スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは「消費は麻薬」と思えるかどうかですかね・・・ 

[2008/06/24] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

 珍しく世の中のお話に少し目を向けてみます。

地球温暖化対策として、コンビニの深夜営業に対する規制を検討する動きが全国の自治体に出てきている。

 コメント欄やはてブのコメントまで含めて、いろんな見方が出ていて面白かったです。地球温暖化への対策、いわゆる“ECO”の視点を敢えて見ずに、コンビニの深夜労働の問題と絡めて(混同して?)語っているところが切り口として興味深かったです。環境問題というタテマエ論を真に受けたものかどうか、そこが難しいところですからね。

こんな規制が可能なら、正月はもっといろんな店休め、とかいう意見もありそう。そりゃそうと、パチンコ店は電気を盛大に使っていそうよ?あれこそ営業時間をもっと規制できないのかなー?w

・・・と、私もとりあえず、はてブコメントをしましたが。
 なんだか引っかかって、その後も、つらつらと考えてみたりしてみました。で、私もちょっと話を飛躍させてみます。

 (これを言うと多くの方々から叩かれそうなのは承知で敢えて言ってみますが、)私は愛煙家でありまして、近年の愛煙家バッシングを、なんだか“煙たいもの”(笑)に感じています。
 そこで思うのですが、嫌煙論者の皆さんは、タバコは麻薬だ、タバコをやめられない人間などは、ニコチンという薬物に依存しているだけではないかとおっしゃる。・・・・・・はい。まったくおっしゃるとおりだと存じます。
 すでに案外、多くの愛煙家がそれは自覚しておりますので、そこを指摘されても、今さら「はっ!そうだったのか、ガーン!・・・」となって、悔い改めようなどとはあまり思わないのですよ。

 それで、言い逃れではないのですが、ECOの話と言うのも、こういうのと似ているなぁと、ふと思ったのです。
 「消費は美徳である」などというのは、ECOの考え方からすれば麻薬というべきでしょう。ですが、一度手にした消費の快楽を、やめられる人がどのぐらいいるのでしょう?
 この場合に、エネルギーの浪費が社会的に仕組まれた麻薬だという自覚を持っている人は、少なくともタバコが麻薬だと認識している人よりも、比率としては少ないに違いありません。なぜなら現代社会の中で、何らかの形でエネルギー浪費に加担している人は、圧倒的多数ですからね。

 開き直りではないのですが、エネルギー浪費をしている人も、社会の中で少数派に追い込むことができたなら、ECOもうまくいくのかもしれません。しかし、どうやったらそんなことが実現できるんでしょうか。私もコンビニが深夜あいているのにはお世話になってますし、タバコも(人に何かと非難されたぐらいでは)やめる気にはなりません。どうにも難しい問題ですね。

6/26 追記

テクノドリームの結論としては「消費すれば環境に悪い/消費しなければ景気が上向かない」という二律背反的な枠ではなく、うまく回るようなシステムを考えなければいけない、ということでしょうね。

 言及いただきました。すばらしい。景気が上向かないと、人が生きることに幸せを感じられないような“枠組み”そのものを変えていかねばならない。たぶん、そのとおりなのだと思います。
 「そのシステムを工学が作れる……んでしょうか?」ということでしたが、工学だけでなく、本来あらゆる学問は人間のためにあるのでしょうから、そうしたシステムを作ることに貢献する方策を模索すべきなんじゃないでしょうかね。

 「人間のため」というのは、これまで個々の人間のためでしかなかった。(うまい言葉が見つからないですが、)人と人の間にある環境も含めた、より広義の「人間のため」という概念を見つけることが必要なんでしょう。(工学にも哲学を、みたいな話でしょうか?)

