にガンダムというブランドを生かそうとしている商品のみを購入するべきだ。消費者が正しい目を持って選択することのみが、本当にブランディングを考える商品を生み出すきっかけになる。

 「どれだけ深堀りできるか?」という商売なのは、タツノコブランドも同じだと思う。むしろ、汲めるだけのリソースがそこに眠っている(「ビジネスサイドからすると売れるから売る、ぶらさがれるからぶら下がるのは当たり前の判断」)と思ってくれる人が、まだある程度はいるらしいことを喜ぶべきなのかもしれません。(かつてのヒット作が、いまや・・・という嘆きはありますがね。)

 しかしかなり手堅いはずのガンダムですらニッチ市場と呼ばれるんでは、アニメビジネス全体が「どれだけ深堀りできるか?」という商売と言わねばならないんでしょうか。(もっとも、日本テレビと組んだスタジオジブリだけは別格か・・・?)

 しかしOVA作品は、ビデオやLDを買うか借りるかしないと見ることはできなかった。
 ところが今では、そんな作品もでわざわざ無料でテレビ放送してくれる。『コードギアス』なんていう徹底してオタク向けにチューニングされながらも高い質を維持している作品が無料で全国放送されているなんて、本来なら夢のようなことだ。

 こういう見方もありました。当たり前のようですが、「ガンダムだから何でも良い」、「タツノコ原作だから何でも・・・」、「アニメだから何でも・・・」というのを注意深く退け、何を見るのか、何を買うのか、しっかりと選ぶことが大切ですね。
 もしかすると作り手も、そういう切磋琢磨する環境にさらされているという意味では、“ニッチ上等!”な側面もあるのかもしれません。(ジブリブランドだから安泰という環境よりも、老舗のタツノコであっても、今、勢いのあるマッドハウスと組む、といったような。)ただし、富野監督がよく言っておられるように、隙間産業だけに安住する志の低さでは、業界全体が先細りになっていくだけなのはもちろんですが!

関連記事

コメント

> 守りに入ったところの共通の性質

タツノコプロは吉田竜夫(と彼を知っている才能)、
円谷プロは円谷一族、金城はじめ多くの才能、
手塚プロは手塚治虫、
石ノ森プロは…(以下略)

と中核となる才能がなくなっていて、
そのコンテンツが十分に大衆に受け入れられていれば
コンテンツの保持者たちは守りに入らざるを得ませんからね。

手塚は作家としてのアクが強すぎて意外とビジネス展開難しいのですが(キャラクターのみ貸してる状況)、
残りはなぜか名前を冠した新作が作られ続けている
タイムボカン、ウルトラマン、仮面ライダー…

ガンダムもZガンダムを許した時点で同じ状況になってますね。

バンダイってのはそういう意味じゃいいコマ抱えてるなあ…
(ウルトラ、ライダー、ガンダム)

子供向けの商材だと後上手いのはコロコロ(小学館)?
ああ、ここも藤子Fのコンテンツを抱えてる
(それでもポケモン育てたのはさすがだ)。

とはいえ、ここまで企業がシステマティックにコンテンツ展開させる手法を
身に着けてしまうと、
クリエイターが、その隙を出し抜いて、人々の心に長く残りうるコンテンツを作るのは難しくなりそうですね。

リスク抱えないとすごいものってできないんですが
企業はリスクは最小限にしようとしますから

その意味で、サンライズ&バンダイが富野監督に更なるブランドとなりうるコンテンツを作成させうるかといえば、多分難しいでしょうし

庵野監督もエヴァを越えるのは難しいでしょうし
(まだ若いから結論は保留するにしても)

ジブリなんてパヤオ監督なくなったら最初に示したプロダクションたちの
仲間入りでしょうね。
後継者いないもの

ーーー
ガンダムはニッチでしょう。
過去のユーザーがいまだに消費し続けているおかげで
市場は拡大する可能性を秘めていますが
老若男女全部に受け入れられてはいませんもの
この場合のニッチかどうかというのは市場全体からみた
位置づけの問題でしょう。

どちらかというとオタク向け市場の欠点は
顕在化してるニーズに迎合しすぎて
まったく異種の視点を交えることによる
新しい血の入る余地が弱いことじゃないかなあ

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1261-7fc1dfef

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。