スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科学忍者隊ガッチャマン 第81話~第85話 「ギャラクター島の決斗」は必見! 

[2007/11/27] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 コンドルのジョーの物語が本格的に語られ始めると、ガッチャマンもいよいよ終盤を迎えつつあるなぁと感無量です。今回の5話では、科学忍者隊の秘密基地“三日月サンゴ礁”がついに発見されてしまい、ギャラクターの攻撃を受ける第82話も重要なんですが、何と言っても第81話『ギャラクター島の決斗』がシリーズ屈指の傑作エピソード!これぞ感動ものです。

科学忍者隊ガッチャマン VOL.21 [DVD]
  1. ギャラクター島の決斗
  2. 三日月サンゴ礁を狙え!
  3. 炎の決死圏
  4. クモの巣鉄獣スモッグファイバー
  5. G-4号はあいつだ

 両親がギャラクター隊員だった記憶が第78話「死斗!海底1万メートル」でよみがえったジョーは、両親の命日の墓参りに、10年ぶりで故郷の島を訪れます。その島はギャラクターに裏で支配されており、怪しい墓参者の情報に敏感に反応して、その正体を探るベルクカッツェ。ジョーに群がり寄るギャラクターの襲撃。幼馴染のアラン神父は彼をかくまい、“復讐”はやめるようにジョーを諭します。変身せず、生身のままで群がり寄るギャラクターと闘い続けるジョーの鬼気迫るアクションがすごいです。
 アラン(声は富山敬)との会話の中で、アランの婚約者が抜けたくても抜けられずにギャラクター隊員だったこと、その最後の仕事で“コンドルのジョー”に殺されたことを聞き、驚くジョー。(これ、70話のエピソードかと思ったら、違いますね。なんと、31話の伏線をここで回収してるんですよ!)ギャラクターだけではなく、科学忍者隊も憎い、と語るアラン。
 教会の礼拝堂で、ついに力尽き倒れるジョーの窮地を、駆けつけた忍者隊の仲間たちが救いますが。(この回、メカ戦はおろか、バードスタイルでの活躍さえ、このわずか40秒ほどです!)そこへ銃を持って入ってきて、俺の婚約者を殺した「コンドルのジョーと呼ばれるものは誰だ」と銃を向けるアラン。「コンドルのジョーは俺だ」と嘘を言うケン。「やめろアラン!」・・・殺気の走る一瞬が去り、倒れたのはアラン。ケンを庇ってジョーの放った銃弾によるものでした。

「バ、バカな!たった一発残しておいた弾を、なぜ、なぜ、お前にぶち込まなきゃならねえんだぁ!」
「ジョー、この神父さんはお前をコンドルのジョーだと知ってたようだぜ。・・・この銃には、弾は入ってない。」
「!・・・バ、バカ野郎!お前が死んで何になる!お前はこの島には必要な人間なんだ。俺とは違うんだ!自分の・・・自分の生命を捨ててまで、俺に復讐を忘れろと言いたかったのかぁ!!」

ギャラクター島の決斗

 クライマックスは、このレイアウトです。でき過ぎです。佐々木功さんの力演もすごいです。“正義”の名の元の戦いは全て正しいのか、重く重く問いかけちゃってます。

 82話でも以前の伏線が回収されますが、今度は科学忍者隊の大ピンチです。彼らが変身の時に発する特殊な周波数は、76話でギャラクターに解明されてしまっていましたが、忘れたことにされるのかと思いきや(笑)、これを探知する作戦をついにギャラクターが開始。
 加えて、これまでに作った鉄獣メカ群を再製作、ガッチャマンたちをおびき出し、これを尾行して、三日月サンゴ礁に総攻撃をかけるのでした。まるで最終回かというような重大危機で、思い切りハラハラします。“忍者隊”のくせに尾行されているのに気付くのが遅いんだから!(笑)
 大技、“火の鳥・影分身”でまとめて撃退というオチですが、旧メカまとめて登場は、絵の使いまわし効果も少しはあったんでしょうかね。

 息詰まる展開から一転、83話はこの作品にはときどきある“SFらしいSF”の単発エピソード。ギャラクターの攻撃で迫る大地震の危機、科学忍者隊、地底へ!って感じですね。G-4号しか活躍しないし、展開もお決まりな感じで、ここに来てこれは、ちょっと別のところから借りてきて挿入したみたいな印象も。

 南部博士のライバルだった博士が出てくる84話では、南部博士の身辺警護に付いてきた忍者隊の素顔を写真に撮られてしまう・・・というのがエピソードのポイント。歪んでしまった友情であるとか、ところが実は・・・という話のトリックをもう少しうまく処理すれば、面白そうな脚本だったんですが。

 85話も忍者隊が普段暮らしている街を“ユートランド”と総裁Xが特定し、ギャラクターがスパイを送り込んでくるという忍者隊ピンチのストーリー。ヒッピーのオヤジ風のスパイと甚平の間に芽生える人情というのが、話の見どころですが、この作品には珍しく、人物の作画に“妙な味”が出ていたり、ジュンの顔をほぼ真下からあおってみたりして、今で言えば“作画崩壊”かアニメーターの個性的表現なのか、議論が分かれそうな回です。(この回の原画の中には湖川さんもおられますね。アオリはあまりうまくいってない感じでしたが。)
 ギャラクターの情報機関を“GCIA”と呼んでいるのですが、出てきている敵の姿はどう見ても“ブラックバード隊”。この回のG-4号メカは弱すぎでGCIAにいいようにボコられるんですが、せっかく健闘してるのに自爆させられるGCIA、なかなか哀れです(笑)。

 科学忍者隊そのものの抹殺を狙った執拗な攻撃が繰り返されてますが、この後は三日月サンゴ礁を狙った攻撃も一つの山場になってくるんだったと思います。そしてコンドルのジョーの物語。終盤の盛り上がりというのは、もっと一気呵成に続いてきていたような印象があったんですが、合間合間に独立したエピソードを挟みながら進行していたんですね。
 正直、たぶん力の入っている回とそうでない回、かなり出来不出来があるような気もしますが、そのドサクサでアニメーターが実験的なことをやっていたりするのも興味深いところです。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1051-dde5b090

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。