『日本動画興亡史 小説手塚学校 1 テレビアニメ誕生』 

[2009/07/29] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 とても面白かったです。『鉄腕アトム』テレビ放映はついにはじまったものの、誰もが危惧していたとおり、第4話で放映に穴をあけてしまうのか!というところまでで第1巻は終わり。このブログ的には残念ながら、まだまだ富野由悠季(っていうか、「富野喜幸」)は出てきません(笑)。
 詳しく研究しておられる方には、既知のことが多いのかもしれませんが、テレビアニメとは何か(少なくとも、どういうところからはじまったのか)ということに、関心を持つ向きには非常に参考になる、とてもよくまとまった本だと思いました。

4062155559

 巻末に13ページに及ぶ脚注。私は無精者だし、見てもわかんないから、いちいち確認しませんけど、文中での描写がどういう文献に基づいてるのか明記されてます。近い過去とはいえ、いろんな立場からいろんな証言が残ってるものだけに、どの記録をベースに書かれたものかは大事なところなんでしょう。研究者の人っていうのは大変だなーと頭が下がります。(私には絶対、真似できませんよ、こんなのは。w)
 でも、この本は研究論文タッチではなく小説仕立てなので、私のような素人には読みやすくてありがたかったです。

 皆川さんの思いは「あとがきにかえて」ということで巻末に書かれています。これ自体がよいまとめにもなってますね。“手塚治虫の物語”ではなく、彼がまいた種を育て、引き継いだ人々の群像劇。彼らの姿は「手塚流リミテッド・アニメーション」を推進した作家集団として一種の学派(School)のようでもあり、その若さゆえの無軌道ぶりは学校のサークルのようでもある。そんな意味で『手塚学校』と名づけたと。(『日本動画興亡史』という大仰な副題の意味もそこでは語られていますが、この部分は2巻以降への思いでしょうね・・・。)
 だいたい手塚先生からして、すでに売れっ子漫画家として地位を築いていたとはいえ、まだ30代。なんて若い!

 虫プロ以前のアニメ(というか「漫画映画」)の状況というのは全然知らなかったので、資本をバックにした大手・東映動画のほかに戦前から続く小さなプロダクションがいくつかあったことや、意外に大きなものだったコマーシャルフィルムの需要、そして当時のテレビに『ポパイ』など輸入物の「漫画映画」が多くあったことなど、大変興味深く読ませてもらいました。
 それら輸入物の質の低さから国産の“テレビまんが”が待ち望まれていたが、生産性と採算性の壁を前に、どの会社も製作に踏み切れずにいた状況。その中で、300人以上の社員を抱える東映動画さえも手を出さないビジネスに、社員数十人の虫プロが挑んだ無謀さ!(これはプロジェクトXですな w)

 とはいえ、彼らにもまったく考えがなかったわけではなく、強いキャラクター性と高いドラマ性で観衆を引きつければ、あまり画を動かさなくても堪えられるのではないか、という(“コロンブスの卵”的な)発想の転換があり。アニメーションでは命と考えられている“動き”を、物語の道具として限定するという「手塚流リミテッド・アニメーション」の発明がそこにはあったのでした。
 すなわち彼らは、単にテレビ放送されるアニメーションを作ったのではない。アニメーションの歴史の中に<アニメ>という新たな手法を創造したんだ、ということ。

 ストーリーとカットワークさえ優れていれば、例えば目をぱちぱちと動かすだけのカットに「驚き」という意味を与えることもできる。
 当時のテレビで人気のあった輸入もののアニメは単調なパターンの繰り返しが多く、物語的な内容が薄かったという背景も。(これ、今のアニメファンには通じる話なのか、ちょっと自信が無いけど、私はよく分かる気がします。私は年寄りなので、このへんの低俗な輸入アニメというものも何となく知ってますが、若い皆さんはご存じないかもしれないですね・・・。録画からコマ送りの静止画をべたべたネット上に貼られる時代には、通じにくい話ですか?)

