いまだに総括しきれない「松本零士ブーム」の時代 

[2009/11/25] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 えらく間隔が空いてしまいましたが、どうもこの間もPSB1981さんとの世代差トークはずっと頭の中に残っていて。普遍性のあるオープンな表現を保つのはあちらで引き受けてくださっているので、私のほうはそれをいいことに個人的な感懐をダダ漏れに語らせていただける。(ぉぃ

  • 松本零士への失望と西崎義展プロデューサーへの反発
  • ビジネスへの反発
  • 草の根運動
  • 底辺
  • イデオロギーへの嫌悪
  • うる星やつら(80年代)
  • マニアとオタクの差異

私は、ここから囚人022さんが青春を過ごしたあの時代の、時代精神のようなもの=なぜ松本零士ブームやアニメブームがあり、その先、ある意味、頂点にガンダムがあったのか、が読み取れるんじゃないかと思います。そして、そこに今日のオタク文化の雛形、原型を見出すことができるのではないかと思います。

 前の記事を読んで、こういう風に思われたとのことで、ちょっと話が大きいんで焦りますが(苦笑)、何かのサンプルにしていただけるのは幸いです。

 「学生運動」は私の中高生時代には、もうほとんど見られませんでしたが、そういう反動なのか「受験戦争」を勝ち抜くことだけを目指す「管理教育」は強まっており、さらにその反動で「校内暴力」が問題になっていたような時代でした。『3年B組金八先生』の時代と言えば、分かりやすいでしょうか。体育教師は竹刀をぶら下げて校内をうろついていましたね(笑)。
 ああ、そうか。私はのほほんとしていたほうなので、「夜の校舎 窓ガラス 壊して回った」りはしませんでしたが、尾崎豊と同世代というほうが、若い人にもより分かりやすいかも。「組織」への嫌悪というのは意識してましたが、イデオロギーとか高度経済成長とかは、当時はよく分かってなかったような気がします。

当時の若者は松本零士作品やあしたのジョーの、何に熱狂したのか。それはおそらくは、松本零士の戦争まんがや、あしたのジョーの中で描かれた「たった一人で、理屈じゃない闘いに挑み、そして負けてゆく男の美学」でしょう。

〈ANIMEX1300 Song Collection シリーズ〉(7)宇宙海賊キャプテンハーロック

 なるほど尾崎豊なんかも同じようなところに根ざしていたのかもしれないですね。ただ、少し繰り返しになりますが、『あしたのジョー』にしても松本零士の『宇宙海賊キャプテンハーロック』にしても、原作マンガはストレートにそれでしたが、アニメの製作者たち(出崎統だったり、りんたろう&上原正三だったり)には原作に対する批評性のようなものがあった。そこの些細な違いは、私には重要なことだったように思われます。

 機会がありましたら、『キャプテンハーロック』(TV版)はぜひ見てみてください。まったくPSB1981さんが言われるとおり、ほとんど戯画的なまでに「豊かで平和な時代に背を向けて、たった一人で理屈じゃない戦いに挑んでいく男」のストーリーです。

 あれ、今から思えば大人の事情がありありと分かるけど、アニメでは宇宙戦闘機のしょぼいメカアクション(「エアーダッシュ!」ってコマーシャルを、何故かトラウマ的に覚えている・・・)なんかを追加させられて、普通に不出来な作品だったようにも思います。ただ、マンガのほうでは(案の定)完結できなかったストーリーになんとか(?)結末を付けるなど、物語的には、苦しいなりにアニメスタッフは頑張っていたんだろうなぁ。

続きを読む
スポンサーサイト



『リング・オブ・ガンダム』を、ヒット作にするためには! 

[2009/11/20] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 書きかけている記事がいくつもあるんですが、いつもお世話になっているkaito2198さんが全力で『Ring of Gundam』応援記事を連載しておられるので、ちょっと反応してみます。話し相手がいるほうがいいんじゃないかな、と。

 富野由悠季ファン待望の『リング・オブ・ガンダム』への期待ということで、これはたぶん富野監督への提言というよりも、この作品をプロデュースすることになる誰かの背中を、「こうすれば売れる!(かも)」という感じでググッと押そうという力技の記事のようにお見受けしました。

 私はあくまで「観客」だと自分の立場を定義してますんで、これからの作品については「面白ければいいな!」と希望するばかりですが、kaitoさんの個々のお話には興味深いものがあるので、世の中の受け取り方からは遠いかもしれないオールドファンのたわごとですが、個人的に思ったことを書き留めてみます。

