スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『新造人間キャシャーン』 第9話~第10話 今回は富野演出なしでした 

[2008/01/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 『新造人間キャシャーン』第9話「戦火に響け協奏曲」、第10話「死の砂漠に命をかけろ」を、いつものとおりGyaOで視聴。実のところ、毎週かなり楽しみに次の更新を待っている作品だったりします。1973年の作品って、今から35年も前になるんですねー。(遠い目・・・。)

新造人間キャシャーン VOL.3

 ぶっちゃけ暗くて重いストーリーばかりのこの作品、富野さんが演出をしている回が非常に多いのですが、今回の2話はそうではなくて。ただ、違う回を見たほうが、かえって富野演出のリズムというようなものがあるのに気づかされると言うか。ストーリー展開のテンポや抑揚。脚本に描かれた登場人物の振る舞いは変えられないんだけど、その心情の奥底のようなところまでへの踏み込み。・・・まあ信者のたわごと(笑)かもしれませんけど、今回の2話は見せ方としては少し一本調子かな、と感じたのは本当の話です。

 9話はアンドロ軍団の攻撃が迫る街で、命がけで演奏会を開く音楽家たちを、キャシャーンが捨て身で護るというエピソードです。とっておきの必殺技「超破壊光線」がお披露目になるんですけど、「んー、そうか、ここではじめて使うか~?」と少し思ってしまいました。(笑)
 クラッシック音楽に乗せて絶望的な戦闘に立ち向かうキャシャーンの姿は、とても感動的なのですがねー。何だろう?音楽家たちのたとえここで死ぬことになろうとも、っていう心情の描かれ方がまともすぎて、富野さんなら“そんなの矛盾しているけどそれでも・・・”というあたりをもっとくどく描き出してくれたんじゃないかな、と思ってみたり。(今まで分かってなかったのかよって話ですが、)監督がいて、脚本があって、その上での“演出”というものが、「ああ、そういうことか」と少し分かったような気がしたのでメモしておきます。
 シナリオ的には感動的で、また、映像にかぶせる音楽の使い方も印象的な回で、たぶん傑作エピソードのほうに数えられるのかもしれませんけど、富野アニメに鍛えられてか私のツボは、キャラクターたちの芝居の深さの部分にだいぶ偏っているのかもしれません。(苦笑)

 10話では、ブライキングボスに抗戦する各国国防軍の、重要な兵站地点である油田を巡る砂漠の攻防戦。砂嵐+磁気嵐という設定で、フレンダーやキャシャーンまで含めたロボットたちが四苦八苦しており、まったく渋い話だなぁと感心します。油田をアンドロ軍団から護るための秘策を開発した博士を、砂漠の真ん中の油田まで連れて行くのですけど、この博士、顔を見たときは絶対途中で裏切るやつだと思ったんですけど、実はすごくいい博士でした。(笑)

 1970年代前半の作品である『キャシャーン』は、当時“アニメ”という言い方もまだなくて“テレビまんが”だったわけですけど、こうして見ると、一話完結ながらも『ガッチャマン』よりもまじめに“リアリティ”のあるストーリーをやろうとしていたのかなぁと思います。ただ、(等身大ロボットでもありますし)どうも痛快なところがなかなかなくて、今ひとつ人気がブレークしなかったのもそんなことでもあるんだろうかと思いながら、しかし個人的には実に楽しく見続けております。

関連記事

コメント

> 巨大ロボ原理主義

>(等身大ロボットでもありますし)

まさに巨大ロボ原理主義ですね!

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1128-b69a245f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。