スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正月休みは、あまり休まりません? 

[2008/01/03] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 昨夜遅く帰宅しました。今日は早々に用も済ませて、明日からの仕事に備えて一休みです。正月休みは本当にあわただしくて、忙しいですね。毎年言ってるような気がしますが、日本人はこれだけ正月を大切にする民族なんだから、もうちょっと正月休みは長くていいですよね。なぜ、そういう公約を掲げる政党がないのか。(笑)
 とはいえ、もはやファストフードに限らず、サービス業関係は軒並み逆方向というか、「正月休み?そんなの関係ねぇ」的な流れが強まってきちゃってますから、実現不能ですかねぇ。

 実家へ帰ってもすることもなく、なんだかんだと呑みっぱなしの正月でした。考えてみれば、こんなに呑み続けることも一年を通じてなく。ほとんど耐久レース状態。(笑)
 両親ももう、70歳を超えましたから、「あとどれだけこうしてお正月できるんだろうか」という思いもあって、日程的にも財政的にも苦しい中を、いちおう帰省するんですが。久しぶりに会ったからとて、別に話すことがあるわけではなく。(苦笑)
 まあ顔を見せればいいんだと納得をして、あとは潤滑油代わりにただただ酒を呑む。・・・たしかに正月でもなかったら、こうやって帰省もしないわけだから、やっぱり正月の威力ってのは偉大なもんです。
 が、ともかくあわただしいとんぼ返りと(少々)暴飲暴食のおかげで、休みと言いながら、ちっとも体は休まっていない気のする正月休みなのでした。

 今年はあまり長々とした記事を書かない、というのを、ブログの抱負にしたいと思っております。人さまのブログにお邪魔いたしましても、長ーい文章というのはやっぱり読むのが大変。でも、私の場合なんかだと、長文を書くほうが楽なんですね。書きながら考えてる人なんで。ただ、人さまに読んでいただきたいことほど、よく考えて、簡潔にまとめたほうがいいのは絶対に間違いのないことで。
 開き直りとしては、自分が書いていて楽しいのが絶対条件なので、無理はしませんけど、努力目標というのはあったほうがいいと思うのです。あと、アニメの本数も少し減らす!減らしたい!減らせればいいかな?ま、なるべくそうしましょう。(笑)

 今も働いていらっしゃる皆さんには申し訳ないんですけど、正月の何がすごいって、ほぼ日本中同時に、そして半強制的に「仕事ストップ!」ってなっちゃうのは他に類を見ないですよね。たまっている仕事とかどれだけあっても、誰かが働いていると、どうもこっちも落ち着いて休めないから、「休め!」っていう感じ。これも一種の「空気読め」ですかねぇ?
 そうすると、正月も休まないサービス業っていうのは、「あえて空気読まない」なのか、空気が変わってきてるってことなのか。こうやって実家から帰ってきてみると、やっぱりファストフードやらコンビニやらにはお世話にならざるを得ないので、働いていらっしゃる皆さんには感謝しなくちゃなあと思いつつ。
 体はあんまり休まっていなくても、気分の上では仕事がいったん全部リセットかかるっていうのは大きい気がします。(たまっている中身を思い出し始めると鬱になりますが。 ・・・笑)
 別に「新年」って言ったって、私が生存している空間そのものは何も新しくはなってはいないんですけど、いちおう何でも一度、手を止めて、ここから再スタートをするんだぞ、って暗示は、それはやはり何だか「めでたい」!

 帰りの車中でハンナ・アレントの『人間の条件』 (ちくま学芸文庫)をようやく(ようやくにも、ようやくにも!)読み終えて、訳者のあとがきに「本書は難解だといわれ」ってさらっと書いてあって、思わず安心したんですが(笑)、“公共性”みたいなことを考えるきっかけとしては、本当に素晴らしい本でした。全然、読解力が追いつきませんが、折に触れて何度でも読み返したいと思います。
 何が難しいかといって、彼女は現代社会の危機について、その根源にさかのぼって緻密に考察を加えているんですけど、“今日の社会がどういう過程を経てこうなったのか”は書くけれど、“だからこうすべきだ!”とは言わないんですね。それはたぶん、原理主義的にそれをやってしまうと、たぶん一気に“全体主義”みたいにもなりかねないということを、アレント自身がいやになるぐらいよく知っているからなのだと思うのです。

