75万ヒット御礼。その他あれこれ 

[2010/02/23] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 久しくブログを更新しておりませんでした。言い訳はしないでおきましょう。何と言うか・・・疲れてます。それだけ。

 全然記事を書かずにいる間も、かれこれ4年以上書き綴った駄文のあれこれを読みに来てくださる皆さんのおかげでカウンターは回り続け(まあ10日以上前ですが)75万アクセスを超えましたので、節目のお礼を申し上げねば、というところであります。

リーンの翼 COMPLETE [DVD]

『リーンの翼 COMPLETE』

 近況・・・と言いますか、富野監督のあの意欲作が、とてもリーズナブルな価格でコレクションできてしまう『リーンの翼 COMPLETE』は非常に好調な売れ行きのようで、大変嬉しい限りです。
 私もさっそく購入し、時間の空いたときには何度も見ています。私はコレクターというタイプではないんですけど、レンタルではこの「時間が空いたときに何度も」・・・というやつができないんですよねー。
 そう言いながら、そうそう何度でも見たい作品なんてのもあるわけじゃないんですが、この『リーンの翼』はなかなかどうして見飽きない。実にいい作品だなーと思います。

 この作品は2006年の富野監督のお誕生日に、バンダイチャンネルで一挙無料配信という素晴らしいイベントがあったときに初めて全部見たんですが、そのときから

「エレボス!ワーラーカーレーンへ帰るぞ!」

・・・というクライマックスのシーンでは涙がブワッとあふれてきちゃうんですね。あれは漠然と見ていただけでは分からないような作りになっている。
 ただ、今は3月末に出版される新装小説版『リーンの翼』を読むことを一番の楽しみにして待っているところなので、アニメ版を何度も見ておくべきなのか、逆に少し忘れるようにしておくべきなのか、ちょっと考え中・・・。

「富野アニメの不思議力は、何故かいつも思うに任せない」

 『リーンの翼』を見ていると、富野アニメの魅力がぎゅっと詰まってると思うのです。なので、近ごろちょっと思ったのが、このこと。
 オリハルコン(トリトン)、ムートロン(ライディーン)、ニュータイプ(ガンダム)、イデ(イデオン)、オーラ力(ダンバイン)、・・・。物語の世界観を作り出すのに便利なアイテムとしての不思議な力のあれこれなんですが、何故かいつも思うに任せないことが多いんじゃないかと。
 そして実在のエネルギーとしての核兵器もそんな感じ。
 オカルトな人なのか、科学的なのかということなんだけど。要は真面目なんだよね・・・。
 こういう話題はTOMMYさんなんかのほうが、きっと面白く書けるんじゃないかと思ったり。

マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック

「マイマイ新子と千年の魔法」が横浜で上映中なんだそうだ!

 情報が遅れてしまいました。これだからもう・・・。

「コ・・・コスモ・・・。俺たちは・・・やることがすべて遅すぎたのかもしれん。」

 ともかく、この作品はチャンスがあるときに映画館で見とくべき。(今の調子ではDVD化されないかもしれないという話。)上質の作品なので、絶対にオススメ。

 私の感想はこちらです。

続きを読む
スポンサーサイト