何度でも観ましょう!『リング・オブ・ガンダム』 9月21日まで! 

[2009/09/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 富野由悠季監督の待望の新作フィルムであるから。たとえ5分ほどの予告編めいた短編であっても、この目にできることはうれしいし、何度も繰り返して観てしまっています。

 音楽のことはよく分からないなりに菅野よう子の音楽が凄いなと思ってましたが、繰り返し聞いているうち、冒頭から最後まで、ほぼ完全にひとつの曲として通っている感じがしてきました。これ、音楽だけのバージョンっていうのも聴いてみたいぐらい。
 っていうか、ドラマの盛り上がりと曲調の盛り上がりが本当に見事にシンクロしていて、絵があって曲を作ったのか、曲にあわせて絵を作ったのか、そんなことも不思議に思ったり。

 主人公エイジィを演じている(3DCGのモデルでもある)川岡大次郎さんは『仮面ライダーディケイド』なんかにも出ている役者さんらしいです。イケメンライダーですな。w

次世代の新機軸ガンダム「Ring of GUNUDAM」のキャラクターの声と動きを演じてます。 僕とほぼ同い年のガンダム。 俳優として、今、こういう形で、ガンダムに関わる事ができて光栄です。

 ヒロインのユリアを演じている平田裕香さんは『獣拳戦隊ゲキレンジャー』で、悪のヒロインを演じられたそうです。画像検索をするとびっくり(笑)しますが、グラビアアイドルとしても活躍中だそうです。

ガンダム 30周年記念作品【リング オブ ガンダム】 に関わらせていただきました☆ あのガンダムの生みの親、富野由悠季原作・総監督で、 音楽は大好きな菅野ようこさん。 その他にも、豪華スタッフ陣

リングオブガンダム、 ただいまインターネットで公開されているんですってよ! 短い時間だけど、すんごい世界観があって、想像を膨らませるとどこまでも広がっていきます。 見てみてくださいな☆

 ふふふ(笑)、芸能人の方のブログなんて、初めて読ませていただきましたよ。

 あと、私はアニメファンなんですけど、声優さんにはちっとも詳しくないので、ビューティメモリーの声を演じられた小清水亜美さんが、『エウレカセブン』のアネモネちゃんで、『コードギアス』の紅月カレンで、『狼と香辛料』のホロだと知って、ビックリしちゃいました。(無知でゴメンなさい!)

 サウンド面では、富野監督も「天才」とシャッポを脱ぐ菅野さんの音楽が、もうそれだけで世界観を作っていて。そこへ物語が乗っかっていくというか、絡んでいくというか、拮抗しようと立ち上がってくるというか。いわゆる「富野節」というのも、耳から入ってきたときの音の切れとかリズムとか、そういうものでもありますし。
 流れがギクシャクしていると地の文でベタベタに説明しないと表現は伝わらないんですが、「本線の情」にすーっと乗っていれば、むしろテンポが重要なんだと思います。「予告編」ではなく短編アニメーションと考えれば、当然のように内容は象徴的なものになりますし。(まあ『ガンダム』と思って見に行ったらアートアニメーション的なものであれば、戸惑うこともあるでしょうけど。)

続きを読む
スポンサーサイト



毎日観ましょう!『リング・オブ・ガンダム』 9月21日まで GyaO! ですよ 

[2009/09/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

「リング・オブ・ガンダム」タイトル 「リング・オブ・ガンダム」

 いや、夏休み『機動戦士ガンダム』強化キャンペーン期間みたいに、毎日感想は書かないですけどね。w
 でも5分ほどの番組なんで、毎日観ても別に苦にならないし、むしろ見始めると何回も繰り返してみちゃう。

 GyaO!はYahoo!と統合したんで放映方式が変わったみたいで、今のところ全画面での動画表示が出来ないのはアレですが、今日気がついたんですけどインターネットエクスプローラー以外でも再生できますね。海外からは駄目なんだとkaito2198さんが嘆いておられましたが、マックではどうなんでしょう?そのへんの障害が少なくなるのは、話題にしやすくてうれしい変化です。(My GyaOの機能も不便になったかと思ったけど、よくなったところもあるみたい。)