なんとなくリンク

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(7)

[tag] 社会 fc2ファビコン 全体最適化 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 爪車

>一度手にした消費の快楽を、やめられる人がどのぐらいいるのでしょう?
ある種の「ラチェット効果」が働いている一例ですかね

別の価値観からやめざるを得ない状況を提示して、
そちらを選択させるのが無難でしょうね

> 深夜暫定税率

なんて嫌な想像をしてしまいました。

> なるほど

ラチェット 効果

1. (経済)所得が減少しても、消費はその後もしばらく減少分程減らずにそれまでの消費水準を維持しようとすること。
2. 結果がよいと評価基準が上げられ、悪くても評価基準が下がらないこと。爪車効果。爪車問題。

* 歯止め(ラチェット)が掛かることから。

http://ja.wiktionary.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E5%8A%B9%E6%9E%9C

なるほどなるほど。
だって長い時間をかけて習慣付けられてしまっているんですものねぇ。
ECOも減煙も、悲壮な決意のもと懸命な努力をしてやるのではなく、最小のリスクと努力で、リバウンドが来ないように少しずつやるのが着実なような気がします。

>

はじめまして。
一昨年、歯の治療に200万かかる旨宣告されたその日に、一日3箱月3万円消費していたタバコをすっぱりとやめました。

実際あんなに簡単にやめられるとは思っていませんでしたが。

> 「それは見合わん」

臨川庵さん、こんにちは。
それはまさに「別の価値観からやめざるを得ない状況」ですねー。(一日3箱はすごい!)
私などは、軽いのにしてみたり、本数減らしてみたり。でもそれって、細く長く、「吸い続ける」ことができるように(笑)という、ささやかな努力だったり・・・。
それも一つの“持続可能性”?(←激違

個人レベルで「それは見合わん」というのは分かりやすいのですよね。(それでさえもなかなか実行できませんが。)
問題は、追記しましたように、“より大きなレベルの何か”の一部をなす自分・・・というような認識力が、人にはなかなか備わっていないということなんだと思います。せいぜい“国民”意識どまりで、“ヒトという種の全体”とか、まして“地球という大きな生命体”とかいうのは、SF的な観念だと思われているような。

それを「公共性」という言い方で考えるべきか、少しためらわれるのですが、かえって前近代のほうが、共生というものを無意識で重要視していたんじゃあないでしょうかね。

> 言及どうもです

> 「そのシステムを工学が作れる……んでしょうか?」
>ということでしたが、工学だけでなく、本来あらゆる学問は
>人間のためにあるのでしょうから、そうしたシステムを
>作ることに貢献する方策を模索すべきなんじゃないでしょうかね。

そうですね。

補足するならば工学というよりはシステムやアーキテクチャーと言ったほうがいいかもしれません。個人の自律規範に何かを望まず、システムやアーキテクチャによるコントロールをするということですね(例:タバコを1箱1000円に値上げする)。

ただ、それは『1984』や『The Matrix』ではありませんが、システムのデザイナー(ビッグブラザーを作った人やマトリックスを作ったアーキテクト)がある程度支配的な側面を持ってしまうわけです。

多くの場合人は利便性の代償としてシステムに自ら取り込まれていきます(例えばSuicaなんかがそうですね)。その意味で工学では自分のエントリでは人がエンクロージャ(囲い込まれて飼い慣らされちゃう)されていくだけじゃないか、と書きました。

それは富野監督が常々言っている人間本来の能力を損なう方向性にある(だから「バカだ」って言われる)のでどうでしょうねえ……というところです。


そういった意味ではやはり教養だとか想像力を磨いていかないといけないんですよね。例えオールドタイプであったにしても。

> 枠組みそのものを変えるためのシステム

タバコ一箱を千円にするという案は、枠組み自体は変えないと思うのですよね・・・。少なくとも支配が強まった感じがすると、どれだけ頭では「見合わない」と判断できていても、むしろ感覚的には反発したくなります。
Suicaの話もありますが、タバコで言うと、あのTaspoっていうのは。まさに囲い込み飼い慣らしを形にしたような。

人間と言うのは、本来そんなにすがすがしく合理的なものではない、と私は感じています。「理」ですら動かないものを「利」で動かそうという発想が、オールドタイプのそれなのかもしれないですね。
枠組みを変えるための洞察力とは、やはり「情」でしょうか。たとえば私はパチンコ店を引き合いに出しましたが、なぜ人々はパチンコ店に行きたがるのかという部分に目を向けずして、それをただ規制しても、効果は望めないかもしれないという、そういうようなことです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1258-f39ba4d4

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。