スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

妄想。~『ゼーガペイン』をブレークさせる計画~ www 

[2007/11/24] | 戯れごと | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 テレビのコマーシャルのヨタ話。いや、私などはほんとのところ、パソコンのモニターばかり見ていて、テレビそのものからして、あまり見ていないのですけど。
 うちなどはド田舎なので、首都圏などとは事情が違うかもしれませんが、とにかく多い気がするのはサラ金のCM。それと、(見てる時間帯が夜中ばかりなのもあるけど、)パチンコのCMがやたらと気になります。

 このところ「パンパッカパン パララ パンパパーン・・・♪」というお馴染みの前奏が流れてくると、DNAレベルで反応してしまって、思わず「おおっ?」と目が行ってしまう某パチンコメーカーのCM曲は、なんと『宇宙戦艦ヤマト』でした!古代君まで元気よく出てきて「しゅっぱーつ!」とか、明るく叫んでいます。うーむ・・・。(笑)
 パチンコ屋さんは戦災で丸焼けになった都市には多いんだそうで、ホントか嘘か、軍需工場があったところではベアリングの玉がいっぱいあったので、パチンコ産業が盛んだなどという話を聞いたことがあります。私が今、住んでおりますところも、大学時代を過ごしたところも、その条件によく当てはまる都市だったので、近所にはやたらたくさんパチンコ屋があるんですが、ところが私はこれまでの人生で、2、3回しかパチンコなるものを打ったことがありません。とにかく才能がないのです。ちゃんと上手な悪友に教わって、「ここを狙え」と言われたところにちゃんと玉を送ってはみたのですが、これがまた、見事なぐらいに“すかーっ・・・”と素通りしていってしまうんですね(笑)。で、まあ、悪友にも「向いてない」認定をもらいまして、もともと賭け事はニガテだし、あの騒がしさも耐えられないので、たぶんもう、人生で二度とパチンコ屋に行くこともないと思うんですが、・・・しかし近ごろのパチンコの宣伝は、気になりますねぇ(苦笑)。

 エヴァのパチンコの宣伝なんかは前から多かったんですが、『ヤマト』のちょっと前に気になっていたのは、「あなたと合体したい・・・」っていうやつ。そうです。『創聖のアクエリオン』っていうアレです。
 こんなアニメの話ばかりのブログを書いていながら、近年の作品にはとんと疎い私でありまして、「へぇ~、そういうロボットアニメがあったんだ」ぐらいの感じだったんですが。先日、『超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか』を見て河森正治監督の名前を覚え(「知らなかったんか、オイ!」って突っこまないでくださいね。 笑)、どんな作品を作ったんだろうかと見ていって、≪ああ、そうなんだ。『創聖のアクエリオン』ってそうなんだ。≫と、まあ。
 そこでこの間、レンタル屋さんに行ったときに、探すでもなく探してみたんですけど。その場で私が目にしたものは、・・・

右・『アクエリオン』(全巻貸し出し中)、左・『ゼーガペイン』(全巻貸し出しOK状態)。 この惨劇を、俺は黙って見ているしかないのだろうか?

 !…廣田恵介さんのブログで読んだ、この状態が、まさに眼前に(涙)。
 『ゼーガ』、面白いのになぁ。ちょっと哀しい。「絵がことごとくドラマに追従しているという、いたって健全な状態」と廣田さんが言われたとおりで、それが今では弱点になってしまうというのも承知で、やっぱり私はそういう作品が好きなんだと、再認識。

 で、それはまあ、それとして。『アクエリオン』ってそんなに面白いんでしょうか。あの「あなたと合体したい・・・」ってパチンコのコマーシャルで、今こういう状態なのかもしれないと思ったら、ちょっと怖いなぁーと思ったのでした。いや、たまたま気が付けば、12/18まで10話まで無料やってるじゃないですか。ふむふむ。
 しかし、この頃こういうの多いですね。なんかYahoo動画では『機動戦士ガンダム』5話まで無料だとかだそうで(ん?11/29までか?)。そういえば、前にこういうので『ラーゼフォン』も途中まで見たけど、結局続きを見ていないなぁ。途中まで無料っていうのは、けっこう微妙です。うん。

