スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結局見てしまった(笑)『機甲創世記モスピーダ』 

[2007/12/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 さんざんあれやこれやと言いながら(笑)、結局GyaOのおかげで最終回まで見てしまいました。(放映は12/18まで)
 “途中で打ち切られた”みたいな話を読んだような気がしていたので、かなり覚悟をしていましたし、ラス前の回はけっこう「うほっ、強引!」と感じましたが、最終回は案外きちんと最終回をやってました。この作品全体としては、それほど締りがある感じではなかったんですけど、そういう意味では、昔のアニメってのは、ちゃんと仕事はしていたような気がしますね。

機甲創世記モスピーダ Complete BOX機甲創世記モスピーダ Complete BOX
(2007/03/21)
モスピーダ

商品詳細を見る

 ネットの無料配信のアニメって、昔、夕方に再放送していたアニメを、別に見たくもなくても何となく惰性でだらだらと見ていた、そういうのにも似た気楽さがあって、結局そんな感じで気楽に楽しく見てしまった気がします。いい年をして、そんなことしてるのも恥ずかしいのかもしれないんだけど、たかがアニメだから、本来はそんな楽しみ方が妥当なのかもしれません。
 ・・・って、世の中の多くのアニメファンは気楽に見ているほうなんでしょうけど。こういう機会に振り返って考えてみると、ロボットものなんかに恥ずかしげもなく“感動”のようなものを求めて、貪欲に見ようとばかりしていて、さすがに少し息切れしてるのかなあ、私も。(苦笑)

 何しろ、このモスピーダ。頭の固い軍人スティックと、何だかいい加減なレイのダブル主人公がいちおうは物語の軸だったんだろうけど、各回、多彩なキャラクターの味はそれなりに出ていたわりに、程ほどのところで収めてしまうというのか。ぐぐっと盛り上げるところまでいかないアンニュイさ(?)が、作品の雰囲気になっている、私にとっては不思議に脱力系のロボットアニメでしたねー。そういう時代(爛熟期?)だったのかなぁ。
 最終回になってまじめにやれば、この程度には出来るんだったら、同人誌的なお遊びをしていないで、最初からもう少しきっちりと物語をやってれば、もしかしたら、もっといい作品になった可能性もあったろうかなんて思ったりもします。だからスタッフに地力はあるんだけど、強力に引っぱっていくリーダーシップの問題だったんでしょうかね。
 今のアニメはどうなんだろう?お遊び要素もきっちり管理されてきちんと詰め込まれている気がして、こんな『モスピーダ』みたいに、毎回スタッフのやりたい放題・出たとこ勝負(←ちょっといい過ぎ?)が野放しなんてことはあり得ない気もするんだけど、管理能力とリーダーシップはまた違うものですからねぇ。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1070-bb4b20fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。