キャラクターとメカのデザインについて

  • 富野作品においては、キャラクターの造形は作品内容や作劇・演出に決定的な影響を与えない
超合金魂 GX-36 伝説巨神 イデオン

 これは同感です。それを強く思うのは、むしろメカのほうですね。あのイデオンのデザインを見ろってぐらいで、オモチャオモチャしたデザインを逆手に取れる富野監督の足腰の強靭さは凄いですよね。プロデューサーの立場で作品が「ヒットする」ことを前提にしたときに、富野監督ならではのこだわりを我慢していただくとすれば、まずはこの部分かもしれません。(監督、ごめんなさい。監督の理想をスポンサーが正しく理解するまでには、まだまだ時間がかかると思うのです。)

∀ガンダム ― オリジナル・サウンドトラック 1

 一方のキャラクターデザインについても、『ブレンパワード』のいのまたキャラをはじめてみた時は私もビックリ(笑)したものですが、それでも今ではブレンほど好きな作品はありませんから、監督の力ならどうにでもできるというのには同意。ただ富野作品の本質は人間ドラマですので、個人的意見としては、ここはメカよりもこだわりを残したいところです。
 先日、秋葉原であったあきまんさんの個展を私は見ることが出来なかったんですけど、油彩画で描かれた『∀ガンダム』のキャラクターの絵画を(ネット上でですけど)見せていただいて、人間味のニュアンスが豊富な富野アニメの人物を描くのには、こういうセンスがふさわしいのだなぁと強く感じました。(アニメ絵らしいマンガ絵、ペン画的なタッチより、他の例で言えばガンダムの安彦さんの水彩画の筆で描いた味わいが合っていたとか、そんな印象論です。)
 ストーリーとのマッチングから言えば、骨格のしっかりとした湖川キャラもベストマッチだったのですが、既に目に馴染みすぎてるという判断があるのならば、やっぱりキングゲイナーで抜擢された中村嘉宏さんの絵には、(例えラフ画でも)「いいなぁ!」と感じさせる力がありますよね。

CGについて

  • これはキャラクターデザインにも絡む問題で、実写の役者をベースにしたキャラクターとはいえ、人物の動き方や演技などと比べますと、顔と表情は明らかに圧倒的に物足りなかった

 そういうわけで、短編フィルム『リング・オブ・ガンダム』で、精一杯ファンの目補正をかけても、ちょっとどうかなーと思わざるを得なかったのはCGキャラクターの「表情」という指摘にも遺憾ながら同感(笑)。
 ただ、まあ、同じく富野ファン補正のかかっている頭で判断すると、あれは毎度何かと「モルモット部隊」にされる(新しいものへの挑戦者とも言う)富野監督に背負わされた十字架だったような気もします。モデルは売り出し中のイケメンライダーとグラビアアイドルかもしれないけど、アニメとしてはあのままじゃ残念ながら売れ筋にはなりにくいというのは、エンディングで中村さんのラフ画を見せているあたり、監督自身も問題点として承知しているのかな、と思っていたりします。

続きを読む

「松本零士ブーム」から「機動戦士ガンダムの時代」へ 

[2009/11/06] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 PSB1981さんとの対話からはじまった、この記事の続きです。私のほうの発言を書くとか言いながら、あまりそうなってないですし。(笑)

 松本零士ブームって何だったのか。私だってリアル中坊だった時代のことです。前の記事で引いたようなアニメ様のように冷静な視点はないんですが、当時のぬるーいアニメファンのレベルでの実感で言うと、アニメの情報も知識もほとんどない中で、「アニメの作者」=「原作マンガの作者」というありがちな勘違いが基本的にはありました。それが第一点。

宇宙戦艦ヤマト【劇場版】 [DVD]

 あと、『宇宙戦艦ヤマト』の続編商法が余りにお粗末で、ビジネス的なやり口のあからさまだった西崎義展プロデューサーへの反発が、ヤマト以後のアニメファンのやり場のない気持ちを、松本零士への追い風にしていたということもあったかもしれません。

 私はヤマト以前から、松本零士の「戦場まんがシリーズ」が大好きな子どもでした。彼の描くメカは(「アルカディア号」をはじめ)とにかくカッコよかったんです。
 ですが、本業であるはずのまんがのほうで、読み切り短編はともかく長編シリーズは、どの作品も中途半端に完結しないのを見ていくにつれ、「・・・?」という気持ちが生じてきたことを実によく覚えています。今の人には笑われるでしょうが、アニメというのは漫画家が実際作ってるわけじゃないらしいよということを知るのは、もう少し後になってからのこと