 あー、まあ。それで、ファン心理としては複雑なものもあるけれど、仮に『ゼーガ』もパチンコになったら急遽ブレークしたりしないだろうかと、アホな妄想モードに入ってみまして。それで、「あなたと合体したい・・・」に対抗するのに、「消されるな、この想い 忘れるな、我が痛み」では庶民ウケ(笑)するインパクトには弱いかなぁと思って、

俺のこぶしが、・・・俺の上腕二頭筋が、・・・俺の魂が怒り狂ってる!

・・・と叫んでいるテレビコマーシャルを妄想してみたんですが・・・。

 やっぱダメそうですね。(苦笑)

 いちおう次候補。(笑)

「何でもありかぁー?上等だ!だったら俺も、裏技見せてやるゼ!」

「舞浜シャイニングオーシャンパァーンチ!」

 どうでしょ? やっぱダメですか、そうですか。www

関連記事

この記事のはてブ はてブの数 livedoorクリップ クリップ数 Webスカウター情報

permalink | トラックバック(0) | コメント(3)

[tag] ゼーガペイン fc2ファビコン

TOP ▲

コメント

> 玉入れはちょっと……

 ヤマト者としては、パチンコ化には複雑な思いがあります。西崎プロデューサーもそろそろ刑期を終えるという噂もありますし、今回のパチンコ化はそうしたタイミングで登場したのかもしれません。
 いずれにせよ、ゼーガペインのパチンコ化には抵抗ありますね。それより、WiiとかPS3ソフトとして再販というのは如何でしょうか。

> すみません・・・

『ゼーガ』パチンコ化計画(ンなもん、実在するわけありませんが、)については、もちろん本意ではありません。社会から注目されるには、効果的なような気がするという、そういう話でして。そこではっきりと「厭だ」と思うというわけで、お互いむやみにブレークしてほしいと願っているわけではないですね。(『ヤマト』はまだしも、『エヴァ』をパチンコ化していいという判断は、どのへんから出てきたんでしょうかねー。実際、それで作品の価値が歪むわけではないですが。パチンコ好きのアニメファンは喜ぶんでしょうかねー。)

しかし、この方式でやれば大概のものはパチンコの材料にすることができるし、それで確実に知名度を上げることもできそうだな、というのを、とにかく恐ろしく感じた次第です。言うまでもないことながら、テレビの影響力、いまだ侮れず・・・。

ゲームは、よほど出来がよければ知名度を上げるきっかけにもなりそうですが。ゲーム人口と、パチンコ人口と、それぞれの市場規模(?)みたいなのとどうなんでしょうね?(そういえば、ゲームのCMも、パチンコには負けますが、よくテレビで見るもののような気もします。)

ヤマト界隈は、最近どうも動きがあるような印象で、私も西崎Pはいつまでのムショ勤めだったかと確認してしまいました。(・・・Wikipediaによれば、いちおう2008年だという話ですね。)

> やはり再放送しかないかも

メジャー化はやはり再放送しかないかも知れません。『REIDEEN』はどうやらこの戦略をとるようで、TOKYO MXにつづてCSファミリー劇場でも再放送するらしいです。

悲観すると、『ZEGAPAIN』は、ゲーム版のハード、XBOX360にあるマイナー感を打ち破れなかったということでしょうか。

Wikipediaで見ると『アクエリオン』を作ったサテライトはパチンコ会社の系列に入っているそうですよ。

追伸:TVゲームと提携したロボットアニメって作品の内容とは別の次元で、成功した例は少ないように思います。アニメがヒットした結果、ゲーム化された、という流れはしばしばありますが。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1048-2dc38635

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。