スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日かろうじて見てまわったあれこれ。 

[2008/03/29] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 今日は『Darker than Black』をGyaOで見ようと思ったんですが、アーバンから主題歌までは見ることができてもコマーシャルの途中でにっちもさっちも動かなくなること十数度。ひどい状況だなー、うちの接続環境は・・・。何とかしたくても、休みも取れないし、こう毎日帰りが遅いのでは何ともかんとも。(DVDドライブのぶっ壊れた問題も放置中・・・。)

 こう状況が悪いと、定時巡回にまでも支障が生じて、ブクマしようとすると、いつの間にかログアウトしちゃってること、これまた十数度。いやはや。

 ろくに見てまわることもできませんでしたけど、グダちんさんのイデオンの感想が佳境に入ってきたので楽しく読ませていただきました。『機動戦士ガンダム』の次は、イデオンを見たいと思っている今日この頃。(しかしDVDドライブ何とかしなくちゃなー)

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!

伝説巨神イデオン25 逆襲のイデオン - [呶呶]玖足手帖[日日]

コスモは自我を破壊されつづけてないか?碇シンジってレベルじゃねーゾ!

伝説巨神イデオン26 死闘・ゲルの恐怖 - [呶呶]玖足手帖[日日]

設定が見たいんじゃなくって、設定を受け止めるキャラクターたちが見たいんだからな。

伝説巨神イデオン27 緊迫の月基地潜行 - [呶呶]玖足手帖[日日]

 前にも書きましたけど、テレビ版って相当忘れちゃってるんですよねー。すっごく見たい!

 そのほか、目に止まったところをいくつか。

ISASにおけるヤマト魂の一例 - 不平文士の飲酒日記

 こういうの好きだなー(笑)。古い世代でごめんなさい。

  • 「ライトなオタク」とは、最早一般のファンのことを指しているのではないか
  • 「ライトなオタク」(=普通のファン)は増えている
  • それは、オタク像そのものが形骸化し、ファッション化した結果

オタクの“ライト化”? それって普通のファンじゃねぇのかよw - 日本のアニメは本当に世界一か?

 私はライトオタっていうより、「普通のファン」だと自分のことを思ってますけどねー。みんなそんなにオタクが好きなんですかねぇ。

ブログというのは「人と人」であり、人というのはおもしろいものなのだ。

本当に、ブログを書いているとロクなことがない - 花見川の日記

 これ、いろいろと共感しました。出張から帰ってきても、こんな有様ですが。(そういえば来週もまた出張があるのでした。読書できるのはありがたいのですが。)
 しかし、まったく寝る間も惜しんで、我々は何をいったいやっているんでしょうかねー(笑)。

関連記事

コメント

> すみませんが…

>私はライトオタっていうより、「普通のファン」だと自分のことを思ってますけどねー

ここは全力で否定させてください(笑)。

> 本当に

なにやってんですかねー

> 確かに

「オタク」を自称する人が増えましたよね。
それから、安易に人の事をオタク呼ばわりする人。

オタクを尊称だと思っているのかも知れないけど、中には私の様に蔑称だと思っている人もいるので、その辺りは注意が欲しいかな、と。

人によってオタクの定義も違うので、「相手がどう思うか」についても注意してほしいかな、と。

> オタクの定義

オタクの定義は「LDを買う人」です、私的には。尊称にせよ蔑称にせよ安易にレッテルを貼られるのはあまり気持ちのよいものではありません。でもそこは「大人の対応」で、ということでしょうか。

>

ぼくもなんとなく、あくまでなんとなくですが、「オタクというのは周りに気を使わなすぎる人」というマイナスイメージがあります。なので、あまり軽々しく人の事をオタクと呼びにくいし、オタクと呼ばれるとちょっと抗弁したくなってしまう事があります。ま、僕自身がオタクであるのかどうか、自分ではよく分からんのですが。

蔑称であれ尊称であれ、「名付けて片付ける」ことへの抵抗感というものはあります。最近京極堂シリーズにちょっとハマりまして、「名付ける事で形を与える」という憑物落としの効能を再認識していますが、「名付け」というのは別の意味で、憑物を生じさせる弊害もあるんだなあ、と。


自覚というか、自己意識というか、そういうものに敏感であるかどうかは生活して行く上で大切な姿勢だと思います。そういうものに無関心であるケースが増えているからこそ昨今の(ネット上に限らない)人間関係の問題が増えているのだとすると、
もしかしたら「いわゆるオタク」とは別のニュアンスで、「一億総オタク化」が進行しているのかもしれない、と考える事もあるのです。

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1193-7c00f4fa

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。