スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機動戦士ガンダムOO 第5話 限界離脱領域 

[2007/11/11] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ははは。国際救助隊ガンダム!楽しかったです。相変わらずGyaOで周回遅れの鑑賞だから、いろんな人の感想をちらちら読んでから本編見ちゃうんだけど。今回は≪みんな何言ってるんだろう≫→≪おぉー、ナルホド!≫って感じでした。

 何だろう?これでソレスタルビーイングへの世の中の評価が変わったりするんだろうか?作品世界の中でも。それと、たぶん視聴者の側でも。そのへん、狙いでやってるのかと思うと、あんまり気分良くないけど、面白かったから、まあいいや。

ガンダム側としては元々テロリストなのに時々人命救助とかいい事をすることで「あいつらホントはいいやつじゃん」と思わせるジャイアン商法

 あはは!ケンジさん、うまいこと言う!(笑)

 しかし、思いっ切り強化人間の“超兵1号”チャンと、アレルヤ君の精神感応?
 アレルヤ君の“中の人”は、あのトラウマになってるらしい事故で亡くなっちゃったのかなぁ。(双子の兄弟か何か?)

アレルヤ・ハプティズムは髪型の分け目で性格が変わるという簡単設計。

 そうなんだ。グダちんさんさすがいいとこ見てますね。
 しかしまあ人革連も、ソレスタルビーイングも、“不適格者”を使ってると言えば、身も蓋もありませんが、筋書き通りの政治シミュレーションみたいなのばかり見ていても、ちっとも面白くないから、こういうイレギュラーは私としては歓迎できるなぁ。

 「狙い撃つゼ」の高高度狙撃も普通にカッコよかったし、≪雲を切り裂くー?≫ってのも画的に気持ちよかったです。キュリオスの変形シーンが、いつもよりカッコよく見える不思議さも感じました。(MAモードはかっこ悪いという話もあったけど、私は気になりませんでした。)って言うか、どうやって狙ってるんだよとか、どうして雲が切れるんだよとか、そのほかのネット界隈も賑やかなんでしょうか?まあ≪キュリオスどっから出てきたんだよ、次からの作戦に支障ないわけないよなー≫っていうのは、さすがに私も思いましたけど。(笑)
 でもアニメだから。ロボットものだから。誇張された表現があっても爽快だったらOKなんで、雑魚を虐殺しているばかりでは毒気が強すぎるし、こういうのはやっぱり良いです。

 “超兵1号”チャンは、あんな暴走しちゃったら、存在を抹殺されちゃいそうなもんだけど、どんな言い訳をつけるんだろう?あと、中佐さん、普通に“いい人”過ぎるから、こういう人ってどっかで物語の都合上、死んじゃったりするんだよなぁとか、思ってみたり。
 月並みですが、物語の先行きがどうなっていくんだろうかというのに対して、シミュレーション的なことではなく、人間のドラマとして関心が持てるようになってきたので、今回はけっこう好印象でした。

第5話「限界離脱領域」の評判が非常にいいですね。一言で言うと「つっこみどころはたくさんあるけど、面白くなってきた!」という感じ

・・・ってシャア専用ニュースさんでも総括しておられましたけど、なるほど納得の回でした。

主人公一言くらいしか喋って無い割りに、5話にして初めて普通に面白かった。

 ・・・!
 ほんとだー。「了解、うるぁ!」でしたか。ennoea!さん、鋭い!無愛想な主人公は、しゃべらなくても盛り上がるのかー?(笑)

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1035-3839d1a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。