スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントへのお返事やらあれやらこれやら 

[2007/11/02] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 今夜は『エルガイム』第4巻を見ています。一枚に六話っていうペースなんですけど、相変わらず満腹お腹いっぱい。濃いなぁ・・・。(笑)
 テレビアニメとして一話ずつ放映されているのを見ていれば、また違うのかもしれません。そういうわけで、感想はまたあとで。

>ああジュブナイルはやっぱりいいなあ。

同感です。久しぶりにちゃんとジュブナイルしているアニメを見たかもしれない気がします。 あと、ちゃんとSFらしい作品でもあったかなぁと思ったりも。考証が間違いなく正確であるかどうかとかではなくて、その時代の科学から空想しえる、一番大事なポイントとなるようなところを、説明的にならずに丁寧に扱っていたのが好印象の作品でした。 正直、はじめは甘く見ていたんですけどね。近ごろはスタート時の設定ばかりしっかりしていて、その中で物語が息苦しそうにしている作品も多いですが、こういう尻上がりの作品を見ると、とても嬉しくなります。

 先の記事にコメントを下さった東京丈さんのブログにお邪魔して、書き込んできた内容を転載しておきます。“ジュブナイルって・・・”、“私の好きなSFって・・・”と、まだしばらく『ゼーガペイン』の余韻にひたっている感じ。サイエンスフィクションは、想像の範囲内のテクノロジーじゃなくて、想像を超えたサイエンスじゃなきゃ、とか、何か書いてみようかとしたんですけど、うまく言葉にならないもんですね。(あんまりSFというものに造詣深くはないものなぁ。)

>シズノ先輩のモデルはメーテル

えーっ!?(・・・と驚く現役999世代。)

でも分かるかも。ちょっと哀しい秘密を持った謎のお姉さまかぁ。

 ついでにその続きのコメントも転載しておきます。そういえば、昨日ブックオフへ行った話を書きましたが、松本零士の『新宇宙戦艦ヤマト』も立ち読みして、往年のファンはとても哀しい想いがこみ上げてきたのでした。はぁぁ・・・。(涙目)

 同じ困った大人(笑)でも、富野さんや安彦さんの困った子ちゃんなのは、全然意味が違うんで、そこは裏切られてはいないのがありがたいです。
 Nishinomaruさんのご指摘に≪へぇーっ!≫っと感心していましたら、zsphereさんのきれいなまとめが入って。管理人が一番、いろいろ学ばせてもらってます。いつもありがとうございます!
 しかし結局継続されていく“仮面という記号”というのも面白いテーマですね。『OO』はガンダムの4番機が欠番ですけど、これで仮面キャラでも出てきたら、私たち思わず吹きだしちゃいそうですね!(笑)

『安彦君がバカだったから』そんなことばっか言ってっから鈴木的プロデューサーが現れないんだよ。

2007-10-30 - ennoea!

 このリアクション、最高に秀逸!超ウケました。まさにそのとおり。(笑)

 あと最後にお詫び。『近ごろ見散らかしたアニメあれこれ』で、「機甲創世記モスピーダ」で検索しても、何も思わしい結果が出ないって書いたんですけど、今やったらそうでもなくて。「モスピーダ」だけで検索しても、いろいろ出てきました。(匿名のご教示、ありがとうございました。)
 ファンの人もいるだろうに、ちょっとキツい表現をしてしまったかなとも反省しています。どのへんがどう、個人的に何だかなぁなのか、考えてみるのも面白い気がしているんですが、それもまた、この次の機会に。

関連記事

コメント

> 元ネタは……

シズノ先輩のモデル=メーテル説のソースを捜したのですが、見つかりません。多分こちらで読んだ筈なのですが……

http://zega2.blog75.fc2.com/

> メー○ル

見つけました。「メー○ル」で検索してみて下さい。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1026-9db2abb8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。