スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いじられてみたり、釣られてみたり。(いわゆる“クネクネ”) 

[2008/04/12] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 いじられてみたり、釣られてみたり。・・・そんなブログライフのお話。

 とりあえず極論をぶち上げておいて、そこへの批判の集まり具合の中から妥当な線のありかを探るというようなスタイルもありますよね。

 「あー、いじられてるなー」とか、「あー、釣りに来てるなー」とか、意識したほうが楽しいのか、無意識のうちにアツく反応してるほうがよろしいのか。

 お馴染みの常連さんとのコミュニケーションでは、けっこうそのあたり、分かっていて釣られてみたりするようなことも稀にありますけど。

現在では、イチャイチャとした内輪を生成することそのものを指し、単に「ネット上での馴れ合い」の言い換えのように使われるケースが増えている。ただその場合でも、外部の他者を放置しているというニュアンスを少し強めに帯びていることが少なくない。

クネクネとは - はてなダイアリー

 うん。近頃自分は少し“クネクネ”しちゃってたかもしれないと反省。

 忙しいと、ついつい楽な方向へ行ってしまうわけですけど。やっぱりブログ書く暇があったらアニメ見たほうがいいかも。っていうか、アニメ見たら全部感想書きたがるのはやめよー。あと、見たかったアニメをたくさん見逃して、いちいち凹むのもやめよー(笑)。

 ・・・今日は「クネクネ」について、クネクネと書いてみてしまいました。反省します。

関連記事

コメント

> 大塚英志氏の極論に釣られた

ブログより、有名な評論家さんの中に「釣り師」は多いです。大塚氏は「ターンエー」を反・反核とみなしているけれど、ちょっと度し難い。

富野監督は反核主義者なのか核武装論者なのかよくわかりません(某政党のように)。

そもそも富野ロボットアニメの特徴は、宮崎駿氏や押井守氏、高橋良輔氏のアニメが政治的思想的なテーマを持っているのに対して、テーマの不在性にあります。

その特徴こそが、1980年代前半の時代の風潮に合致したのです。なぜ、『Vガンダム』を富野氏が失敗作と言うのか、その理由は、周囲のスタッフによってテーマが導入されてしまったからです。

富野アニメのテーマの不在性は、ほとんど、挑発的です。「ニュータイプ」なんて、まったく無意味な言葉なんです。それを重要な言葉であるかのように扱う。富野アニメは、その意味で、偉大な「釣り師」なのです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1206-5496e6d1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。