スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今夜は『メトロポリス』を見ました 

[2007/12/17] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(8) | TOP ▲

 昨日は杉井ギサブロー監督の『銀河鉄道の夜』を見たんですけど、今日はりんたろう監督の『メトロポリス』というわけで。超個人的に、いわゆる“虫プロ系”の監督の劇場映画祭り状態です。(笑)

メトロポリスメトロポリス
(2001/12/07)
井元由香、小林桂 他

商品詳細を見る

 手塚治虫原作、りんたろう監督、大友克洋脚本によるSFアニメ大作。制作はマッドハウスでクオリティは高い。キャラクターは、まぎれもない手塚キャラクターなのですが、これはまた何と豪華な美術でしょうか!CGもかなり使われているんですけど、あまり違和感を感じないのは、作品全体が“自然主義”的な作り方をされていないから、そのCGがそういう“表現”になって見えるのかな、と思いました。
 私のニガテな手塚系キャラクターも、不思議にその背景の中にきちんと納まっていて、ああ、そういう表現としてちゃんと確立されているな、と納得。たぶん私はへそ曲がりのほうですけど、この作品の豪華さは“ムダに豪華じゃない”と珍しく素直に感心しました。

 私は原作を読んだことはないのですが、ストーリーのほうは、原作からはけっこう変更しているようで。でも手塚らしいスケールの大きさは感じさせながら、手塚的いやらしさ(個人的にあの説教クサさもまたニガテです)は抑えられている気がしました。このゴージャスな作りの中で、盛大に泣かせるドラマチックな場面とかはあまり作らずに、淡々と物語を進めていっているのも何だかすごい。
 キャラクターは私の好みじゃないというだけではなくて、たぶん今の流行ともかけ離れたものだと思うのですが、こっちは画面から浮き上がらないようにだけして、手塚らしさを留めていて、偉大な先人へのオマージュというのはやはりあるんだろうなぁ、と。

 正直、かなり感動しました。感情移入しにくい手塚キャラクターで、このぐらい感動したのも自分で意外でした。キャラクターに入っていきにくいのは、絵づらの問題だけではなくて、感情の動きなども含めた人間の描き方が、悪いやつは悪いやつだし、イノセンスな少年はあくまでイノセンスだし、ってところです。そういう中で、ケンイチ少年とは終始対立していたロックの最期などは、胸にぐっと来ましたね。
 そのクライマックスで、ああいう音楽の使い方をしてくるという!これは洒落ている、実に大人向けのアニメーションですね。そこがちょっと、悪い言葉で言うと庶民ウケは狙いにくいところでもあるんでしょうが。
 そうなんですよね、手塚マンガのストーリーっていうのは、どうもそういう教養の高さみたいなところが、いい意味でも悪い意味でもあるような気がしてしまう。これだけ豪華な作品作りをしていて、客に媚びるところがここまでなくても大丈夫なのか、って心配になるぐらい。(笑)

 それでも大友脚本も良かったと思うし、りんたろう監督は“映画”を構成するのが、やっぱりうまいのではないかと私は思いました。昨日見た杉井ギサブロー監督の『銀河鉄道の夜』といい、印象が原作に引っぱられている部分はあるのかもしれないけど、大衆路線ではなくて芸術路線というか。(前に言っていた「表現主義」的というような言葉がうまくハマるのかどうかは、よく分かりませんけど。)
 『銀河鉄道の夜』はまだしも日本的にウェットな情緒性もなくはなかったですが、『メトロポリス』などはかなりバタ臭い感じもあって。やっぱり一概には言えないですねぇ。
 レンタル屋さんで探しても、このへんの作品を見つけるのはけっこう大変だったりして、やはり現在のアニメの本流からは、いわゆる“虫プロ系”というのは離れてしまっているんじゃないかと思います。それは表現の手法の問題なのか、それとももしかしたら文芸的な高尚さみたいなものが抜け切らないところがあるのか、そんなことを何となく思いました。(原作抜きのオリジナルみたいな作品を見てみないと、本当は何とも言えないんですけど。)
 それと、いずれにしても「~系」みたいなことが言えるのも、せいぜい富野由悠季監督とか高橋良輔監督ぐらいの世代までで、より若い世代の監督たちには関係ないのかな、などということも思ってみたり。そのへんもどうなんでしょうかね。

 いや、でも『銀河鉄道の夜』にせよ『メトロポリス』にせよ、実にウェルメイドな、いい作品でしたよ。
 DVDながらも“映画を見る”という緊張感があって、途中で止めることなど思いもよらず、夢中で作品を味わうことが出来ました。しつこいですがそういうところが、ネタ消費もできず、切り売りできる映像的快楽も少なくて、一般ウケをしにくいところなのかも知れませんけど。

参考:

公式サイト
Wikipedia

かなりあとからの追記

 原作マンガを読んでみたので、その記事へのリンクを追記しておきます。

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(8)

[tag] りんたろう fc2ファビコン 手塚治虫 fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> エンディング

あの絵への言及がないということは、もしかして囚人022さんはエンドロールを最後までご覧になってません?