 まあたかだか5分ほどの番組だから仕方ないのかもしれないんですが、GyaO!アニメのトップページの画面で『リング・オブ・ガンダム』の告知が何もないのが苛々っと(笑)。ただランキングを見ると今日現在で『時をかける少女』に続いて第2位ですね。たしかに『時かけ』は、ええっもうやるんだっていう感じで私もビックリしました。リニューアル記念の目玉作品って感じでしょうか。(『サマーウォーズ』の話題は少し熱が冷めてきたみたいですが、細田監督にはなんとなく関心を持っているし、私もついつい観ちゃいましたよ。w)

 でも今は『リング・オブ・ガンダム』のほうが先だな。「何が何だか・・・」みたいな感想もネットで散見するので、(わざわざ平凡につまらなくしているようなものですが、)この映像の断片から読める物語を自分なりに整理して書いてみたりもしました。

 「ビューティフルメモリー」は人類救済のヒントを秘め、コクーン(繭)の中に眠る。そこには人類の記憶の全てが封じ込められているとも言われる。その解析のためには、「アムロの遺産」を「リング」にせよ。メモリーは、主人公エイジィにそう語った。

 エイジィは、発掘に成功した(らしい)メモリーのコクーンと「アムロの遺産」とをつなげるため、ヒロイン、ユリアらのいたリングコロニーへと上がってきた。月軌道に浮かぶ巨大なリング。そこにはRX78ガンダムに似たモビルスーツが眠っていた。
 起動したガンダムはモビルスーツ隊と交戦し、その爆発はリングの一部を破壊する。「ああ、また起こった・・・」という哀しげなメモリーの声がする。

 「でも、人はいつか、アムロの遺産とリンクして、地球の記憶の全てを、新しい地球に、送り届けられます・・・絶望しなければね・・・」

続きを読む

みんなで観ましょう!『リング・オブ・ガンダム』 9月21日まで GyaO! ですよ 

[2009/09/08] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(6) | TOP ▲

 何はともあれ、みんなで観ましょう。先月東京で開かれていた「GUNDAM BIG EXPO」で公開されていた、あの富野由悠季監督の最新の映像作品『Ring of Gundam』ですよ!9月21日までの期間限定無料配信だそうですよ!

 オールCGの画面が見慣れないし、全部でも5分半ほどの短い映像ですけど、セリフの感じなんかは間違いなく富野節(笑)。この短さの意味がよく分からないんですけど、来るべき新作の予告編だったら嬉しいなと思いつつ、パイロットフィルム的な位置づけで、世間の反応次第で今後の扱いが決まるんだったらどうしようとか、何か勝手に舞い上がっちゃってます。

 3DCGのことはあんまり知らないんですけど、これって技術的にはどうなんでしょう、実際の役者さんの表情を元にするなんてのは前からあったような気はしますよね。

 ちなみに主人公のエイジィとヒロインのユリアのモデルの役者さん(もちろん今回の声優でもある)はこんな顔立ちの方々だそうです。

 3DCGのほうを担当した「ロボット」という会社はこんなところだそうです。

 オスカーを受賞した短編アニメ「つみきのいえ」なんかにも関わっていたんだそう。

 縁結びの神様の役を果たしたのは、やっぱりこの方なんでしょう。

 閑話休題。とにかく『Ring of Gundam』の長編化アナウンスを早く聞きたいので、これからどんどん話題にしていきたいと思います。CGもそのうち見慣れると思うんですよね。(私なんて作画にはあまり恵まれなかった時代の富野アニメでさえ見慣れていますし。)
 それより、この想像をかきたてるフィルムを見せられると、どんな物語なんだろうかと、ワクワクせずにはいられません。とにかくみんなでどんどん観ましょう!

