スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第36話「永遠のフォウ」 

[2009/03/31] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(6) | TOP ▲

 『Zガンダム』のテレビ版を見直し始めて、しばらく経って思ったのは、ファ・ユイリィがひたすら走り続ける、あのエンディングのことです。

 その昔はただ単調で退屈なEDだと思っていました。だけど劇場版の『新訳Z』を経てきて、久しぶりにこの映像を見たら、山場の「♪ ああ 傷つけあう前に できること探して PLEASE」のところで、ファの広げた腕の中に飛び込んでくるカミーユの、ごく短いワンカットを見て、思わず“じーん”としてしまいました。何てことはない、『星の鼓動は愛』のラストとそれが重なっているという、それだけのことですけどね。

 『映像の原則』を読んでいても、実はそのことを思い出していたのですが、ファは舞台で言えば下手(画面左側)から上手(画面右側)に向かって走り続けています。この「下手→上手」の方向で統一された映像は、「上昇志向を喚起してくれて期待を抱かせるが、いつも力強く、厳しいという印象を植えつけるだけで、あまり長く見せられると疲れます」という性質だと書かれています。何て言うか・・・これぞ、まさに『Zガンダム』の物語を象徴する映像だったのかもしれませんね? w
 もうひとつ言うと、真横からのアングルのような絵は、解説図のような性格があるので「物語の映像世界では、原則的につかってはならない」ものだとも書かれています。斧谷稔(=富野由悠季)による、このEDは、(ひいてはこの作品自体が、)かなりの確信犯だったのだなぁと痛感させられました。

 ここでのファ・ユイリィというのは、単に主人公カミーユのガールフレンドというのではなくて、困難に満ちたカミーユの物語、彼が最終的に帰るべき場所へ迎え入れられるまでのすべてを見つめ続ける、いわば私たち観衆の代表でもあるのでしょう。その役割ゆえに彼女は特別なヒロインであり、物語がスタートした時点から、本来そのシーンにたどり着くべく構想されていたはずの物語は、気が遠くなるような時間を経て『新訳Z』でようやく、それを果たすことができたのではなかったでしょうか。

 オンエア当時、あまり熱心な『Zガンダム』の視聴者ではなかった私は、フォウ・ムラサメというキャラクターにそれほど深い思い入れはないんですね。
 いったん(それも感動的に)死んだかに見えたキャラクターが、「実は生きてました」という展開は、『宇宙戦艦ヤマト 完結篇』で沖田艦長がよみがえったときに、自分の中で何か大切なものがガラガラと音を立てて崩れ去って以来(笑)、大の苦手でもあります。
 36話「永遠のフォウ」と37話「ダカールの日」とは、劇場版『新訳Z』では取り上げられなかったエピソードで、テレビ版の熱烈なファンの間からは、“あんな重要なパートを何故!?”という声も出ていたところでもあるのですが、ゲームじゃあるまいしフォウ生存エンディングなんてものはあり得ないし、あっちゃあならない。となれば、好きなキャラクターであればあるほど、ご丁寧に二度も殺されなくったっていいじゃないかと思ったりもするんですよ。映画の短い尺の中であれば、なおさらでしょう。
 特にこのフォウって子は、強化人間ってことだけど、メンタルをやられちゃってる子という意味では思いのほか身近な感じもあって、見ていると本当に痛々しい。

 そこへ持ってきてカミーユとの悪因縁がどうしようもなくこじれてしまっているジェリドが登場してきてしまっては、「うひゃぁー」と思わざるを得ない。こいつももう、カミーユと見れば戦いの中で戦いを忘れてしまって能率悪いことこの上もない行動パターンしか取れなくなっています。(しかし、敵とはいえ松葉杖を突いている相手を思い切り崖下へ突き落とすカミーユにはビックリしましたよ。 w)

