スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO 第08話 無差別報復 

[2007/12/02] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 んーっと。勝手予想によれば、これは“テロ支援国家”が、実は王女様の貧乏国(の保守派?)だったって話になるんだろうな、きっと。(笑)
 そう思うのは、ストーリー上の都合がそうなるかなっていう当てずっぽうですが、太陽エネルギーの発電システムなんか作りやがって、ってことで、世界中に逆恨みする理由は十二分にありそうですしねー。たぶんソレスタルビーイングのことは、いい口実を得たって程度なんじゃないだろうか。
 世界中でソレスタルビーイングの排斥デモが起きている、とか言っているけど、それもどうも解せないなぁ。そういうふうに世論を誘導しているっていう描写でもそのうち入って来るんだろうか。世界の紛争なんて知らん顔で平和ボケしていたかったのに、「関係ないことはない」ってことに、気付かされるのが、それが気に入らないとか、そんな感じ?

 刹那クンって、まあ王女様に素性をしゃべるのは論外なんだけど、それ以前に警察に職務質問されている時点で致命的にアウトでしょ。彼は本当に、“ガンダムマイスター”どころか、ソレスタルビーイングそのものに向いていないって。それか、そんな彼にガンダム操縦以外のこんな業務を任せている時点で、ソレスタルビーイングのダメ組織ぶりが分かっちゃうというか。「実行部隊には・・・云々」とか説明的に入っていたセリフとの整合性はどうなっちょるのかと。
 ラストでわざわざ民間機の前に姿をあらわして見せているのなんて、“70年代スパロボ”なノリですな。そんなふうにやりたいんであれば、そんな風なやり方というものもあるでしょうに。

 ネットで感想を散見していたら、非難ごーごーの第8話でしたが、相当無理やりに舞台設定しただけあって(笑)、刹那クンと王女様の会話はまあ、面白かったです。「まだ闘い続けている」みたいなところまででやめておけばよかったのになぁ。

 まあ何しろGyaOで見ていたら、「どん兵衛×ガンダム」のコマーシャルが、あまりにイタ過ぎて、今回、実はそっちのほうが強く印象に残ってしまいました。あんまりだろ、これは。(苦笑)

ザクとは違うのだよ、ザクとは サク サク

\(゜ロ\)(/ロ゜)/

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1056-0cfa2c05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。