スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらば宇宙戦艦ヤマト―愛の戦士たち 

[2005/12/19] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(6) | TOP ▲

今日は久しぶりの休みでした。
で、目が覚めたら・・・・・・

実は午後3時でした!!

いや、「明日は休みだ!」と思って、ちょっと夜更かししちゃって。
で、寝ようと思ったときに、ふっと先日、レンタルビデオ屋で中古販売していて衝動買いしてしまったあるものが目にとまり・・・。

そう、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」です。なんと200円でした。

このブログ読者の圧倒的多数を占めるトミノ信者各位に懺悔しなければ。その日、この「さらば」ともう一つ、1巻200円で売ってたのです。「エルガイム」が13巻揃いで!・・・で、悩んで・・・買わなかったのです。
200×13=2600円、ちょっと惜しかったのもありますが・・・。なのに、「さらば」を買ってしまった自分。なかなか悩ましいものがあります。
<(_ _)>

で、買ってしまうとレンタルみたいに返す心配がないので、忙しかったこともあり、しばらく放置してあったのです。
それを昨夜、「ちょっと出だしだけ見てみようかな」と。
甘かった!
とてもじゃないが、途中でやめられませんでした。

本当に久しぶりで見てみて・・・。
物語的には、「こんなに痛かったっけなぁ」と。ここまででたらめなご都合主義でしたっけ?
とにかく何でも知ってる真田さん!!
たぶん3回ぐらい、腹を抱えて笑い転げました。

・・・なのですが、最後に近づくにつれ、
たぶん3回ぐらい、泣いちゃいました。
「泣くもんか!」ってかなり構えてたんですけどね~。
反則だわ、この作品!(笑)

「技師長!あわてず急いで正確になー」でやられちゃいました。
忘れてたなぁ、このフレーズ。今でもつい口にしちゃうのに、こんなところで出会ったんでしたっけ? 他にも、あの頃に口癖になってたような台詞が数知れず。(「違う、断じて違う!」とかね。)・・・しかし持ちこたえられなかったのは、「あの」BGMでした。(例のスキャットです)

とても驚いたんですけど、全体にここまで「音楽」重視で、BGMに合わせた画面作りをしていたんだな~、と。相当無茶なストーリー設定が、音楽の力だけで無理やり感動させられてしまう。(笑)・・・「白色彗星」とか「英雄の丘」とか「デスラー」とか、ちょっとやりすぎ感もありありでしたけどね。

このブログでいろいろ皆さんとお話したこともあって、「絵の動き」もかなり注意してみました。重厚に「ずずずずず~っ」ですね!
砲塔の吹っ飛ぶシーンとか(笑)、なるほど、本当によくできている細部が!

えーと、作品の概要については、いつものとおりWikipediaを参照

ストーリーの痛いところは・・・まあ言わなくてもいいですよね。真田さんが断定したら、それは全て規定事実なのです。(笑)
あ、どうしても許せないのは、「デスラー戦法!」だけですかね。誰がどう考えても、あれは「ドメル戦法」だっちゅうの!

まー、しかし。あのラスト。
「沖田さん、どうすれば・・・」
「いのちだよ」
こんなんでいいのかよー、と大人になった今では正直思うわけなんですが、あそこでね、「ヤマトが・・・ヤマトが行く・・・」って、一瞬防衛軍本部とか地球の絵になるでしょ、アレが・・・うまいねぇ。やられちまいました。

今、見てしまうと、とにかくご都合主義なストーリーはお粗末で、そこだけを見ればこのレベルでは、アニメは「しょせん漫画映画」で子供だましと言われてもしかたないかもしれない。(スター・ウォーズ」と「未知との遭遇」が公開された年だったんですね・・・。)この作品が劇場用アニメ映画の「子ども向け」というレッテルを塗り替える力を持っていたのは、良質の音楽を生かす構成と、当時の最高水準を見せた作画の力だったんだろうなぁ。(反則級の「泣かせ技」もあるんでしょうけど)

Wikipediaの「備考」を見ると、松本零士が「特攻美化」に反対して「ヤマト2」のラストを改変したとなってるね。この変更についてはファンの間でも賛否両論?・・・賛成する人なんていたのですか?
「特攻美化」批判についてだけは正しいと思いますけどね。
って言うか、テレサ一人が特攻すればいいというのは、それだけは絶対に口にしてはいけないタブーでしょうが!! 

えーと、Wikipediaのリンクをたどっていったら、「アニメーション映画」のところに歴代劇場用アニメの収入ランキングがあったんですが・・・ポケモンやらドラえもんやら名探偵コナンやら、並んでるんですけど・・・富野アニメが一つもないんですが、これってホント??? あ、いや、これは脱線(笑)。記録的な大ヒットと言われたヤマトでさえ、ポケモンに及ばない、いや「猫の恩返し」にさえ及ばない?うぅーむ・・・。

うーん、ともかく結局、全編見終わって、寝たのは朝方でありました。やはりこれは名作と言わざるを得ないんでありましょう。いろんな意味で
すごい力技の一作。

コレクションするのは、歴史に残る名作にしたい。正解でした。



関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(1) | コメント(6)

[tag] 宇宙戦艦ヤマト fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> あら探しをしたら

たぶん、キリはないんでしょうね・・・。
でも「特攻美化」かどうかはおいておいても、「その後」を考えるとラストは改変すべきではなかったなぁ・・・。アレが今のガンダム作品のような「だらだら続編」の先鞭を付けたような気がする・・・。

> こんなこともあろうかと

思って、用意しておきました
メカはスキなんだけどなぁ
当時何回か泣いたし・・けれど物心がつくにつれ
泣けなくなるんだ、やっぱりね

ヤマトの中にはルナ2以上の
サイド3以上の資源があるみたいで
第三艦橋なんかすぐ再生するし・・

ああでも松本メカは大好きです

> 真田さんっ!!(笑)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%94%B0%E5%BF%97%E9%83%8E#.E3.80.80.E3.81.9D.E3.81.AE.E4.BB.96.E3.80.80
Wikipediaに笑い話が入ってていいのか?しかし「こんなこともあろうかと」もっと何度も聞いてると思うんですけどね~?(笑) 一家に一人、真田さんです(ほぼ無敵)。
囚人さんも今さら笑うつもりはあっても泣くつもりはなかったのですけどね、よく分からない間に渦の中心核を狙い撃ちされてしまいました。(いや反物質で特攻されたというべきか・・・)v-408

> 私の脳内では

続編は全て無かったことになっております(笑)

そういえば昔ゼネプロネタで「末はヤマトかガンダムか」ってありました
作りすぎ・・・

> TBさせていただきました

宇宙戦艦ヤマト関連記事でTBさせていただきました。有り難うございます。

> 世代的な共通用語

たしかにそれは。ご紹介を頂きありがとうございました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/118-a70575d1

「宇宙戦艦ヤマト」関連記事拾集

オリンピックもいよいよ閉幕です。トリノといえばニュートリノビーム。ヤマト関連記事をいくつか抜粋させていただきました。>地方声優の日常~ボイスタレント・菱田盛之の雑記帳
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。