スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO 第07話 報われぬ魂 

[2007/11/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 普通の一話完結のやり方から、半分ずつずれているって言うか、「Aパート:前の話の後半」、「Bパート:次の話の前半」っていう意図的な“ずらしのパターン”があるような気がしますね。常に前倒し、みたいな。スケールの大きな“引き”ってことなのか。視聴者はなかなか落ち着かせてもらえないんだけど、それが話の雰囲気にあってると言う面もたしかにあるかも。

 刹那クンは16才の少年兵と言う設定らしいんですけど、見た目はそれよりさらに幼く感じられます。まあ、“ガンダムの性能を当てにしすぎる”って感じで、ティエリアじゃなくても、何でお前がガンダムマイスターなんだよと聞きたくなるのも分かります。それにしても・・・。どんな過去を引きずっているのかと思ったら、マインドコントロールされて親殺ししたってことなのかな、あれは。もしそうなんだったら、こりゃ16才の子どもに背負わせるには重過ぎるトラウマだなー。えっと2299年の出来事ってことは・・・設定から8年前。刹那クン8才のときということですか。そりゃあ酷い、いやはや。
 それで、その因縁の相手が、このサーシェスっていう無精ひげ?やな感じー。後半の無差別テロもこいつが一枚咬んでるっぽいし。うーん、分かりやすく悪いやつー。(笑)

 ユニオンも人革連も、たぶん衛星からの情報で戦況は刻々筒抜けという描写があるのに、電波妨害だけでガンダムをしばしば見失うって言うのは、どーもこーも謎なんだけど。細かいこと気にするほうじゃないんですけど、この作品のテイスト的には、何かフォローしといてほしいなぁ。一方でモラリアが無条件降伏するのも想定内、復興支援のための部隊編成も終了してます、これでAEUは軍備増強の口実を得ましたって、そういうところは厳しいのでありますね。まるで“滅びの道”を求めているように見える、ってかー。

 「だとしたら、ヤツの神はどこにいる?」神様ですか。わずか8才で神様にだまされて、トラウマ背負っちゃったんだなぁ、この坊やは。(まあ神を騙るサーシェスだったわけだけど、黒幕は当然いたわけですよね。)
 そして自分がガンダムマイスターであるのは「俺の存在そのものが理由だ。俺は生きている、生きているんだ」って。実にヘヴィな16才だ!

 「これは断じて戦争ではない。一方的な蹂躙ではないかー!」
 ほんとにねー。毎度いちいち「目標を破砕する」、「・・・狙い撃つ」、「介入行動に入る」、「・・・駆逐する」って定型のキメ台詞は、ある意味時代劇的ですよね。
 「俺の存在そのものが理由」ってヤツを、たしかに聞いてみたくなります。いくら可哀相な過去を背負っていても、やっぱりこの主人公は視聴者の感情移入を拒否しちゃうタイプだから。シャア専用ニュースさんで水島監督のインタビューを読みましたが、「ガンダムというビッグタイトルなら、必ず最後はトータルで評価してもらえるはずですから」っていう潔いまでの確信犯っぷりには、この状況でなければ出来ないような、何かとんでもないことをやってやろうという意欲を感じますから。このヘヴィな16才をどう成長させるつもりなのだか。いったい何をやろうとしているのか、やっぱり見届けてみたいと思います。

関連記事

コメント

> ウィングくさい

今度のガンダムはウィングの発展型みたいな印象です。残酷と受け取られかねない描写を極力避けているところに今日性を見ます。

> どうでしょうか~

8才の子どもがマインドコントロールされて、親殺しをしてしまうという話は、それだけで充分すぎるぐらいに残酷だと思うのですが。何も血が飛び散るようなのばかりが残酷描写ではないと私は思います。(私が感情移入しすぎるたちなのでしょうかね?)

> 痛みを感じさせない映像

内容的には残酷なのに、映像は痛みを感じさせないと思います。ちぐはぐな印象です。そこに今日性を見たのです。

従来のガンダムなら敵兵がやられるとき、叫んだりする描写をいれていました。けれど、00はほとんどありません。ちょっと違和感ありです。

マインドコントロールで暗殺者にされた子供というモチーフは『GUNSLINGER GIRL』でも主役です。ガンスリでは残酷さを情緒的に強調し過ぎかも、です。どうやらわたしは00を好きなガンスリとの比較で見ているようです。

一度、強い表現になれてしまうと、弱い表現に「物足りなさ」を感じてしまう、これは恐いことかもしれません。しかし、00は、残酷な内容に対して描写が無機的でハードボイルドで、それはそれで不安なのです。

> そうなんです

>内容的には残酷なのに、映像は痛みを感じさせない

>00は、残酷な内容に対して描写が無機的でハードボイルドで、それはそれで不安

私もそう思っていました。情緒的なもの、キャラクターへの感情移入の意図的な排除。それでも「ガンダム」だとみんな無条件で見ちゃうから…(笑)
こういう「ガンダム」との付き合い方を選択する監督というのは面白い気がします。
さて、何をやってくれるんでしょうか。せっかくなので、うまくやりおおせてくれることを願っているのですが。

> 新撰組

わたし的には、00は『ガンダムW』を継承していると思います。

少年が共感できる主人公ではなくて、少女が憧れる主人公なのではないでしょうか。新撰組みたいです。

W以降の非富野ガンダムは基本少女向けです。スポーツ漫画では『キャプテン翼』以降は少女向け。アニメオタクというと男子がメインのような印象ですが、実際、マーケティングするとアニメの視聴者の多くは少女なのかもしれません。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1049-d543d048

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。