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第49話 「生命散って」 / 第50話(最終話) 「宇宙を駆ける」 

[2009/09/03] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 テレビ版『Zガンダム』の再見日記も、ようやくラストにこぎつけることが出来ました。書きはじめたのが昨年12月ですから、何度も中断を交えながらとはいえ、足掛け10ヶ月がかりですか。w

 個人的にテレビ版の『Zガンダム』という作品にはいい印象はなかったんだということを、最初の頃にも書いていたはずですが、富野ファンですから何とか良さを見出そうと思いながらここまで見てきて、最後の最後に頓挫していたわけです。何度見直しても、この「fin」の打ち方は私には受け入れられません。ならば・・・第一印象に正直に、この作品は富野アニメの系譜の中でも最悪に近い失敗作と言わねばならないのでは、というのがこのところの苦しさでした。

 最終盤の戦局は、トンデモ兵器であるコロニーレーザーを巡る三つ巴の攻防戦。ティターンズが建造したそのグリプス2は、アクシズを経て現在はエゥーゴが掌握している。考えてみればエゥーゴは、戦略的脅威となる超兵器を守りきれない見込みが高いのならば、二度と使用できないようにそれを破壊してしまうという選択肢もあったはずです。(グラナダという急所を抱えたエゥーゴに比べ、ティターンズにもアクシズにも、“ここを撃たれては終わり”という目標はないのです。)
 なぜそういう可能性が検討されないのか。ブレックス亡き後のエゥーゴのリーダーは(曖昧ながらも)シャアですが、シャアはといえば、実はシロッコが喝破したように「その手に世界を欲しがっている」男だったからではなかったでしょうか。

 アクシズのモビルスーツ隊は、ジュピトリスの撃破を目指して発進したんですが、見境なくシャアによって掃討されています。(こういうところはちゃんと描かれているんですよね。)以後、シロッコとハマーンがシャアを集中的に叩いたのは、この男こそが危険極まりない人物と判断されたからでしょう。コロニーレーザーがついに発射されてティターンズの主力艦隊が消滅したときに、ハマーンがアクシズの艦隊を戦場から遠ざけたのは、結果から見れば非常に妥当な判断でした。事実、シャアが行方不明になった後のエゥーゴは、コロニーレーザーをそのままにして戦場から撤退していますし、この超兵器はその後の戦局に大きな影響を与えていないようです。
 バスク亡き後、コロニーレーザーに一番固執していたのはシャアであり、(やはりシロッコの指摘したとおり)それは冷静さを欠いた判断だったんでしょう。

 何でこんなことになってしまったのかと言えば。『Zガンダム』の当初の構想に従い、(劇場版として別に製作されることになった『逆襲のシャア』までを含むはずだった)本来の物語のあり方を想像するならば、主人公のカミーユが最後に倒すべきラスボスは、実はシャア・アズナブルその人だったのではなかったでしょうか。
 『逆襲のシャア』そして『ZZ』の製作を受け入れてしまった時点で、それに代わるラストが富野監督にイメージできていたのか分かりませんが、出口を見失った物語はつらいですよね・・・。

 結果として既にジャミトフもバスクもいないこの時点では、ただ戦いの亡者として戦場に留まっているようなジェリドやヤザンなどとの遭遇戦なんて、限りなく不毛な消耗戦でしかなくて。そんな中で死んでいくカツもヘンケンも、全く浮かばれません。

「こんな死に方、嬉しいのかよ。満足なのかよ。誰が、誰が喜ぶんだよ!」

 「生の感情丸出しで戦うなど」とシロッコは言うけれど、では「指導する絶対者」の資格とは何なのか。シロッコに従って戦場にいるはずのレコアを見れば、彼女とエマの戦いは「生の感情」がぶつかり合った悲劇そのものですよね。その悲劇を止めようと叫んでいるのはカミーユだけで、シロッコもハマーンも、そしてシャアも(半ば面白半分に)覇権を争っているだけ。
 でもカミーユが感じたのは、もっと本源的に、生命こそが宇宙を支えている力であり、その生命をこんなふうに簡単に失っていくのは許せないということ。この感じ方から得た力をアニメ的に表現すれば(評判の芳しくない)“ハイパー化”になったということですね。こういう超常の力をガンダムで扱うのは似合わんという説には私は反対。ファーストガンダムの最後でアムロが示した洞察力だって普通に超常の力でしょう?ただそうやってケチを付けられるのは、物語の説得力が弱いんでしょう。

続きを読む