スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゼーガペイン FILE.07 う、ウェットダメージが・・・。 

[2007/10/18] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 これはまた・・・。今回の展開はさらにすごくて、もう振り回されまくっちゃってます。(笑)

ゼーガペイン FILE.07ゼーガペイン FILE.07
(2007/01/26)
下田正美、浅沼晋太郎 他

商品詳細を見る
  1. 偽りの傷 痛みは枯れて
  2. ラストサパー
  3. イェル、シズノ

 カミナギちゃんが修復されても、感情データだけが取り残されちゃっているなんてなぁ。キョウちゃんはサーバ内世界の無限ループに苛立ってるけど、違う行動パターンでも総体としては同じルーチンが繰り返されるんだろうか。そのへん不思議です。

 “オケアノス”って、オーストラリアあたりまで行ったりもしてるんですね。母艦って世界で8隻とか言ってたっけ?ただただ遊撃しているわけ?・・・どんな行動パターンなんだろう、まだまだ分からないことは多くありますね。

 それにしても19話「ラストサパー」は、いきなり一味違うシナリオのモードでびっくり。(ちょっと“ファンサービス?”気味の部分もあり。 笑)
 しかしキョウちゃんたちに感情移入して見ちゃっていると、このシナリオは本気できつい。きつすぎる・・・。シマ指令もシズノ先輩もひどすぎるって、ベタにそうとしか感じられないや、これは。うぐぐぐぐ。
 「最終作戦のために必要」とか言いながら、シマ指令は捨て身の作戦でひそかに何か痛手をこうむったっぽいですね。ルーフェンたちは、指令と先輩の秘密を探っています。なかなかしんどい展開が続きますねぇ。

 キョウちゃんとカミナギちゃんの“恋人”モードがどんどん深まるんで、「シズノ先輩の立場は・・・?」と思っていたら、20話「イェル、シズノ」では一気に強烈な反撃(笑)が。うわっ、カミナギちゃんは戦えないほどの“ウェットダメージ”!?

みんなが君を“イェル”って呼ぶのは、“幻体、幻体”って呼ぶのと一緒だろ?

 そうなのか。以前のキョウちゃんとシズノ先輩には、そんなことがねぇ。・・・「永遠に触れられない雨」っていうのは、もしかして彼女の場合、さらに意味深なのかな?

 “変わり映えもしない日常”の大切さを、それが失われるという危機の中で描いていたのは印象に残りましたけど、この巻は、本当にこれまでになく見ていてつらい物語でした。ラストへ向けて急展開っていうのもあるんでしょうけど、カミナギちゃんの今の状態も、そうした印象には大きく影響してるんじゃないでしょうかねぇ。(微笑ましい描写もなくはなかったけど、ちょっと怒濤のストーリーにキャラクターたちの情感が押し負け始めているのかも?)
 ラスト2巻は一気に見るとよいかも、というアドバイスを以前に43さんからもらいましたので、次はいよいよ完結しちゃいます。あー、いったい最後はどうなるんだろ?かなり期待をしてしまっています。(笑)

関連記事

コメント

> カミナギちゃんは「空気」?

カミナギちゃんの行動パターンが違っても、少なくとも数ヶ月は《総体としては同じルーチンが繰り返される》としたら、カミナギちゃんはいてもいなくても世界には影響を及ばさない存在、ということになるかもしれません。流行言葉でいうところの空気(キャラ)?

けれど、サーバが150日をすぎてもリセットされずにいたら、きっとバタフライ効果以上に大きな影響を世界に与えたと思います。二次創作の題材になりそうですね(カミナギちゃんとキョウのラブシーンに期待(汗))。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://zmock022.blog19.fc2.com/tb.php/1012-ca2f54ce

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。