スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士ガンダム』 第20話~第23話 「それしかないんですよーっ」 

[2008/02/11] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 久しぶりに見返してますけど、やっぱり『ガンダム』は面白いですねー。ふふ、この土臭さ。人間関係のギクシャクぶりこそ富野アニメよー!!(笑)

HCM-Pro G-BOX ホワイトベース討伐隊セット

  • 第20話 死闘!ホワイト・ベース
  • 第21話 激闘は憎しみ深く
  • 第22話 マ・クベ包囲網を破れ!
  • 第23話 マチルダ救出作戦

 前回、ホワイトベースに戻ってきてはみたものの、独房に入れられちゃっているアムロ。口の立たないリュウが説得に当たるも、曲がったへそは戻らないし。アムロを放逐せず独房に入れるってのは、つまり引き続きあいつを当てにしてるってことか?とハヤトはブライトを問い詰める。「望みが持てそう」、「あと一息」というブライトの態度に業を煮やして、今度はハヤトやカイがホワイトベースを脱走!

ミライ  「あたしたち、アムロの事をそんなに身びいきにしていたかしら?」
ブライト 「みんながひとつ、考え落ちしているのさ」
ミライ  「考え落ち?」
ブライト 「アムロがいない間、指揮者としてのぼくは、ひどく不安だったってことさ」
ミライ  「不安?」
ブライト 「君も星回りのいい女性だと思っている。しかしアムロだ。あいつがいなくなったとき感じた不安っていうのは、こりゃ絶大だ。いったい何なのだろうな?」

 ミライにだけは本音トークのブライトさんなのでした。

 その頃、「いくさ馬鹿」のランバ・ラルは、ドム三機をマ・クベにピンはねされていて。・・・まったく、あっちもこっちも苦い話なのですが、ハヤトは「ホワイトベースで戦う意味がなくなった」と。だけど何で命がけで戦わなくちゃならないのかなんて、今まで生き抜くのに精いっぱいの時には思ってもみなかった疑問だし、誰も彼もよく分からんのじゃないのかな。結局ホワイトベースに戻るハヤトも、それにアムロも、今ふうの価値観で言ったら、「いくさ馬鹿」の同類に見えなくもないです。
 結局どこへ行ったって理不尽で納得のいかないことは付きまとう。ならば(たまたま)与えられた場所で自分の生きざまを・・・というのも分かるけど、生きざまを貫くということは、そのまま死にざまでもあるということをランバ・ラルも、やがて続いてリュウ・ホセイも、少年たちに見せることになるんだよなぁ。そこにあるのは価値判断の是非ではなくシビアな現状認識。・・・嗚呼、哀・戦士!!(戦後~高度成長期~そしてバブルのはじけた現代!!)

 アムロを「野生の虎」というブライトに、リュウは“人間には言葉があるんだから、ゆっくり話し合え”と懸命に伝えます。後から思えば彼の遺言のような。それはハモンさんが最後の出撃前、隊員の一人一人に言葉をかけているちょうどその頃!
 そのアムロはランバ・ラルの死にざまを目の当たりにして、与えられた場所で生きることに素直になり始めてます。(理屈じゃないんでしょうが、豹変ぶりには少し戸惑いますね。)
 リュウの死にざまも、いかにも不器用な彼らしい!まず事件を起こしておいて、事後に一人一人の回想で状況を繋ぐ見せかたが、ドライタッチのこの作品の中で、リュウの死が持つ特別な意味を強調してみせてるんでしょうね。・・・「ジオンを倒すしかない、戦争が終わるしか」っていう。最大の理不尽さへの無力感。(現状認識ー!!)

 心労で倒れたブライトの代理を務めるのは財閥のお嬢様だったミライさんだけど、やっぱ“姫様”のセイラさんのほうがリーダーの資質はあるんですよね。ある意味、同類だけに当たりがキツいのが、なんとも生々しいんですけど。(笑)
 あとマ・クベの手の込んだ罠の第一弾にホワイトベースははまりますけど、毎度こいつはこれですから、策士っていうより性格の問題ですねー。それに裏切り者のエルランとジュダック。ホワイトベース、番組始まって以来の大ピーンチ!
 ここで今まで名前だけが出てきていたレビル将軍がストーリーの前面に出てきて、マチルダの救援隊に“ガンダムのパワーアップメカ”を託します。評判の微妙なGファイターですけど、私は好きなんですよねー。大人の事情な玩具展開ではあっても、ここぞと言うところで出してくるやりかたが、さすがに上手い。
 しかしアムロは(マチルダさん絡みでやる気アップとはいえ)、コアファイターでグフドダイ撃墜ってすげぇー。(笑)・・・そこはカイもチームワークよく、いいタイミングでアシストに来て、ガンダムの空中換装もこういう見せ方がしたいってもんですよね。
 カイさんもほんと、マチルダさん大好きっ子だし!“救いの女神”の登場で、ミライとセイラも関係修復できて、ほんと珍しいぐらいのメデタシメデタシで23話は終わるんですけどねー。次回予告でもう「マチルダがホワイトベースを守る為に死んだ」って明言しちゃってるし。こりゃやっぱ、スゴイ作品!

→ このブログの関連記事: tag: 機動戦士ガンダム

→ 次の記事: 『機動戦士ガンダム』 第24話~第25話 これは・・・手放しで誉めちゃいたい。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(2)

[tag] 機動戦士ガンダム fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

>

リュウの死に対するリアクションほど激しいものを僕は知りません

> おお!

これは「ホワイトベース討伐隊セット」!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1142-c2870743

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。