スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新造人間キャシャーン』 33話~最終回 と 全体の感想 その1 

[2008/05/11] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 バルタザールさんグダちんさんに背中を押してもらったので、何とか書けることをメモしておいてみようかと思います。一夜で書けないと思うので少しずつ。 <(_ _)>

 「新造人間キャシャーン - Wikipedia」によると、

石油ショックによるスポンサーの宣伝費の削減や、メインスポンサーであった文具メーカーの倒産などが原因で、当初の予定よりも短い9ヶ月(3クール)で放送が打ち切られることになり、最後は駆け足且つ投げやりな展開になってしまった。

・・・ということで、総集編どころか

第32話と第33話の間に再放送
英雄キケロへの誓い (第7話の再放送)、戦火に響け協奏曲 (第9話の再放送)、裏切りロボット五号 (第13話の再放送)

・・・ってなことになったらしいです。でも最後の三話は駆け足とは思ったけれど、投げやりとまでは言いすぎじゃないでしょうかね。同じタツノコプロの『テッカマン』の最終回に比べれば、最悪の状況下で何とか幕は引いた感じはありました。比較対象を『ガッチャマン』の最終回にしてしまうと、それはさすがに厳しいんですけど、1970年代の作品としては、ガッチャマンのほうが奇跡だったんで、キャシャーンは並の上ぐらいの終わり方だったと思います。
 そのへんはそれとして。同時期のタツノコ作品で、驚くほどうまくいったガッチャマンと、それより一層シリアスかつハードな路線を狙ったと思われるキャシャーンを比べてみることは、意味があるかもしれません。

 その前に、富野スキーな私としては、「演出:富野喜幸」の回をおさらいしておきたいところ。

 このへんで確認すると、全35話の中で、富野演出回は以下の9回。(リンクは、各回を見たときの私の感想です。)

 ああ、惜しいなぁ。28話もちゃんと見て感想を書いたのに、投稿の際の接続トラブルで記事があぼーんしちゃったのでした。哀しい記憶がよみがえってきた!(笑)
 とにかく、布川郁司(布川ゆうじ)さんに次いで、二番目に多い演出登板回数ですね。打ち切り決定で挿入された再放送三話は傑作選というニュアンスがあるのかどうかわかりませんが、「英雄キケロへの誓い」はラストシーンがすごくよかったです。でも私の中で一番印象深かったのは「ロボット・ハイジャック」ですかねー。うん。

 最終三話の話を全然書いてませんけど、とりあえず今夜はここまででごめんなさい。

新造人間キャシャーン COMPLETE DVD-BOX ~ALL EPISODES OF CASSHERN新造人間キャシャーン COMPLETE DVD-BOX ~ALL EPISODES OF CASSHERN
(2004/01/28)
不明

商品詳細を見る
関連記事

コメント

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>

ちょっと違う話になりますが、
放映期間中に以前の話を再度流すという手法、
ザンボット3でもやってるのをDVDボックスの
ブックレットで確認しています(ダイターンもだったかな?)。

昔のアニメは(製作スケジュール、はどうかわかりませんが)放映スケジュールの調整でそういうことをよくやったのでしょうかね?
*ドラマでも似たような事例があったように記憶しております

…ということを書きながら
そういえば小さい頃キャシャーンを見てて
「あれ? 前見た話を…」
という記憶か、あるいは
「前の話からしばらくしてその続きを見た」
という記憶があったような気がしてきました
(なんだか非常にあやふやですが)

何しろ再放送も結構あったので、どちらの記憶かあいまいになりがちなのですよね

PS
最近、CSでポリマーをたまに見てますけど
キャシャーンの動きはパワフルかつスマートな印象がありますが
ポリマーは、ひたすら肉体の力を感じる動きです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1229-79cef360

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。