スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「悪役列伝」と’70年代後半のロボットアニメ羅列 

[2008/02/06] | 随想系 | トラックバック(1) | コメント(0) | TOP ▲

 今日も昨日の続きのような感じから。「昭和30年代生まれに贈るオンラインマガジン」ということらしい「EMIT」というウェブサイトは、ぎりぎり昭和30年代生まれの私には、やはり面白くてたまらんです。(笑)
 読むところが多すぎて困るんですけど、このブログ的には、昨日と同じ著者の方が書かれた「ヤマネコのまんが悪役列伝」という連載がかなりオススメ。
 ロボットアニメに心惹かれるのですが(笑)、まずは大好きな『ガッチャマン』を見なくては。(こぼれ話のほうが面白いのはお約束。)

ちなみに、「科学忍者隊ガッチャマン」にはそれぞれのキャラにモデルがある。 大鷲の健は、千葉真一。コンドルのジョーは、スティーブ・マックイーン。白鳥のジュンは、江夏夕子。みみづくの竜は、なべおさみ。 南部博士は、芦田伸介。レッドインパルスは、丹波哲郎。スタッフには映画好きが多かったそうだ。

ベルク・カッツェ

 そうなんだー。それぞれの人の70年代当時のイメージ。分かるような分からないような。丹波哲郎さんなんかは『大霊界』じゃなくて『Gメン'75』をイメージしなきゃならんわけですな。(笑)

白鳥のジュンのモデルだそうな! 白鳥のジュン

 ジュンのモデルは、この方だそうです。なるほど!しかし昔の女優さんって、きれいですよねぇ~。

ところで、設定ではシャーキンは洸と血縁関係があるとされていたらしい。 それを掘り下げることもなく、27話で中盤の物語盛り上げのために倒されてしまったけれど。 そのへんは後の作品「ボルテスV」に受け継がれているように思う。

プリンス・シャーキン

 富野監督の降板と運命をともにしてしまったプリンス・シャーキン。『ライディーン』で大人気を博したこの方は、悪役美形キャラのはしりと言われていたような気がしますけど、そんな設定があったとは存じませんでした。後を受けたのは長浜監督ですけど、『ボルテスV』でそれを受け継がれたって言われても、富野監督とすれば釈然としなかったでしょうね~。

この作品は、「科学忍者隊ガッチャマン」とよく似ている…と思う。
▼正義の味方は五人のチーム。
▽ 熱血…大鷲の健←→葵豹馬
▽クール…コンドルのジョー←→浪花十三
▽紅一点…白鳥のジュン←→南原ちづる
▽チビ(←小さい子と言おう)…燕の甚平←→北小介
▽デブ(←貫禄があると言おう)…みみづくの竜←→西川大作
▼五台のメカの合体。
G1号機~G5号機←→バトル1~バトル5
▼敵は宇宙からやってきて、卓越した科学力を持っている。
…総裁X←→オレアナ
▼トップは身体を持たず、命令を下すだけ。
その命令を実行に移す手足としての美形悪役。ラストはトップに利用されていただけとわかって、失意のどん底での最期。
…ベルクカッツェ←→ガルーダ

超電磁ロボ コン・バトラーV

 『コン・バトラーV』に影響を与えたとされる、その『ガッチャマン』のチーム編成は、吉田竜夫さんの『忍者部隊月光』から影響を受けているんだそうです。(ここにとても詳しく載ってました。→ 漫棚通信ブログ版: 「少年忍者部隊月光」のチーム編成
 『ゴレンジャー』はコンバトラーより少し早かったと思いますが、これら特撮の「戦隊」シリーズなんかにもそうした影響はあるんだそうで、なかなか面白いですよねー。

違いはストーリー。1話完結の話の多かった「コンV」に比べて、「ボルテス」は企画の段階から最終回までのストーリーがきちんと作られており、伏線も多い。 また、第1回でメンバーが各メカに乗り込む時に「ボルテス」では誰が何号機という指示が出たり、声紋チェックなど気配りされている。

プリンス・ハイネル

 『コン・バトラー』は“合体ロボの元祖「ゲッターロボ」が合理性に欠けるのに対して、コンバトラーはちゃんと合体する”とのことだったんだけど、これがストーリー性や設定の面でも、さらに洗練されたのが『ボルテス』だったと。

 もうちょっと加えれば『マジンガーZ』以後、『ガンダム』前夜までのロボットアニメの状況になるんだけど。(笑)
 ある意味じゃ、『マジンガーZ』で“超合金”や“ジャンボマシンダー”などの関連玩具がバカ売れしたんで、雨後の筍のように沸いて出たロボットアニメたち。『ライディーン』も例に漏れません。(→ MOURA「ロボットの王国」第9回 「巨大ロボットの“開発”」 関連→ バイク戦艦の「中の人」?

 富野監督が、ガンダムの最初の成功は女性ファンが付いてくれたことだって、わりと何度も言ってますけど、人間ドラマの部分の分厚さを担ったのは、やっぱり“悪役”だったり、主人公チームだったりの、キャラクターづくりが重要だったんですね、きっと。
 第一世代のアニメファン(この頃オタクなんて言葉なかったらしい)の間では、「おたくは富野派ですか、それとも長浜派?」なんて話があったらしいですけど、私はお子チャマだったので、作者のことなど何も知らずに、ただただ熱中しておりましたのは言うまでもありません。(笑)
 まあ『宇宙戦艦ヤマト』のTV版は1974年ですけど、劇場版が大ブレークして“アニメブーム”が喧伝されだしたのは1977年ですから。そんなような時期です。
 しかし、ここに挙げたロボットアニメ、たぶんビデオもまだ家になかったような時代に、ほとんど全部リアルタイムで観てましたからねぇ。(“東京12チャンネル”だった『グロイザーX』と『メカンダーロボ』はあまりしっかりとは見てなかった気がします。)見事なまでのアニメっ子だったなぁと呆れます。もちろん、当時はアニメじゃなくて「テレビ漫画」と言われてましたけどねー。(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1135-fa34db05

ガッチャマンの先輩

囚人022さんのブログ記事:囚人022の避難所 「悪役列伝」と’70年代後半のロボットアニメ羅列へのコメントです。 ガッチャマンの先輩としては\"G-8 and his battle aces\"と\"Blackhawk\"あたりしか思い浮かびません。コスチュームはバットマンでしょうか。 Black...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。