科学忍者隊ガッチャマン 第76話~第80話 

[2007/11/21] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 大長編の『科学忍者隊ガッチャマン』も、残り1/4というあたりに差し掛かってきました。(って言っても先行きはまだ長い。)
 ギャラクターとしては、鉄獣メカを繰り出しての派手な破壊活動とかではなくて、科学忍者隊の抹殺を狙った陰湿な作戦が続きます。そのへんで地味目ですけど、なかなか緊張感のある話が続きます。

科学忍者隊ガッチャマン VOL.20科学忍者隊ガッチャマン VOL.20
(2001/04/21)
森功至、佐々木功 他

商品詳細を見る
  1. あばかれたブレスレット
  2. 成功したベルクカッツェ
  3. 死斗! 海底1万メートル
  4. 奪われたガッチャマン情報
  5. よみがえれ! ブーメラン

 第74話でギャラクターの手に落ちてしまった科学忍者隊の変身の秘密。一話の間を置いて、ついに76話には“変身破り”のメカを開発したギャラクター。大ピンチの科学忍者隊を救うために現れたのは、隊長亡き後もギャラクターとの戦いをひそかに続けていたレッドインパルスの二人でした。
 かろうじて素顔もばれず、いちおう当面の危機も去る、というのは、さすがにいろいろ無理筋で押しているなぁと思っちゃいました。そもそも“変身破り”なしでも科学忍者隊を倒せそうな、手が込んだ罠とかって話もありますが、まあ野暮は言いますまい(笑)。
 正木、鬼石というレッドインパルス隊員の渋さを見れただけで、すべて許せてしまうのでした。それにきっと南部博士のことだから、この後、変身破りの原理に対抗する改良もしたんだと思う(描写されていないけど。 笑)

 大ピンチの後の77話は思わせぶりなタイトルで。久しぶりにギャラクターの“ブラックバード隊”登場ですが、こいつら一般隊員と比べても別に強くないんですよねぇ(笑)。
 結局、何がカッツェの成功だったかと言うと、今回のギャラクターは目当ての財宝を奪うことに成功したってことで。それで悔しがるケンなのでした。(この程度で成功なら、いつもけっこう重要施設の破壊とか、成功してる気がするんですけどネ。 笑)

 地味な話ですが、実は、ジョーの記憶の底に眠る秘められた過去が明かされる、超重要エピソードの78話。極限状態の海底1万メートルで、ケンとジョーの男の友情が、なかなか渋く描かれているのも好印象。

「馬鹿なことを言うな、何で俺がお前を置いていけるんだ!」
「見るんだジョー。あの火の中にお前の悪夢の原因があるんだ!」
「いいな、ジョー。死なばもろともだ。お前が正気になるまで、俺はここにいるぞ。」
「!・・・なんてこったー!!お、俺は・・・ギャラクターの隊員の子だったんだぁ!
 ・・・ふっ・・・へっへっへ・・・恨むぜ、ケン。何でこんなことを思い出させたんだ。知らねぇほうが、知らねぇほうが幸せだと言ったのは、お前なのによぉ。」

 この回は絵も美しいですし、とてもいい脚本で、なのになぜかギャグも冴えてます(笑)。
 惜しむらくは、あの人間臭いギャラクター隊員たちが深海の藻屑になってしまったってことですが、ケンとジョーの素顔を見ちゃったから仕方がないですねー(合掌)。

 めちゃくちゃカッコいいケンの後は、ある意味貴重な、ちょっとかっこ悪い(?)ケンの姿が見られる79話。国際科学技術庁のボロンボ博士が娘をギャラクターに人質に取られ、科学忍者隊の秘密データをコンピュータから盗み出し、それを追跡する科学忍者隊・・・なんですが。(笑)
 まー、南部博士はスパイの現場を目撃しながら泳がせすぎでしょとか、ケンは逃げるカッツェの機体に忍び込んだんなら、何とかギャラクター本部の位置を探るべきでしょとか、“ツッコミビリティ”はいつも通りに多々ありますけど。ギャラクターの下っ端に扮してボロンボ博士に接触するケンもかっこ悪いんですが、何よりその娘さんが可愛いくて、救ってくれたケンに感謝感激なもんだから、ちょっと動揺しちゃってるケンが可笑しくて。(お前、初対面のとき、黒頭巾の彼女に思い切りケリ入れてなかったっけ? 笑)

 総裁Xとベルクカッツェの冒頭会話はいつも面白いんですが、第80話はカッツェが“特殊人間”だということを示唆していたりして、ちょっと重要な伏線でした。(でも笑える!)
 甚平をかばってギャラクターに捕らえられるケン。この回の見どころは、ケンが処刑されたのを見せられて、驚き哀しむ皆の姿ですが、とりわけいい芝居は南部博士。「レッドインパルス・・・私は君に何と言って詫びれば・・・。」と嘆いていると、そこへ出動命令がっていう苦悩の場面が印象深かったです。
 いつも通りに詰めの甘いベルクカッツェには、総裁Xならずとも怒りを抑えられないのも分かります。ただまあ、毎度のガッチャマンの活躍ぶりは“人間兵器か”って感じなんですが、自分で「ガッチャマンは不死身だ」とか言ってるし、処刑されても死なないってのは異能生存体ですわな(笑)。

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1045-856eca02