スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新造人間キャシャーン』 19話&21話 

[2008/03/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 20話、22話を見るのはあきらめちゃった経緯は前の記事をご覧くださいませ。GyaOで一話見るのに三時間ほどかかる状況では、「演出 富野喜幸」の回に絞っていくのでも精いっぱいです。(涙
 しかしキャシャーンは、ほんと高濃度で富野アニメだと思います。いろいろ予定が押してしまっているので、さっくりとメモだけしようと思いますが。

新造人間キャシャーン VOL.6

19話 恐怖のピエロボット

 あんまロボットにマッサージさせているブライキングボス。まったくやることが人間臭い。・・・思わず苦笑い。と、油断をさせておいて、やることはしっかり富野アニメなのであります。
 上下対称みたいなユニークな形をしたピエロ型のロボットが今回のアンドロ軍団のびっくりどっきりメカ。
 ハイ、もう分かりますね。人間の町に放たれたこいつのユーモラスな動きで、まわりに子どもたちの人垣が出来てくると・・・“ちゅどーん!!” そうです。思わず『ザンボット』の“人間爆弾”なんかを思い出させる恐怖の自爆ロボなのです。戦争も怖いですが、日常に忍び寄るテロには違う怖さがありますよねー。
 はっきり言って、ピエロの動きで人々を集める必然性がないくらい、掟破りな破壊力。街が丸ごと消滅しています。うーむ・・・。

もっと早く見破っていれば!俺がトミーたちを殺したのと同じだ!

 直前までその町にいたキャシャーンの痛恨の叫び。
 この回、「!」と思ったのは、ブライキングボスの元からやっとの思いで抜け出してきたスワニー母さんに、かなり厳しくピエロボットの製造工場の情報を求めるキャシャーンの姿でした。それでアンドロ軍団の中に潜入しているスワニーは、見ているほうがハラハラするような、かなり強引な情報収集を行い、怪我をしながらキャシャーンにその情報を伝えます。その母をほったらかして、工場破壊に向かうキャシャーンは、いつもとはひと味もふた味も違ったなぁ。
 今回のゲストキャラは、アンドロ軍団に果敢な抵抗を続けている小国の大統領。戦闘では勇敢に陣頭指揮をする彼も、市民に向けられたテロには大いに心を痛めます。ついに自らの妻子もピエロボットの犠牲となって、怒りに震えながら、しかし市民のことを考えて降伏宣言をしようとした、まさにそのときにキャシャーン登場!思わずキャシャーンに「ありがとう」という大統領が印象的でした。
 大統領の軍とキャシャーンの必死の攻撃。しかし工場の守りは堅い。・・・事ここに及んで。出たーっ、究極技「超破壊光線!」
 これまでで最高の見せ方でした。力尽きて倒れ付すキャシャーンに降り注ぐ雨のラストシーン。

21話 ロボット・ハイジャック

 今回もテロですよ。まあ70年代はそういう時代でもありましたかね。これは・・・傑作回でしょう!もう、すっごい富野アニメ!!(笑)
 いきなりひどく苦しい状況からスタート。破壊されつくした町を脱出する飛行機に、怪我をした神父を送り届けるキャシャーン。神父の看護のために同乗していくルナ。
 策略で、アンドロ軍団の占拠した空港に降りてしまった脱出機。こ、これは・・・出たぁー、猛烈にエゴイスティックな乗客たち!!(笑)
 しかし赤ん坊もいる乗客たちを守るため、アンドロ軍団の要求に屈してルナは降伏し、エネルギー切れのキャシャーンが潜む隠れ家のありかを言ってしまうのでした。遊園地に隠れていたキャシャーンを、さまざまな遊具が動き出して襲う絵も面白かった。ルナの裏切り行為を知って動揺するキャシャーン。一方、落ち込んだルナは一人、神に懺悔するのですが、その独り言を盗聴していたアンドロ軍団(幸い、今回はブライキングボスは空港にいないんですけどね)に、キャシャーンが人間ではないことがばれてしまいます。
 空港に駆けつけたキャシャーンを「MF銃で撃て」と命じられるルナ。一歩一歩ルナに歩み寄るキャシャーンの足音が印象的です。ついに引き金を引いてしまうルナ。・・・危機一髪の逆転劇ぃー!
 実はこの後がいいんですよ。キャシャーンを裏切ってしまった自分が許せないルナ。キャシャーンもまた、ルナを一瞬でも疑ってしまった自分が許せない、と。だが、それでも「君と一緒にいたい」と言う彼を背に、飛行機に乗って飛び去ってしまうルナ。

「あんなに信じあっていたのに・・・。」

 フレンダージェットで追いすがるキャシャーン。・・・神父の「今、行かなければ、一生逢えないかもしれないんだよ」という言葉に意を決したルナは。な、なんと、飛んでいる飛行機のドアを開けてキャシャーンの元へダーイブッ!!
 ・・・いや、あの。その短いスカートで空中くるくるしたら、パンチラなんてもんじゃなく、丸見えなんですが・・・。そんな部分も含めて、これぞ富野アニメ!!(いや、マジで。 笑)

 案の定、ちっとも「さっくりメモ」にならなかったですが。たかが30分のアニメを見て、これだけ何か語りたい内容があるって本当に!これだから富野アニメはやめられません。(どんなにGyaOを見るのに苦難が付きまとっても。)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1177-4a3b9e26

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。