 何でも簡潔に結論があったほうが、読むほうからすると楽なんですが、誠実に考えようとするほど、いい加減に「こうすべきだ!」とは断言できなくなります。私にとっての富野アニメなんかもそういうようなものなんですが。
 で、正月です。(笑)
 大衆消費社会のあくなき欲望は、サービス業の絶えざる営業を求めてやまず、市場原理に委ねていれば、やがて正月休みなどは有名無実化するのかもしれません。もちろん、警察や消防や医療現場など、休みたくても休めない職種もあるでしょう。だけど、それ以外では・・・本当にこのままでいいんですかねぇ?
 きっと正月も休まず働いている人たちの多くは正社員ではなかったりして、やがて“のんびり正月休みなんて言ってるやつらは、自分たちだけエリート気取りか!”みたいな殺伐とした「空気」が芽生えてきてしまうんじゃないかと、恐ろしくなったりもします。
 少なくとも、せめてうちの両親が健在な間ぐらいは、“お正月ぐらいのんびり休もう”(・・・実際にはあまり休めてないけど)という「空気」が維持されて欲しいなぁと私は願っているのでありました。

関連記事

コメント

> お帰りなさい

日本というのは、マスターカントリーを持たない希有な国なんだそうです。植民地になった経験がない。よその国ではビックリされる事だそうです。

そんな日本のバカンス事情。
ご一新後の近代化、それに伴うバカンスの習慣の取り入れなどという動きは、こりゃあ欠片もなかったといえるでしょうね。盆暮れの休みは、バカンスではないのですね。



江戸以前の日本では、そもそもバカンスというか、勤務日と休日の区分が希薄でした。都市下流民の皆さん(これがまた、結構なマジョリティだった訳ですが)はそれぞれが気ままにお休みを取ってました。それでも何とかなっていたのは、今ほど流通が集約してなかったから、なんでしょうけども。

今の会社勤めに近い形態としては、お店の従業員ですね。彼らは住み込みで基本的に休日はなく、それでも盆暮れには帰省休暇が与えられてたようです。また、今も昔も農家さんは日曜がありません。自然相手で国定休日なんて呑気なコト言ってられない訳ですから。それでも、やはり彼らも盆暮れの行事は大切にします。

今よりも遥かに単調な日常を暮らすものにとって、ハレの行事は季節を区分するものとして、自分の時間感覚を刻むものとして貴重であった、ノカ。
父祖や地域、マツリ神との繋がりが、自らの位置確認に重要な機能を発揮した、ノカ。

時代遅れなものであるかもしれません。
でも、埋もれてしまいそうになる日常からの脱却というのは、今も昔も有効なもの、なのかもしれません。
そもそも、今が昔よりも単調であるか否か。
昔を知らない現代人にとって、やはり現代の日常は単調であるのでしょうから。

歓迎脱日常。
そして、改めて歓迎日常。
いろんな意味で、お帰りなさいまし。




ことしも、よろしくです。

>

囚人さん、長いですよ(笑)
でもわかり易い文章だから苦になりません。

確かに、盆暮れ正月のない業種の方々にはお世話になりっぱなしですよねぇ。
大型スーパーは元日でも開いてるし。

そこに納品している我々食品メーカーもまた休みがありませんが。
(私は元日と2日は休めましたけど。)
盆休みは全く無いし(^_^;)

正月くらい長く休みたい。
でも店が全て閉まってしまうとそれはそれで不便だし。
難しいですね。

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

> 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

>

≫歓迎脱日常。
≫そして、改めて歓迎日常。

ほんとにね。
「お帰りなさい」と言われると、嬉しいもんです。(笑)

≫囚人さん、長いですよ(笑)

ほんとにね。(笑)
いや、誰かそれ言ってくれなかったらどうしようかと思ってました。

≫鍵コメさん

いいお話なのに、鍵コメでもったいない。(笑)
「KY(空気読め)」みたいな話の背景として、時代の流動化、価値観の多様化の中で、歴史はたしかに相対化されましたね。
「コミュニケーション・スキル」というのはニュータイプ話ではないですけど“洞察力”だと私は思うんです。
だから相対化に耐えながら、不断に歴史を編もうとする行為を私はすごいと思うんですよ。
アレント先生は「歴史的事実」というより、いわば“思索の真実”のようなものを根源にさかのぼって考えてみようとした人のように思えて、そこがスゲーと感心しました。ただ「こうすべきだ!」と決断しないところはあります。そこが今日的に難しいところでもあり、けれどそれゆえに古びていないところもあるんじゃないかと思いました。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1091-a46b0a8b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。