トラックバックできないので、ここに書きます。
http://tokyojoe.asablo.jp/blog/2007/08/09/1713570

> バンダイビジュアルの三部作

バンダイビジュアルの「ヒロインが(ネタバレ自重)」三部作ですね!『人狼』と『パトレイバー3』と本作を勝手にそう呼んでいます。

> えへへ ありがとうございます

>東京丈さん

記事を拝読しました。なるほど。あれは手キャラだからこうなんだ、という納得のしかたは、身内の間でしか通用しない話かもしれないですね。ふむふむ。

あのキャラクターでもっと芝居を、というのは・・・たぶん難しいんじゃないでしょうか。手原作に敬意を持っている限りはこれ以上無理のような気もします。
私は・・・けっこう一生懸命見て疲れたので、環境映像にはならないと思いましたけど、いつか忘れた頃に繰り返し見直してみたくなる作品のような気がしました。感じ方は似たような部分も多いのに、このへんで個人差があるのも面白いですね。
最後のあのカットは私も「なんだろか~?」と思いました。ロボットたちと仲良く働いて、技術を学んだり資金を稼いだりして、いつの日かティマを再生(ハートがあれば何とかなるかも)するのかなーって感じではありますが。私は悲劇大好きっ子(笑)なので、クライマックスのあとの、エピローグは全体に、“サービスしてるなぁー”とやや不満でした。

> 悲劇大好きっ子

>私は悲劇大好きっ子(笑)なので

 さすが富野スキーさんです。
 ボクはヒーローヒロインの悲劇を見ると、その晩涙で涙を濡らすタイプなので、そのあたりの相違が個人差なのかもしれませんね。

 それにしても、Nishinomaruさんの「ヒロインが(ネタバレ自重)」三部作というコメントに激しく興味を引かれるんですが(^^)

> KENICHI &TIMA ROBOT COMPANY

ああいう“救い”が原作マンガにあったのかどうか、ご存知の方がおられたら、ご教示願えれば、と思います。
ストーリーラインは大幅に違うそうなので、ニュアンスの話になってしまいますが。

≫「ヒロインが(ネタバレ自重)」三部作
三本のうち二本を見てるので、あと一本『人狼』のニュアンスも、だいたい想像がつきましたが。「バンダイビジュアルの」には特別な意味があるんでしょうか?(笑)

> 手塚治虫全集

 手塚治虫全集持っています(^^)
原作のミッチイは、喉の奥のスイッチで男女に変形できる人造人間でした、太陽黒点の異常発生により生まれた科学の奇蹟。ケン一と出会ったミッチイは、ミッチイを狙うレッド公から逃れるために、少女に変形してケン一と人間として生活していました。
 しかしケン一の学校に通っているということがバレ、ミッチイはケン一達の前から姿を消します。逃亡したミッチイは偶然の導きによって、レッド公の船にコック見習いとして乗り組むことに。その船はロボットの奴隷船でした。同じアンドロイドであるミッチイは、レッド公のロボット達への酷い扱いに怒り、人間に対する憎悪を募らせ、遂にロボットと共に人間に復讐することになります。メトロポリスはミッチイの人造人間としての力で、恐怖のどん底へ。
 人類は太陽黒点を消滅させることにより、ミッチイの力を奪うしか手段がなくなりました。そしてラストは、もはや黒点が無い限り、ミッチイは溶けて人間の姿を失っていく運命だということを、ヒゲオヤジがケン一ら学校の同級生に説明するシーンで終わります。
 だいたいこんな話だったような記憶があります。原作ではミッチイは改心しないし、ケン一と和解もしない。人類に楯突いた代償として、最後には醜い姿で死んでいくこととになる。とっても鬱でやりきれない話といえばいえますね。

 ちなみにボクの書き込みで、涙で涙を濡らす、は涙で枕を濡らすの間違いでした(^^;

>

≫改心しない 和解しない

やはり手らしい終わり方ですねー。(笑)
初期だからなおさらでしょうか。さすがは巨匠だと思います。

以下、思い切りネタバレな話ですが、
アニメ版『メトロポリス』のクライマックスで崩壊する塔から墜落しそうになるティマにケンイチが手を差し伸べるじゃないですか。そこまでケンイチを脅かしてきたティマに対して。その徹底したイノセンスぶりの描写には驚きましたが、そこまではまあいいんです。(笑)
で、力尽きて堕ちる寸前の一瞬だけ、昔のティマに戻った(かに見えた)、あれで私は「びびびっ」とやられました。・・・“救われない話”の中のほんの僅かな救い、あれだけで止めたほうが良かったような気が、私にはします。
あの仕事はりんたろうさんなのでしょうか大友さんなのでしょうか。顔の半分が壊れて怖いティマは大友さんっぽい気もするので、大友さんの細かい指示だったかもしれないですねー。

> 病妻もの

ジャンルとしては病妻ものなのでしょうね、とくに主人公とヒロインの関係に注目すると。『人狼』は、さらに輪をかけて《救われない話》です。わたしは好きな映画です。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1074-10dbd579

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。