続きを読む
スポンサーサイト



君は生き延びることができるか・・・ (感想メモのストック場 その1) 

[2009/07/25] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ガンダム30周年記念でバンダイチャンネルが一日一話ずつ、テレビ版『機動戦士ガンダム』全43話を放映するというイベントをやっています。ブログパーツは下記のページに設置しました。

 30年前の作品なんですけど、みんなで一斉に同じ話数を観ているというライブ感覚が楽しいので、日々少しずつ感想をメモしております。ただ、あまりに膨大になりますから、ちょっとずつバックナンバーにしておこうかという次第。

 なるべく軽く見て、軽くメモしようと思うんだけど、さらっと一筋縄ではないから何度見ても面白くて困っちゃいます。

第1話 ガンダム大地に立つ!! (7/20)

 ナレーションから冒頭の展開のかっこ良さ。何度観てもブルッとしちゃいます。(笑)
 絵には少しイタいところもありますが、30年前のアニメの水準を考えたら、この無駄なく研ぎ澄まされた展開には、スタッフがどのくらい「本気」でこれを作ったかが思われてならないですね。
 当時の熱血ヒーローたちからすると根暗と言われたアムロだけど、今見ると、やっぱり勇気と行動力のある少年だったような気がします。

第2話 ガンダム破壊命令 (7/21)

 このイベントは、みんなが一斉に同じ話数を見てるってのがいいですね。(つい何回も観ちゃうんで他のことができないのは困ります。w)
 第一話のラストと同じシーン(ムサイのミサイル発射)からはじまるんで、途切れなく続いている物語時間の流れがすごいです。ミライやセイラ、カイといったキャラクターの顔見せもそつなく的確。ただの士官候補生のブライトが、覚悟を決めて精一杯、指揮官らしく振舞ってるのが偉いなぁと思います。フラウ・ボゥなんかを見てると一生懸命役割を果たすことで、家族を亡くした哀しみを忘れようとしてたり。
 どうでもいいことですが、「当たらなければどうということはない」ってセリフのときのシャアは天地逆さの絵づらで、こういうこだわりも面白かったですね。w
 あと「変哲のない新型戦闘機か」とかのセリフも、この時点ではまだ合体を劇中で披露してないからかなー。この回はシャアとセイラを会わせるのがメインのシナリオなんでしょうけど、細かいフックがたくさんあって、はじめて見たときのことを想像すると楽しいですねー。

第3話 敵の補給艦を叩け! (7/22)

 氷川竜介さんはこの動画紹介のために別ブログを一つ作ってました(文章は以前に連載してた「ネイティブガンダム」のストックみたい)。日替わりメニューってどう紹介したらいいのか困りますよね。しかし氷川さんのとか読んじゃうと、感想に書くことなくなる・・・。
 『ガンダム』って基本は「ヤマトを倒せ!」なんですけど、こまごまとリアルな感じを前面に出してくる、このへんの話数には『ザンボット3』に引き続いて、もう少し直接的に長浜忠夫の『コンバトラーV』、『ボルテスV』なんかへの対抗意識も伺える気も。敵の「補給艦」を叩くとは、あえてヒーローらしからぬ。(笑)

第4話 ルナツー脱出作戦 (7/23)

 『鉄腕アトム』でも第4話を乗り切るのが(製作スケジュール的に)大変だったと聞きます。人物の作画はかなりヤバい第4話。でもGirGirさんによれば「第4話の戦闘シーンの作画は、金田伊功さん率いるスタジオZが担当/戦闘シーンのアングルの切り方やモビルスーツの立ち回りの面白さには目を見張るものが」とのことで、うーむ、なるほど(笑)。
 しかし“その他大勢”の人の声なんか、メインキャストが交互に当ててたりして、テレビシリーズはいろいろ楽しいです。以前も書きましたが、こういう超低予算のロボットアニメの水準から、『ガンダム』みたいな物語が立ち上がってきたことの、不思議さにまで思いを馳せれる人じゃなかったら、劇場版でやめておいたほうがいいと思いますよ、マジで。

続きを読む

情動とロジック 作家性と公共性 

[2009/07/19] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 長文のコメントをいくつもいただきましたので、本文でコメレスさせていただきます。TOMMYさんが「私の履歴書」富野アニメ体験プロフィール【前編】【後編】というような興味深い記事を書いておられたんで、私もそんなのを一回まとめてみたいんですが、こんな感じでしょっちゅう部分部分の富野アニメ体験を振り返っちゃってるんで、まとめるというと難しいんですよねー。w

ニコ子さん

>だからダンバインやイデオン、皆殺しではないけどゼータなど、「ああ分かる」って感じでした。 嫌悪感どころか共感、ですね。ところが、エヴァにはどうにも共感どころか観ることさえ拒否してしまう自分がいます。

>何でそうなのか、単に捕食シーンや人殺しシーンがイヤなのか分からないんですが、受け入れることは出来なかったんです。
それは多分昔の私と意識が変わったのでしょうね。

 このブログではよく、私よりずっと若い皆さんとお話させていただいたりするんですが、ティーンエージャーのときに観た作品には格別なものがあるというのは、否定できないですね。私の場合はイデオン発動篇に「共感」といいますか、魂を奪われた体験だけは、その後(アニメに関心を失っていた期間を含めて)繰り返し頭の中で反芻されてきた、無比のものです。

