スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『交響詩篇 エウレカセブン』 35話~38話 

[2008/03/17] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 物語の構造は面白いんですが、見せ方がどうなのか。面白いと思いながら、どこか解せないところも残るかも(それは謎解きばかりではなく)、というあたりの『エウレカセブン』第10巻です。

交響詩篇エウレカセブン 10

第35話 アストラル・アパッチ

 だいたい主人公が“不殺”みたいなことで悩みだしたりすると、ロボットアニメは難しくなりますわね。せっかくホランド以下、ゲッコーステイト一致団結して大胆不敵な首都進攻という見せ場だったんですけど。でもこの作品の面白いところは、そういう主人公たちを、ホランドにしてもタルホにしても責めないで認めてやってるところかな。みんな、エウレカとレントンのために命がけでやってるのにね。
 でもアネモネのために一生懸命なのに、その信頼を勝ち得ないドミニクを見ていると、組織の違い、組織との関係の作り方、いろんなことを考えさせられますね。
 しかしデューイとホランドが兄弟だとは、まいったなぁ。いろいろキツいこと言ってたけど「私のお古の女まで拾う」はかなり腹立つぞ、これは。でもここでエウレカと対になるレントンを見せることで、余裕かましていたデューイが一瞬狼狽するのは、これは痛快でもあり、レントンって重要な存在なんだと再認識もしました。(笑)

第36話 ファンタジア

 ノルブ、想像以上に面白すぎ!いけないルージュマジックは、これは怖すぎ!(笑)・・・しかしヒロインの顔でこんなに遊んじゃって、作品的にほんとにいいんでしょうか。(ただ個人的には、タルホさんプロデュースのメイクみたいに、眉毛ぐらい描いてあったほうがいいと思うんですが、エウレカちゃん。)
 男と男の腹を割った話は風呂場の裸の付き合いで、っていうのはわりと定型化されたところに落とし込んでくるなーと。あとホランドとダイアンを幼少時に出会わせて、初恋というところに持ってくるのも、まあそうですかーという感じで。このところ謎解き話が多いんですけど、ダイアンの失踪の話は案外捻りがなかった気がしてしまいました。

第37話 レイズ・ユア・ハンド

 謎解きモード全開で、科学(ドクターベア)と宗教(ノルブ)の双方から、この星の危機を考察するのは、よいと思うんですけど。月並みだけど、やっぱこういうのは主人公が努力して答を勝ち得るってほうがありがたみはありますよね。それかあらぬか、せっかく明らかにされた危機の実相も、クーデター含みでデューイが展開した一大プロパガンダの前には大河の一滴だとか。この作品、こういうメディア戦略みたいな部分もフィーチャーしているところは変わってるなぁと思うんですけど、やがて重大な役割を果たしてくるんでしょうか。
 そう言えば、いつまで月光号にいるんだろうと思っていた技術屋さん一行も、この対談で役割を終わったのか研究所へ帰ると。エウレカの変化は早すぎると皆が異口同音に言ってます。しおらし過ぎると私も思いますけどねー。

第38話 デイト・オブ・バース

 レントンとエウレカのディスコミュニケーションにはじまるエピソードが、こんな爆笑展開になるとはビックリしました。いや、ご婦人方には怒られていたけど、「あの二人できんの?」ってドギー兄さん、よくぞ言ってくださった。それも大事なことだよね、うんうん(笑)。
 この作品はこういうコメディをやらせると上手いですよねー。でもまあ、そこに母になろうとしているタルホの語りなんかも交えて、人の親の愛情というものをエウレカに教える展開は、これは文部科学省推奨ものの教育番組でもありました。
 そしてエウレカの口から父アドロックのことを聞くレントンでしたけど、“サマー・オブ・ラブ”っていうのがよく分からないから、それで世界やみんなを救った英雄になっていっちゃうというのも、結局は納得いかない気がしたんですけどねー。

