スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『交響詩篇 エウレカセブン』 11話~14話 微笑ましい少年たち!(笑) 

[2008/01/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 『エウレカセブン』は去年(って言うか、ひと月ほど前)、Yahoo動画で10話まで見たまんまになっていたんですけど、面白くなってきたところでお預けを食らってしまったので、ぼつぼつとDVDを借りてきて、続きを見ていこうと思っています。

交響詩篇エウレカセブン 4

  1. イントゥー・ザ・ネイチャー
  2. アクペリエンス・1
  3. ザ・ビギニング
  4. メモリー・バンド

 “コーラリアン”って呼ばれる謎の現象をめぐる一連のストーリーは、1クール目の終わりってことで、いきなり最終回でも近づいて来たのかって感じの急展開。8話ぐらいまでは、少したるい感じもあったんですが、このへんで急加速をかけてこられると、“え、この作品2クール(26話)ものだったっけ?”と焦っちゃいます。全50話ですよねー。(ふーん・・・。)

 物語の内容はともかくとして、画面で私が気になるのは、レントン君の鼻水。(笑)・・・そういえば『キングゲイナー』でもゲイナー君はときどき鼻水たらしていたから、これは吉田健一さんの芸風なんでしょうか?私なんかはオジサン世代だから、“鼻水”っていうのは「これは子ども向けのギャグアニメですよー」っていうアイコンかと、ついつい感じちゃうんですけど。
 いやいや、その一方ですごいですね、このストーリーは!エロ表現や残酷描写があるわけではないけど、むしろ、これはほとんど“お子様お断り”かもしれない。14話からは2クール目に入ってオープニング・エンディングも変わったんですけど、『少年ハート』の歌詞なんかは、全力で私らオジサン向け(笑)みたいな感じがしちゃいました。

You gotta remember 今も 夢のかけらを手に
あの頃のように 光はなつ 少年のハート

 12話ではレントン君の夢の中みたいな空間(内面世界?)に物語が入って行っちゃうんですけど、トイレでお腹が“ぐるぐるぅ~”っとなっちゃって、どの個室も鍵がかかっていて、しまいに便器の水の中へ“ぼっちゃ~ん”って、・・・こりゃまた驚くほどいやな感じの悪夢だなぁと、思わず声にして笑っちゃいました。しかし冷蔵庫を開けると裸の美少女って、面白い発想だなぁ。(笑)
 本作のヒロイン・エウレカちゃんと対になるキャラクターらしい、アネモネちゃんのエキセントリックなキャラクターは、とても面白い描かれ方をしています。「私の名前を呼んで」っていうセリフはふしぎに印象に残りました。それと、夢の中で垣間見たお姉さんのイメージ。レントン君はお姉さんっ子だったんですねー。エウレカが手を握ってくれて、「帰ろう」って言ってくれたんでよかったけど、あのままだったら彼はどうなっちゃったんだろう。

 13話に入って、嫌味な参謀っぽかったドミニク君が大活躍!エウレカを護ろうとするレントン君と、アネモネちゃんを護ろうとするドミニク君。「お互い、厄介な女に惚れたもんだ。」・・・いいねいいね、微笑ましい少年たちの姿を見るのは実にいい!(笑)
 情けないところの多いレントン君は、やっぱりレントン「君」って感じで感情移入はしにくくて、「子どもだなぁ」と思っちゃいます。でも1クール目が終わって、ちょっとは主人公らしくなってきたのかなぁ。だけど、ドミニク君が言ってたみたいに、“レントン+エウレカ vs ドミニク+アネモネ”という構図が「本当の敵」になっていっちゃうんでしょうかねー。
 エウレカとアネモネの謎。“コーラリアン”ってそもそも何?・・・あー、夢の中でお姉さんに逢えた気がしたってレントン君が言ったら、ホランドさんがにやっとしてた!(んん?まさかお前は、碇ゲンドウなのか?)

 2クール目冒頭になる14話は、画面的には総集編ふうなんだけど、1クール目で説明すっ飛ばしだった伏線について、ストナーさんやドミニク君の回想セリフで一気に解説を入れるから油断なりませんねー。(まあ“コーラリアン”とは、みたいな謎解きは謎のまんまで、“ゲッコウステイト”の成り立ちとか、『RAY=OUT』誌の意味とか、そのへんですかね。ストナーさんの服装とかって(ただのファッションかもしれないけど)チェ・ゲバラ風で、わざわざ難しげな物言いをするなぁと。そこはまぁ大人向けの作品なんだなぁ。キャラクターがいきいきと動いてきて、面白くなってきたなぁと思っています。

関連記事

コメント

>

>トイレでお腹が“ぐるぐるぅ~”っとなっちゃって、どの個室も鍵がかかっていて、しまいに便器の水の中へ“ぼっちゃ~ん”って、・・・こりゃまた驚くほどいやな感じの悪夢だなぁと、思わず声にして笑っちゃいました

エウレカは観てないんですが、これ(↑)ってたぶん映画「Trainspotting」のパロディじゃないでしょうか。
トレスポの主人公の名前もたしかレントンだったかと。

>

パロディかオマージュか分かりませんけど、何か元ネタはあるらしいですね。
それはそれとして、鼻水やらお腹グルグルやら、そういうのがギャグではないらしいニュアンスで使われているのが、私にはよく言って新鮮だったのです。もう少しありていに言うと、見慣れぬ表現に目を白黒。(笑)
「まんが」的な記号じゃないってことなんですかね。私がオジサンなだけかもしれませんけど。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1122-72e387a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。