 思い出してみれば、その後太宰治とか、遠藤周作とか、青年期らしい青臭さでかぶれた作家というのはいろいろいたんですが、そういう感じ方の根っこになる部分はイデオンで育まれていた(笑)という事実は自分で否定しようもなく、厳然としてあります。

機動戦士ガンダムの時代 1981・2・22 アニメ新世紀宣言

 ただあれが当時の「アニメ新世紀宣言」とか「イデオン祭り」みたいなイベント的な時代の熱狂を伴っていたからそうなのかというと、多少はそうなのかもしれないんですけど、私はそういう第一世代オタク的なものは少し覚めた目で見ていたような記憶もあり、作品の、フィルムだけの力だけで圧倒的だったという思いがあります。

 自分の、そういう体験を踏まえて、エヴァンゲリオンに熱狂する世代の人たちの感性のあり方も理解するように努めてはいるんですが、越えがたい壁があるということも事実です。
 あるいは庵野監督は、当時むしろ距離を置こうとしていた第一世代オタク的なもの、そのものだったりしますから、そうなっているのかもしれませんね。

>他の作品ならOKでしょうが、トミノ作品はその背景を見、トミノの言葉を知らなければ理解するのは難しいと思うのです。

 んー・・・そこはどうでしょうか。昔はインターネットとかなかったし、上記のような次第で私はアニメ誌とかあまり読まない青少年でしたから、富野御大の言葉に接するようになったのは、正直な話、ここ最近のことなのです。
 自分だけの感動としては、作品さえあればよかったような感覚が私にはある(富野小説さえ遠ざけていましたから・・・)んですが、こうやってブログなんかを書くようになって、その感想を他の人と話し合うときに、どうしても微妙な差異があって、じゃあ富野監督本人は何て言ってたんだろうか・・・というような興味の持ち方のような気がしています。個人的には。

 私はアムロ・レイと同い年なので(苦笑)、今の私の歳ぐらいの時に監督は『ZZ』とか『オーラバトラー戦記』だったんだなー(参照:富野年譜)とたまに思ったりします。最近のお言葉は、聞いていてためになることもよくおっしゃっていますが、昔の発言なんかでは、けっこう読んでいても気恥ずかしかったり、アイタタタと感じるものもよくあって。
 ただ、そういうのを含めて(作品だけでなく)あの方の存在自体にちょっと感動するのは、いい大人になってしまって以降でも、真摯に生きていれば人間っていうのは成長できるんだなーと勇気付けられる好例というのが、実はあったりします。

続きを読む

“神の手”考 ― 「皆殺しのトミノ」は手塚治虫の直系の子孫 

[2009/07/15] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 諸事多忙で、なかなか更新できないでいます。過去記事へコメントいただいても、なかなかレスできなかったりして、いつも申し訳なく思っているんですが、『聖戦士ダンバイン』最終話の感想にいただいたコメントが、ちょうど今、考えていたことを記事にするきっかけになりました。

確かに地上に上がってからはグタグタ感があった。
しかし最終回が良かったので何も言う事はない
印象的な最終回でした。

ダイゴさんのコメント

理由はわかりませんが…最後の方で空母の艦長が「あれは…人のオーラが放つ光だ」というあたりから、優しい曲が流れる中、もうショウもマーベルもニーも… バーンも、いないんだと思うと胸が詰まってしまうんですよ。やはりどうしても忘れられない作品の一つです…私にとっても多分、バイストンウェルは…あの頃のバイストンウェルこそが、心のふるさとかも知れません。

通りすがりのコモンさんのコメント

 ウェルメイドに形式が整っているからといって「どうしても忘れられない作品」になるとは限らないんですよね。「最終回が良かったので何も言う事はない」というのも、そういうことでしょう。
 しかし、そう何度も皆でよってたかって「ぐだぐだ」って言わなくても、もう分かっていますから、まあいいじゃないですか。(笑)

日本動画興亡史 小説手塚学校 1 ~テレビアニメ誕生~

 で、ちょっと違う話題なんですけど、今、皆川有伽の『小説手塚学校』を読んでおります。その中に手塚治虫の『ある街角の物語』を見て、宮崎駿は手塚ファンをやめたというエピソードが載っていました。
 これがリミテッドアニメだからというんではなくて、「終末の美」を描いた悲劇的なラストに「神の手」を感じたのが許せなかったというんですよ。

