スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポール・グリモー『王と鳥』 

[2007/12/22] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 見れるものは何でも見てやろう、みたいな感じで。宮崎駿や高畑勲のアニメに大きな影響を与えていると言われているポール・グリモーの『王と鳥』を借りてきました。

王と鳥 スタンダード版王と鳥 スタンダード版
(2007/04/04)
ジャン・マルタン、パスカル・マゾッティ 他

商品詳細を見る

 『王と鳥』として公開されたのは1980年らしいですが、宮崎さんや高畑さんが見て影響を受けたというのは、1952年にフランス初の長編アニメーション映画として制作された『やぶにらみの暴君』ということのようです。「王と鳥 - Wikipedia」を読むと、日本での公開は1953年。グリモー監督には不本意な形で公開されたらしく、改作される前のバージョンは、今では目にすることはできないようですね。手塚治虫は『王と鳥』より『やぶにらみの暴君』のほうを高く評価していたらしいですが、どこがどう違ったんでしょうかね。

 見て面白いかというと、エンターテイメント的には、面白いとは言えないかもしれません。アニメーション的にすごいかというと、それもよく分かりません。1952年の作品として見たら、画期的だったんだと思いますけど。じゃあガッカリだったかというと、実はそうでもなくて。
 宮崎アニメへの影響というのは、ぱっと見ただけでも、かなりすぐ分かるものです。『カリオストロの城』のお城は、この作品の王様のお城そのまんまだし。そびえたつ塔の地下に虐げられた人々が住む街がある、というあたりは『未来少年コナン』のインダストリアを思い出させます。
 ただ、この作品の魅力はというと、テイストで言ったら高畑アニメに近いような、何とも言いようがない苦味だと思いました。

 戦後間もないフランスで作られた作品ですから、暴君の姿にはヒットラーが投影されているのかもしれません。でも、この王様のキャラクターはなかなか味わい深くて、ただ悪逆の象徴として描かれているのではなかったようにも思えます。彼は、改作前の題名にも「やぶにらみ」とあるように、どうも実際に目つきがおかしいということにコンプレックスがあるようなのですが、奇妙なぐらいに城じゅうを自分の肖像画や彫像で埋め尽くしています。まあ、それだけではなくて、人間は容赦なく処分してしまいますけれど、芸術を愛好する心性はあるようで、実際、彼が絵画の中に描かれた“羊飼いの少女”に恋をするというのが、この作品で物語がはじまるきっかけになります。少女は、しかし隣の絵に描かれていた“煙突掃除の少年”に恋をしていて、王の思いは横恋慕。
 エンターテイメント的に考えれば、少年と少女がヒーローとヒロインの物語を構想しそうなものなのですが、この作品ではどうも、あくまで主人公は暴君の王様と、もうひとつは少年少女を助ける変な鳥さんなのですね。

 どちらかというと少年少女は物語に振り回されているばかりで、話を駆動していく役回りは、実に奇妙な鳥さんが担っている、このへんは『長靴をはいた猫』のペロなんかにも近いのかもしれませんね。ただ、変だ奇妙だとさっきから、この主人公格の鳥さん(実際、作品の冒頭に出てきてストーリーテラーの役割を果たしたのも、彼)のことを書いているんですけど、どうも彼は少し意地悪なところがあって、感情移入がしにくかったりするんです。
 絶対的な権力者である王様に対して、彼には自由があるということなのかもしれませんけど。ほんとうに、エンターテイメントとしてはおかしなことなんですが、私なんかは、むしろ悪者のはずの王様のほうに、しばしば感情移入をしてしまいがちでした。そのへんの苦いところが、なんとも高畑アニメっぽいのかな、などと感じられたり。

 話のテンポも独特な感じです。少年を助けるために王との結婚を受け入れてしまう少女とか、結婚式に乱入していく少年とか。これをエンターテイメント的に組み立てなおすと、そのまま『カリオストロの城』になりますね。クライマックスには、なんと巨大ロボットも登場してきます。そして物語の終わりには、“えー、そこまでやるんだ・・・”ということになるんですが。いやはや!
 これをカタルシスといってもいいのですかねぇ。思わず考え込んでしまいました。とても戯画化された表現だといってもいいんでしょうが、これはあまりにも深いなぁ。

 映像特典で、高畑監督と、爆笑問題の大田さんの対談が収録されていたんですけど、これがまたアケスケで、けっこう笑えました。(笑)
 今年、レンタルDVDで見るアニメはこれが最後になると思います。このDVDはスタジオジブリが日本での普及のために出しているそうなんですけど、たしかにこういう作品は手が出にくいだけに、こんな形で見せてもらえてありがたかったです。

関連記事

コメント

> ムスカも大人気

『ラピュタ』もムスカが大人気ですものね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1079-e7d54412

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。