スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『伝説巨神イデオン』 第1話~第5話 うーん、やっぱり、これは凄い(笑)。 

[2008/06/17] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 GyaOで第1話を見て、「ガンダムを見終わったら次はこれを」と言っていたのは、なんと4ヶ月も前のことでした。いろいろ大変恥ずかしながら、通しで見るのはどれだけぶりやら~。

『伝説巨神イデオン』のTVシリーズは、“東京12チャンネル”で放映されました。今でこそテレビ東京のアニメを悪く思う人は少ないと思いますが、当時12チャンネルっていうだけで、「また安手の・・・」というイメージがあったことは間違いありません。

 TSUTAYAでDVDがなかったんで、久しぶりにVHSで見る不便を楽しみながら見ています。
 「意外とよくできていた第一話」ということを、以前にも書いたんですけど、今回見直してみて、どうも今までの印象には“12チャンネルだから出来がよかったわけがない”というバイアスがかかっていたかもしれないと思いました。・・・おやおや?TVシリーズのときから、こんなに緻密な感じの作品でしたっけ?(笑)

伝説巨神イデオン Vol.1

  1. 復活のイデオン
  2. ニューロピア炎上
  3. 激震の大地
  4. ソロ星脱出せよ
  5. 無限力・イデ伝説

 最も強く印象に残ったのは、映画じゃなくTVシリーズなのに刻々と容赦なく時間が経過し、事態が進行していく感じですね。ストーリーの展開は、もちろん承知のうえで見ているわけなんですが、事態がここまで抵抗の余地なく進行(=悪化)する描写だったかなぁとつくづく感心。というか、のっけから打ちのめされていく感じというか(笑)。
 この作品に関しては言い尽くされているようなことですが、敵であるバッフ・クランも含め、出てくる人物の誰一人として、聖人君子ではない。(その代わりにこれといった悪意もない。)
 はじめは、ほんのちょっとしたきっかけから動き始めてしまった事態が、あれよあれよ、“何でこんなことになってしまったんだろう”と考える余裕もないまま、坂道を転げ落ちるかのように、どどどーっと最悪の方向へ。

 あえて名指しすれば、やっぱりきっかけを作ってしまったのは、カララ・アジバです。物語の終盤では“聖母”のような役回りを担っていく聡明な彼女ですが、この序盤では、ちょっと蓮っ葉なところも描かれているのが不思議に味わい深いところ。何しろ初対面の異星人ベスに向かって「いい男・・・」ですから・・・(笑)。
 もちろんコスモやカーシャ、ベスなど主役級の面々は、この出だしの部分では互いのエゴむき出しでぶつかり合っていてすごい。エゴっていうより、普通に人間が練れてない感じでしょうか。インテリのシェリルさんを含めて、DQNと言ってもいいぐらい(笑)。いや、むしろインテリへの悪意のようなものさえ感じる描写かもしれません。

 他方、バッフ・クランのほうは、これはガチガチの組織ゆえの融通の利かなさ・・・というものはあるにしても。
 “善と悪の相対化”とか、そんなレベルではなくて、ギジェにせよダミドにせよ、十分に人間らしい厚みを持って描かれていて、相手のDQNぶりもあいまって、ともすればむしろ、こっちに感情移入してしまいたくなってしまいます。
 彼らの視点で見ていくと、これはもう、ある意味こっちはこっちで被害者でもあるとしか言えないような。(そのへん確信犯なのかも。たとえば“嫁に行く娘のために一旗上げたい”とかって、いったい何て涙ぐましい敵ですかい。)

 第一話こそ多少の助走はあるんですけど、走り始めてみたら、もうずっとテンション高まりっぱなしで。これは途中から見始めたり、途中で見逃したりすると分からなくなっちゃうかも。
 第5話でバッフクランに伝わるイデの伝説をカララの口から聞いて、物語はようやくスタートラインというところでしょうか。が、それを聞いてかえって、捕虜になっていたギジェをベスが殴ってしまうとか。そのへんの苦さが、この作品の持ち味でしょうか。

 今日考えても、低予算のTVシリーズで、このような作品作りをしようというのは、ほとんど無謀なような。ただ、むしろその当時だから、できちゃった面もあるのでしょうか。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1252-5782b77b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。