 初期のストーリーボードでは、どうも物語の結末にもう少し救いがあったらしいんですね。それを「戦中派のセンチメンタリズム」と指摘した人があって、これを聞いた手塚先生は興奮し、『じゃ、全部殺しましょう。(登場人物を)全員殺しましょう』ということになったそうです。「そうすればリアリズムになりますから」と。
 お分かりかと思いますが、この部分を読んだ瞬間に、私なんかは、やっぱり富野由悠季は手塚治虫の直系の子孫なのかもしれないな!と思ってしまっているというわけです。(笑)

 この部分で皆川さんが“神の手”という言葉の位相をずらしながら使っているんで、流し読んでいたら一瞬「おや?」とひっかかったのでありました。

 「全員殺しましょう」という結末のほうが手塚にとってはリアリズムであって、それを救わなくちゃとするのは「戦中派のセンチメンタリズム」でなければ、ディズニーアニメのような「児童文学的」性格なんだけど、それこそ(手塚にとっての)“神の手”だと。

 ところが宮崎駿は悲劇的な結末をみたときに「背筋が寒くなって非常に嫌な感じ」を覚えたというんですね。 「意識的に終末の美を描いて、それで感動させようという手塚治虫の“神の手”を感じました」と。

 何が作家の「神の手」なのかという感じ方が、ここで逆の位相を示している。

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第47話 「宇宙の渦」 ・・・トミノ濃度が高すぎます w 

[2009/07/09] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

  • 「エゥーゴとティターンズの潰し合い」で漁夫の利を得ようとするアクシズ。その構図をさらに高みから見物するシロッコ、という入れ子構造。
    • ハマーンは何を思ってザビ家の再興にこだわっていたのか。単に立ち位置から来た方便か?
    • シロッコにはどういうヴィジョンがあったのか?

 いちおうメモしとく。『Zガンダム』テレビ版最終巻感想のひどいスタブ。感想の体をなさない。この際、なさなくてもいいや。w

機動戦士Zガンダム 13 [DVD]

第47話 宇宙の渦

  • 「ちゃんと戻って来いよ、カミーユ」「カミーユのこと心配なんだ」
    • シンタとクムのすっげぇフラグ立て。まるでもうアーガマに帰ってこないんじゃないかという勢い。(今回は無事に帰ってくるよ。今回は、ね。)
  • ブライトは「メール・シュトローム作戦の陽動」と言ってるけど、カミーユ単独先行の任務内容はハマーンの狙撃っぽい。艦隊戦は押せる、と予想→ハマーン出てくる(これはヤバい)→先手を取る(狙撃失敗でも最悪足止め可能)というような感じかな。
    • この辺の段取りを容赦なく略すのが、富野アニメらしい不親切なところ(笑)。
  • 「サラの仇は、僕が取らなければ」というカツの暴走は、ありがちな自己正当化で、それはまあいいか。(引き金を引いたのは自分だから、八つ当たりというものなんだが。)
  • 「なんだ、メタスも?」というほうは、そう単純じゃなくて、「カミーユのこと心配なんだ」「えっ、どういうことなの?」の後が略されてる。(実に富野アニメらしい、奥の深い不親切設計 w)
    • こういうのは、謎解きアニメみたいな意地悪さとは違って、答えはちゃんと作品の中にある。ただ分かりにくいのは間違いないですね。
  • 計画を狂わせるカツとファの行動なんだけど、「構うことはない、カミーユがうまくやる」というブライトの信頼。(カツのGディフェンサーはアクシズに「モビルアーマー」と誤認されたり、たしかに結果オーライっぽい。こういう柔軟性も他の監督のアニメにはあんまりないところかも。w)
  • ここ重要。「憎いから、戦えるんだろ」とわめくカツを制止しようとするカミーユだけど、「カツを制止するように、カミーユは自分のことを制止できて?」というファの問いかけ。これはキツいよなぁ。
    • 「えっ、どういうことなの?」の後にあった会話はこれだったんでしょう。だから「カミーユのこと心配なんだ」と、たぶんそういうことですね。
  • アクシズの兵は実戦慣れしていないとか、メール・シュトローム作戦って何かとか、そのへんはこまめな説明ですな。
  • それでカミーユの殺気はハマーンにはバレバレなんだけど、ミネバもそれを察していて。この子の感覚の鋭さは前にも描写されていたけど、ただのお姫様じゃない。
    • ハマーンとの会話で面白いのは、「いざとなればシャアが協力してくれましょう」「シャアか!頼りになる男だ」というくだり。シャアが好きなミネバをなだめるのに持ち出しただけか、そこにハマーンの願望も入っていたのか。こうまで察しのいいミネバは口先だけで騙せる相手じゃないよね、たぶん。
続きを読む