旅立ちは描けても帰途のビジョンがない。999があんなに長旅だったのも頷けます。できることなら永遠に旅を続けていたかったはずです。あれは、覚めぬ夢の話です。いつまでも覚めぬ夢にたゆとうていたい、そのための揺りかごの話なんです。成長譚じゃないんですよ。あれはむしろ、ドラえもんやサザエさんの延長線にある。

 これはバルタザールさんからいただいた言葉ですが、全く同感です。「遠く時の環が接するところ」って殺し文句で、どこまでも無限にループしちゃう。(笑)

 松本零士という人は、今だったら世界観を作るコンセプターとか、そんな感じでしょうか。もっともそれも、同じパターンの繰り返しばかりではあるんですが、(愛憎入り混じった言い方ですけど)たしかに癖になりそうな、変な味のある作家ではありました。

 ところで、当時のことを振り返って言うのに、オッサンたる私は“「底辺」にいたぬるーいアニメファン”というようにしか自分の立場を説明できないのですが、それは若いPSB1981さんに言わせると、「底辺も何も、全部『消費者』として、ひと括りでいいのでは?」とひっかかるそうなんですね。

まあ当時はクリエイターに近いファンも多かったでしょうし、ファンも知識を競うようなところがあったので、ヒエラルキーがあったのかもしれないですが、「底辺」という響きには、単なる消費行為の中に、抵抗の物語を呼び込もうとしているようなニュアンスがあって、そこが不思議な感じがします。

もっとも、アニメ新世紀宣言とか見ると、そういう(抵抗の)物語(フィクション)としてアニメブームがあったんだなぁ、と思わせられますが。

・・・とのご指摘でほとんど間違いはないのですが。よく考えてみれば、「抵抗の物語」というものはたしかにありました。いや、あったような気がするというべきか。
 そこに物語はあったんだけど、それが(仕組まれた)フィクションに乗せられただけだったのか、敗北戦だったのかというあたりの話になるんでしょうかねぇ。w

続きを読む

むかしむかし、「松本零士ブーム」というのがありました 

[2009/11/02] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 某所でPSB1981さんとちょっと面白い対話があったので、ブログに転載しようかなーと思っていたら、思いは同じだったようなので、応答するような感じで私のほうのパートの発言を書いておきます。(すぐに書くつもりがだらだら長くなってタイミングを逸してしまい申し訳ない。)

銀河鉄道999 (劇場版) [DVD]

 PSB1981さんは私よりずっと若いんですけど、
 「子供のころ銀河鉄道999が嫌だったなー」
 「メーテル嫌い、っていうか怖いんだよ。。」
・・・ってつぶやいておられたんで、
 「テレビ版はそうでしたね。あれ、映画版と違って鉄郎が子どもだからそう感じたのかなぁ。」
・・・と合いの手を入れたら、
 「映画版は鉄郎子供じゃないんですか?」
・・・というリアクション。(!)
 劇場版『銀河鉄道999』というのは、(例えば宮崎アニメなんかと同じぐらいのレベルで)わりと誰でも見たことのあるタイトルだと思っていたので、すでに歴史のかなたに去っていっていることにびっくり。(まさに「さらば、少年の日よ。」)

 それで「あの松本零士ブームってのは何だったのか、誰か目の覚めるような解説を書いてくれないかなー」と私がぼやいたところ、PSB1981さんがリンク先の記事のようなことを書いてくださったというような流れです。

明らかに高度消費社会を前提にしなければ成立しえない当時のサブカルの中で描かれる、世の中(高度消費社会)に敗れ去る(ことを選択する)男の美学(スノビズム)と、それを消費する(プレ)オタクみたいな。

>消費社会への敗北
この辺りの感覚は、村上春樹の初期作品を読むと(頭で)理解できます。

ねじれ、というのは、そんな村上作品が、80年代においてスタイリッシュなオシャレ小説(プチインテリや都会人の自意識の受け皿)として消費されていったという点ですね。

世の中に取り残され、敗北してゆくジョーや松本マンガの中の男(の美学)が、女子供のメディアであるマンガやアニメに乗っかって、高度消費社会到来後にブームを巻き起こした、というのも同じだと思います。

 もう少し前段のところでこういうお話もあって、それで宇野常寛さんなら「安全に痛い」と表現するだろうと言われたのに、ひどく納得が行ってしまって。とぼけた感想なんですが、「エヴァンゲリオン的な読み方」ですね、と思わず言っちゃいました。
 これは文句でもなんでもなくて、長い間、「あれは一体なんだったんだろう?」と思ってきたことが、こういう読み方で「なるほど」と思えるのだから、なるほどエヴァンゲリオンはアニメの批評を進歩させたんでしょうねー。

続きを読む