スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『交響詩篇 エウレカセブン』 10話まで 

[2007/12/24] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 最近の作品はたくさんあり過ぎて、到底フォローしきれないんですが、どうやらこの作品ぐらい見ておかないといけない“一般教養”(?)かなぁと思っていた『交響詩篇 エウレカセブン』(→ Wikipedia)をYahoo動画で10話まで放映していたので、見てみました。

交響詩篇エウレカセブン 1 交響詩篇エウレカセブン 2 交響詩篇エウレカセブン 3

 絵がきれいですねー。キャラクターデザインも『キングゲイナー』をやった吉田健一さんってことで、馴染みやすかったです。メカニックデザインは河森正治さんって、いかにも(笑)。ロボットの波乗りアクションは気持ちいいですわ。うむうむ。

 例によって、あまり詳しく調べたりしないで見てたんですけど、いろいろ噂で聞いていたところでは“鬱アニメ”系だって聞いていたような気がしたんだけど、8話ぐらいまでは別にそんな感じでもなくて、9話10話で一気に「来た?」ってところで今回はここまで。

  1. ブルーマンデー
  2. ブルースカイ・フィッシュ
  3. モーション・ブルー
  4. ウォーターメロン
  5. ビビット・ビット
  6. チャイルドフッド
  7. アブソリュート・ディフィート
  8. グロリアス・ブリリアンス
  9. ペーパームーン・シャイン
  10. ハイアー・ザン・ザ・サン

 サブタイトル見ても内容がよく分からないの、あんまり好きじゃない・・・。今どきしかたがないか。9話はエウレカとホランドの過去が明かされる回です。ここまでは前座ですかね。あくまで主人公視点で、少しずつ出来事の総体が見えてくるっていうのは好きなんですけど、もうちょっとほのめかしとかあっても良かったような。(私が気付かなかっただけ?)
 ゲッコウステイトの連中って、何だか無軌道にだらだらしているだけなのかと、本気で思いはじめていましたよ、私まで(笑)。

 それと主人公のレントン君が、あまりに素朴な田舎者っぽくて、鼻水たらしたり、一目ぼれってだけでエウレカちゃんにのぼせ上がったり、そのへんはちょっとつらいのかなぁと思いながら見ておりました。私が年寄りのせいでしょうか、ホランドとか、タルホとかにむしろ魅力を感じました。・・・あのファッションにはちょっと付いていけませんが、やっぱり少し影のある性格付けのほうが好きなのですね。
 どうしても、これはニガテだなぁと思うのは、ところどころで回想的に出てくるレントン君の独白で。『北の国から』じゃないでしょ。(分かりやすくしているつもりなのかなぁ。余計なことを。)

 そんなわけで、私はもっと序盤からぐいぐい物語に入っていくほうが好きなので、豪華スタッフが集まっていても、強引に引っぱっていくリーダーシップが足りないのかなと思ったりしました。でも第8話で出てきたヴォダラク(でしたっけ?)のおばあちゃんのキャラクターなんかは、これはかなり好きな感じで、この話は仏教系の思想に入っていくのかな?
 うまいこと、面白そうだと思ったところで“ここまで”って、まんまと術中にハマっているような(笑)。Yahoo動画って、この先配信してくれる気があるのかないのか、よく分からなかったりして困るんですよね。そのへん見極めて、おいおい続きを見ていきたいと思っています。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1081-0f988df9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。