スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』の、一向にまとまらない感想。 

[2008/06/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 現在進行形の作品で一番楽しみに見ているのが、この『コードギアス』の第二部なので、感想を書かなくちゃと思いながら、いつのまにやら日が経ってしまいました。

 最新回のWEB配信はBIGLOBEなんですけど、何気にバンダイチャンネルで第一部を流していたりして、近頃ちょうど「血染めのユフィ」や「せめて哀しみとともに」あたりの最高潮な展開のところだったので、平行して見ていたりします。

♪ 星になるよ 君守る

♪ 今行くよ 僕は 流れ星

 この主題歌、人気は上々のようだけど、私としてはいきなりの違和感!・・・とはいえ、第一部でも、前半の主題歌では思い切り全能感を謳いあげていて、それが後半になって痛烈なしっぺ返しが待ってましたから、「その手は食うかー」っと。(笑)
 何しろ小生意気な我らがルルーシュ君だけど、根っこはこのテの夢見がちな気分のところがありますね。っていうことは、これはいつもの意図的なミスリードで、第二部後半では主人公の、こういった素朴に甘っちょろいメンタリティの部分が(再び)コテンパンにぶっ潰されると見ていればよいのかどうか(笑)。
 とりあえず、その予兆はエリアイレブンの総督に最愛の妹ナナリーが就任して、よりにもよって思い出すのもつらい「行政特区ニッポン」構想を再び打ち出し、ゼロを直接否定した時点で垣間見えているんでしょう。だけど、たぶん谷口監督の主人公イジメはこんなもんでは終わらないでしょう~。うわぁ、怖いですね~ (わくわく♪)

 歌と言えば、エンディングでチラッと映るルルの顔に、オレンジ君みたいな飾りが付いてますが、現状、ロボットアニメ史上最弱(?)の主人公たる彼が、最後には強化人間になってパワーアップ・・・とか、思わず妄想してしまったのは私だけですか。そうですか。(笑)

 第二部は放映開始してからしばらくの間、すごく忙しくて、5話ぐらいまで一気に配信を見たんですけど、それもやっぱりすごい違和感でした。前にも書きましたけど、この作品って毎週毎週、「次はどうなる」という期待を目いっぱい盛り上げておいて、徹底してその予想の斜め上を行く展開を見せることで、TVシリーズというフォーマットを最大限に使いこなしていると思います。それを5話続けて見ちゃうと、なんだかワクワク感が4割減とか、そんな印象。
 それで、どうもうまく波に乗れなくなって、ここまで来ちゃいました。・・・どうしたもんだか。混沌とした感想を、何も整理しないで書き留めてだけおきましょうか。

このファッションでこのライディングポーズは・・・
  • 第1話冒頭。こりゃパラレルワールドかと、一瞬あっけにとられました(笑)。
    • いろいろ「?」なところへカレンのバニー姿を見せて思考能力を奪うという、恐るべき反則技。お色気担当重役は第二部で大活躍!
    • CCがキスすると解けちゃう皇帝のギアス弱っ!っていうか、CCがあまりに重要人物すぎる(笑)。
  • 何か煙に巻かれましたが、第一部ラストからの繋がり方の種明かし。・・・これに関しては、あまりスマートではないという印象。(このリセットの状況を作りたくて、それありきで言い訳を探したという気がしてしまう。特にスザクのメンタリティには違和感。)
  • また「合衆国ニッポン」とか言ってるルルーシュ(笑)。そういえば、第一部開始当初、“反米のルルーシュ”とか言われていたこの作品の世界では、アメリカ合衆国は歴史上にも存在しないのかな。何もないところから「合衆国」という言葉を造語したとすれば、そんなルルーシュってすごいじゃん。って言うか、理想国家は合衆国なわけ!? (すごい反転?それとも皮肉?)
  • 情に飢えているロロが、なんだか暑苦しくてうざい・・・。(なんか能力も、都合のいい感じでうざい・・・。)でも、ボロ雑巾のように捨ててやると言われているこういうヤツほど、きっと思わずホロっと可哀想になるような最期が用意されているに違いない(怖)。
  • 脳が筋肉で出来ているスザクを監視役にという、皇帝の人選ミスは実にすばらしい。スザクも相応には性格悪くなってるんだけど、これだとルルーシュとの性格対比が際立たなくて、構図的には面白くない。
  • ああ、そうか。ナナリーって目が見えないからギアスがかけられない人物なんですね。ほぉほぉ。
  • 失意のルルーシュがカレンに「慰めろ」と。人並みにそういう関心もあったのか、青少年!(安心した!←謎) しかし第二部前半は、いろんな面でサービス過剰!しっぺ返しが怖いゾ(笑)
  • ルルーシュは「血染めのユフィ」ではユーフェミアの天然ぶりに脱帽し、“行政特区ニッポン”込みでやっていく方策を考えると彼女に言明していたはずだけど。まあ国内ステージから国際ステージへ話を展開させるための方便なのか。
    • いちおう世界規模の状況というものがあるように見せかけてはいるけれど、シュナイゼル殿下もラウンズの精鋭も、軒並み東アジア方面に来てしまうというのは、まあ。
    • CCもオレンジ君も、どうやって助かったのか説明はない?超人気(笑)のオレンジ君は、いつ物語のメインステージに復帰するのかなぁ。
  • “仲間は大事”っていうのが分かりやすく全面に出ているルルーシュ。でも、もともとこいつは身近な人間の情には、からきし弱かった気がするんで、ただ自分に素直になっただけなのかもね。
  • 「教団」っていうのが出てきた!楽しみでもあり不安でもある(微妙~♪)。マリアンヌは生きてるんでしょうね。いつどんなかたちで出てくるのか。やっぱりCC同様に不死の魔女にしてギアス能力者なんだろうなー。アーニャって何のためのキャラかと思ったら、そのへんに絡んでくるとは。・・・で、陽気なジノっていうのも、彼もやっぱり、なんか一癖あるんだろうか。あと、コーネリアも死んでいないのなら、どこかこのあたり絡みで姿を現すくさい(ギアス持ちになってたりして・・・)。
  • 国際編のステージになっても、学園ものはやめないぞ、というすごい力技。ナイトオブラウンズも入学してくるし。シャーリーとのロマンスを再燃させるために(やや無理筋でも)スーパーメイドさんが活躍するとは。ほんとに。なんという力技!
  • 第一部では、11話(ナリタ攻防戦)まで大河内さんのシナリオで通したけど、第二部ではどこまで続くのかなぁ。

 これ、第二部では終わらないんじゃないのかと思い始めています。第四部ぐらいまでやるような、そういう確信犯的な進め方をしている気がしてなりません。仮にそうだとすると、放送時間帯が視聴率を無視できないところに変わってきたのはよかったのか悪かったのか。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(0)

[tag] コードギアス fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1257-1963e6bd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。