スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『コードギアス 反逆のルルーシュ』 第一部総集編 BLACK REBELLION 

[2008/06/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 何だかんだ。現在進行形のアニメで一番楽しみにして見ているのは、やっぱり『コードギアス』だと思います。第一部が終了してから半年休んで、第二部の『~R2』がはじまって、これでもう、けっこう経っちゃいましたけどね。
 しばらくご無沙汰したんでアニメの感想の書き方を忘れちゃったんですが(・・・)、これの感想はやっぱり書いておきたい感じです。ここまで進行しちゃってる作品に対して、“今からどう書こうかなぁ”って、ちょっと戸惑いますね。

 とはいえ、どうせたいした感想も書けやしないし、順を追って、雑駁にメモしてみましょうか。

 第一部の総集編「BLACK REBELLION 」。全25話を120分で再構成したものですね。これは思ったよりも面白かったです。最初のほうとか。クライマックスを知った上で改めて見直すと「へぇ~」という感じでした。はじめはとにかく、過激な設定だなぁとか、なんか全能感イタいなぁとか、思いながらも実は毎回、いいように谷口監督にふりまわされてきたことを再確認。
 この作品は、思うとおりに人を操ることができる“ギアス”という超常能力が設定のキモなんですが、実はこのギアスをどう使うかってところで、主人公ルルーシュがあれこれと巡らす策謀のほうが面白かったりするんですね。チェスの駆け引きにも似たような、心理ゲームというか、そういう部分。
 ・・・この相似形というか、まんまと谷口監督の術中にはまって、毎回「うわー!」「あひゃ!」「ひえーっ!」とあっちへこっちへ振り回されている視聴者の側も、うまいこと監督に操られちゃってるのかもなぁ、などと思いつつ。今さら「その手に乗せられるもんか!」と頑張って(笑)みなくてもいいというのは、これは妙な感覚でした。

 と言いつつ。いちおう120分という尺を使って、OVA的な体裁は採っていますけど、第一部未見の人への導入編になるかと言えば、それは少し苦しい感じで、あくまで第一部以来のファンがストーリーをなぞり直すための総集編かな、と思いました。何ていっても、ツギハギ・マジックの神(笑)を敬愛する私ですので、総集編には厳しいのです。
 でも、こんな感じの第一部マトメを作っちゃったら、もう劇場版みたいな可能性はなくなっちゃった気もしますね。・・・って、最初からそんな意図はないのか。意外に視聴率的には苦戦らしいし。素材としては面白いから、大胆にハサミを入れて再構成したら、面白い映画になりそうな気もしましたが。

 だけど、やっぱりそうじゃないんでしょうね。谷口監督は、TVシリーズというフォーマットのメリットを最大限に使いこなしているところにこそ注目すべきなのかも。毎週毎週、「次はどうなる」という期待を目いっぱい盛り上げておいて、徹底してその予想の斜め上を行く展開。あれですね。ジェットコースターは走ってるときももちろんだけど、ゴットンゴットンってゆっくり上っていく、あの時間も楽しいという。そんな感じかも。

 クライマックスはやっぱり「血染めのユフィ」だったかな、私の印象では。
 第二部の感想もぼちぼちと書けたらいいな、と思っています。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] コードギアス fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> ホントに・・・。

予想の斜め上を行ってますね。
もうそれがコードギアスの面白さだと思う次第。
うちのブログも「ガンダムの時よりアクセスが減っていて」、みんな見る目無いなぁ、ってヒシヒシと思う次第。バッグなんかもそうだけど「実よりもブランド」なんだなぁって。

> コードギアスって

シャア視点で描いたガンダムみたいですよね?
何を今更という感じですけど、最近ふと感じたもので…。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1241-1f20957e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。