スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アニメ様の七転八倒 第98回 『ガンダム』のルーツはタツノコにあり?」は必読 

[2008/06/18] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 書きかけの記事とかいろいろあるのですが、今日はネットで目に留まった記事のご紹介を。

 この記事、今回はシャア専用ニュースさん経由で読みました。

  • サンライズ作品のルーツを考える上で、竜の子プロダクションの存在を忘れてはいけない。特にサンライズの作品傾向を決定した『機動戦士ガンダム』『伝説巨神イデオン』においても、タツノコ系のスタッフの活躍が大きい。
  • 大雑把かつ乱暴に言ってしまえば『ガンダム』『イデオン』に関して、メインスタッフの半分はタツノコ系のクリエイターであるわけだ。
  • 1970年代後半から、リアルメカ&ヒーローものに参加していたスタッフはタツノコを離れ、サンライズや東映の作品に参加するようになっていった。タツノコの遺伝子がアニメ界に散らばったわけだ。
  • 『新造人間キャシャーン』のツメロボットをデザインしたのが誰なのか知らないが、そのツメロボットに『ガンダム』のザクのルーツを見出す事は容易だ(外見に関しても、量産型であるという意味でも)。
  • 僕のアニメ史観でいけば『ガンダム』は虫プロ的な柔らかいキャラクター表現と、タツノコ的なハードなメカ描写が合わさった作品である。『イデオン』は虫プロ色が極端に薄く、タツノコ的リアルアニメの発展形としてとらえる事ができる。
  • サンライズのカラーが確立する上で、タツノコ系スタッフの存在が重要なファクターだったという言い方をしてもいい。

 ・・・感涙・・・。(笑)

 かねがね私の思ってて言いたかったことを、さすがアニメ様という説得力で、ずばり簡潔に書いてくださいました。これはうれしかったです。

富野さんの絵コンテ志向については、私は“虫プロ”というその出自よりも、“タツノコ”系との親和性とか印象を持っています。

そこで虫プロ系の中では異端児扱いの富野監督の立ち位置なんですが。“アメコミ風”とよく言われるタツノコ系との親和度が高いんじゃないかと、私は前からぶつぶつ言っているわけです(笑)。
そういう意味で言うとアメコミは、“映画”を頂点とするアメリカ的な文化風土の産物なわけで、富野監督的にもピタッとはまっている気がするんですよね。

富野監督は「リアルロボット」という言い方ではなくて、「ハードロボットもの」という言い方を『ガンダム』にはしていたらしいですね。(サンライズの作品の癖に、「ハード」という言い方はタツノコプロっぽい気がします。)

 “絵コンテ主義”だったり、“日本のマンガに対するアメリカの映画”だったり、“ハードロボットもの”だったり、その都度、違った角度の言葉から、富野監督とタツノコ系の親和性ということを私は言ってきたんですけど、まあ、よく考えれば、そもそものヒントはアニメ様からもらってたのかも(笑)。

 とにかく、富野スキーな各位にあっては、『新造人間キャシャーン』は是非ご覧いただきたい!ということでしょうか。

関連記事

コメント

> 『ラスカル』

富野スキーのみなさまには『ラスカル』もおすすめしたいです。ラスカルの癒し。

> 『キャシャーン』は結構富野味が出てきますね

私としては、タツノコ系や世界名作劇場シリーズ以外の第3のルーツは探したいですけどな。元々そういうものは無かったかもしれませんが…。

そういえば、囚人022さんもしょっちゅう言ってる気がしますが、小黒さんはさらに富野監督をサンライズの根源に位置付けるから、より一層鮮明になったという気がしますね。

> 私はぬるーい富野ファンですから・・・

『ラスカル』は、ほんとに見たくなってます。どこかで無料配信しないかなー。(ケチ! v-435

タツノコ系、世界名作劇場以外の第三のルーツですか?
「世界名作劇場」については、『ハイジ』や『母をたずねて三千里』の中で高畑テイストから受け継いだものというのをなんとなく感じましたが。
ごく正当に、手塚治虫から継承したものというのも間違いなくあるはずだと思うのですが、どのへんかと言われると、少し言いよどむところがありますね。(研究不足! v-12

> 見たいと言えば『宇宙船シリカ』です

もしかしたら第三のルーツは、NHKの人形劇かも知れません。
しかし、見る機会に恵まれずいままできています。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1256-bfd108e6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。