スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動新世紀ガンダムX 第3話~第4話/「まあ待て、少し落ち着け」・・・という感じ? 

[2008/04/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 一昨日の続き。意外に謎を引っ張らないというか。ほんとにどんどん話を進めていくなぁと。フリーデンの艦長、ジャミルというのは、主人公の少年ガロードが成長するための、大人として分かりやすく配置されているようです。
 彼が何のために戦っているのかということを、フリーデンのクルーたちが知りたがり、非常に簡潔な説明がされて、従うものは従い、離反するものは離反するというところ。従うものたちはあっけなく従う印象でしたけど、離反するものもいるところは面白かったです。戦うための理由が重たい、ということだったけど、こういう世界観だとその反応もありだろうなー、とは感じました。
 逆に、この程度の説明でジャミルを信頼できるというのなら、はじめから疑問は差し挟まないだろうなぁというのもあって。「人徳」というような側面支援もあったわけですけど、この荒んだ世界観の中で“人徳”というものがあるなら、それはたぶん優しさよりも頼り甲斐なのではないかと思われ。
 ただ、それにしてはあっさりとフロスト兄弟の策略に引っかかってしまうことはどうなのか。そして、けっこうずっこけたのは、「コクピット恐怖症」って、何じゃそりゃ。(笑)
 過去の戦いの精神的な後遺症で、戦いの第一線に立てない大人っていうのも、なんか分かりやすい暗喩なのかもしれません。ここからどう展開していくのか。

 第3話から第4話、そして第4話から第5話という、「引き」の作り方は上手い感じで、物語の続きがどうなるのかが、とても気になるようにできています。しかし、物語の語り口がとにかく早口というか、芝居というものはもう少し余韻がないと味わいづらいだろうと感じずにはいられない部分も今のところはあります。慣れてくれば、とにかく語られてくる言葉の積み重なりで、何か見えてくる部分はあるのかもしれないですね。

 少年はヒロインを「愛してる」という言葉を使ってたような気がしましたけど、まあボーイ・ミーツ・ガールで一目ぼれっていうのはあるかもしれない。だけど、それを「愛」という言葉で語るのには、君はまだ若すぎるだろうって思わずにはいられませんでした。そのへんも、作品としてどう捌いてみせてくれるのかというところです。
 おじさんの目線から言うと、主人公にしても作品の進み方にしても、「まあ待て、少し落ち着け・・・」という感じではありますが。「お子様向け番組としてはGXはやはり正しい」としののめさんは言っておられましたね。うむ。お子様向け番組としては、ですか。なるほど深いなぁ。

関連記事

コメント

> コーヒー飲んでゆっくりどうぞ。

 GXご覧くださいましてありがとうございます。
 ご紹介が遅かったもので、お時間のない中で視聴されているご様子なのが申し訳ないものです。
 GXの序盤の展開を性急だと感じられるというのは、GX本放送以来の12年間では正直珍しい反応です。多くは「タルい」と言われてますので。
 #2のMS乗り同士の抗争に被るナレについては、#1でMS乗りと町の住民という構図で描いた戦後世界の世界観を、ガロードが#1では生身だったのが、1週間後に放映された#2ではMS(GX)に乗っているという視点の変化(世界の広がり)に合わせて描きなおされているものなので、特に端折っているというものでもないのかと。このあたりも週1放送のお子様向けTV作品の基本に忠実な作りだと思えます。でも子供には甘くなくて容赦がないのがGX。ボトムズのウド編をお子様向けに書き直したのがGXの序盤みたいな。

> 少年はヒロインを「愛してる」という言葉を使ってたような気がしましたけど
 ティファに「愛しています、殺したいほど」と言ったのはオルバ(フロスト弟)です。この似てない双子の兄弟は設定では19歳ですし、芝居がかった台詞は彼らの美学ということで。

> 当時の思いで

本放送リアルタイムで、『ガンダムX』は、一ヶ月過ぎて、気付いたら離れていました。そんな個人的な都合から、わがままを言えば、一部お試しで無料配信するなら、第5話から5話分にしてもらえたらラッキーだったのですが(←エゴイスト)。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1216-7d326670

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。