 しかしゲッコーステイトがコメディやってる間に、どうやらデューイはクーデターを完遂して権力を完全掌握したらしいですよ。この人はコーラリアンを殲滅できると信じているんでしょうかね。
 せっかくスペックアップしたのに、ニルヴァーシュの出番もあまりありません。主人公たちが活躍しないんでしょうがないですけどね。(「ねだるな、勝ち取れ」といううたい文句が、どうも滑ってる気がしてならないストーリー展開だったりします。はい。)

関連記事

コメント

>

今週はBSアニメ夜話ですね。

>だいたい主人公が“不殺”みたいなことで悩みだしたりすると、ロボットアニメは難しくなりますわね。
現在の日本の子供(中高生)に向けたアニメですから、彼らに与えられた価値観の制約は受けますよね。

とはいえ、日本のドラマも全般的に殺人・暴力描写も、暴力性を強調するものか、葛藤を強調するものが増えていて、主人公の障害として敵を殺すというあっさりとした感覚のものは減っているような気がします。

まず、「人を殺してはいけない」という価値観は共有すべきとしても、
頭でっかちになっているために、「人を殺すことの是非」について
理屈で先に考えてしまうから、何らかのエクスキューズが必要になっているのでしょう。

現代社会での殺人はもちろんNGですが、物語の障害として倒すべき敵というのは手法としてあって、それをもちいるための制約が厳しくなってきているなあと。

時代に応じて表現の基準というものは変化するものだとは思いますが、伝えたいことのための何らかの抜け道はあるわけで、その抜け道が見つけられていない感じは受けます。

死にいたるまで描写を必要以上にやたらと描くのがリアルと勘違いしたり、逆に生きるかどうか瀬戸際の厳しい世界観でも妙に現代的な価値観の主人公がいたり。

時代劇や、怪獣・怪人の現れる世界観というのはファンタジーとして機能しているからこそ、現代社会で表現できない部分の写しをやれているのに、そこにまで特定の価値観による規制の網を貼ろうとしている感じ、それに対する抜け道を見つけられてない感じは受けます。

> まことに難しい!

この場面では、戦いを拒否する主人公たちの描写が、物語の流れから際立って浮いて見えたので、とりわけ気になってしまったというのがありました。
作品として、外部的な規制というよりも、自らその問題に積極的に触っていこうという姿勢に思えたのですが、その手つきがひどくぎこちないな、という印象です。
このような部分だけを取り出して云々するのは本来不適切で、作品が完結するまでの間に、この作品なりにひとつの考え方を示せればいいのですが、さてどうなるのだろうかと思い、少し不用意に感想を書き留めてしまいました。
いわゆる物語上の伏線などと同じように、こういう表現上のアヤというものも、最終的にきちんと回収してもらえると作品を素直に味わうことが出来るものではないかと思います。
そういう意味で、まさにケースバイケースの難しさがあるような気もまたするわけです。

>

エウレカセブンは見てませんので
文章のみでコメントかいてます。

私の発言は最近の作品に対する感想と、それについて語る若い人たちについてのコメントになってますね。

ですので
本編で語られていることとずれがありましたら
話の腰を折ってしまい申し訳ありません。

> 良心回路

>頭でっかちになっているために、「人を殺すことの是非」について
>理屈で先に考えてしまうから、何らかのエクスキューズが必要になっているのでしょう。

キカイダーで言うと良心回路ですね!

>日本のドラマも全般的に殺人・暴力描写も、暴力性を強調するものか、葛藤を強調するものが増えていて、主人公の障害として敵を殺すというあっさりとした感覚のものは減っているような気がします。

そうですね!仮面ライダーでもかつてはやられるためだけに存在していたショッカー戦闘員もいまではいなくなりました。

その一方でテレビゲームの世界では殺しまくりです。ドラクエもモンスターをたおしまくりです。

きっと昔は混在していたものがメディアの発達にともなって分離したということかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1182-eea066ac

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。