 こう悪い要素が重なれば、こうしかならないというフォウの悲劇は、まあアレとして。このところのクワトロとカミーユの断絶が、ここで決定的になるエピソードとして、今回は印象に残りました。
 宇宙からたまたま降りてきてしまったばかりのクワトロにキリマンジャロ攻略の指揮権が委ねられるんですけど、フォウのことで頭がいっぱいのカミーユは「あてにならない」と突き放す。「これは戦争だぞ」と言ってみてもカミーユに伝わるわけがないじゃないですか。まあ、こんなふうだから、後に『逆襲のシャア』では、彼自身が“強化人間”を戦場に投入してくるわけですね。
 「戦士は生きている限り、戦わねばならんのだ」というセリフはかっこよく聞こえるけど、むやみにそういうふうであるから、アムロが言う「人は同じ過ちを繰り返す」というメビウスの輪から抜けられないんだって。
 カミーユが「あなたはシャア・アズナブルに戻らなくてはいけないんです」と最後に言うのは、次回「ダカールの日」への前振りでもありますが、これはある意味ではカミーユのほうからクワトロを突き放した一言だったとも言えるんじゃないかな。

 劇場版では、カミーユからのこれはなかったというか、クワトロが一人で勝手に自分の世界に行っちゃってたような気がしますね。その差は案外大きいのかも。
 このカミーユとクワトロの二度目の地球降下全体が、『ZZ』製作決定で引き延ばされた『Z』後半エピソードの一環なのかなと思うんですが、フォウの悲劇二周目、ジェリドとの悪因縁の泥沼化、そしてクワトロとの決定的断絶というすべてが、“本来、最終的にカミーユがたどり着くべきだったラスト”に物語が行き着きようをなくしてしまう、フラグ立てになってしまったような気がします。

続きを読む
スポンサーサイト

『キャシャーンSins』 最終回直前の話など あれやこれ w 

[2009/03/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(6) | TOP ▲

 何とか生きております。毎日は更新できないので、近況を簡単に書いておくと、・・・ともかく疲れ果てています。とりあえず、最近はそんな感じ。(笑)

 いくつか、ようやくフォローだけしていた現在進行形のアニメもやがて最終回を迎えるシーズンですけど、何ていうか言葉を失ってしまうものが多くて。特に『鉄のラインバレル』の最後何話かにはビックリしちゃいました。あれは私の脳内ではある意味、“大リーグボール三号”だったと私は思います。(分かるかなー?)そのぐらいしか言葉が出てきません。

映像の原則―ビギナーからプロまでのコンテ主義 (キネ旬ムック)

 一日に、ほんの何ページかずつ(へたをすれば1ページ以下の日もありますが)富野由悠季『映像の原則』を読み、ネット配信のアニメを流れてしまう前に見て、最低限の巡回をしたら、もうまぶたがくっついてきちゃうんですよね・・・。
 ああ、そういえば今年、今まで生きてきてはじめて“花粉症”というものになりました。正直、なってみるまでは「たかが花粉のアレルギーで何を大げさな・・・」と思っていましたよ。なってみて、はじめて分かる。うーん、シャレにならんツラいもんですねー。w

 ってなことで、『キャシャーンSins』は16話までの感想をメモしてありましたか。

 これ、『キャシャーンSins』の製作現場の話がけっこう載っていて興味深かったです。「その2」を読むと、“貞子”出現でビックリ(笑)した第18話「生きた時これからの時間」は、第6話「運命との再会」と第7話「高い塔の女」の間に入るエピソードとして当初考えられていたみたいですね。前半の一話完結っぽい感じがありましたから、何となく納得です。
 リューズの気持ちの変化具合を考えると、たしかに今の位置に来たほうがしっくりしているんですけど、後半はストーリーをぐいぐい進めていっていましたから、シリーズ構成としてはここでブツッと流れを断ち切られた感じは違和感ありありでした。アニメーション的に変わった表現を試みたことよりも、そっちが実は強かったのは、どうも「理由あり」の製作事情だったせいのようですね。

 しかし、作画がどうのこうのでネット界隈が賑やかだった『鉄腕バーディ』の例の回も見ましたけど、個人的には「あれぐらいどうだって言うんだ?」って感じでした。やっぱり(私は読んだことがありませんが)コミック原作があるとキャラクターの表現についての感じ方も窮屈になるんですかね。あの作品は普通に流して見ていますけど、ごく普通に面白いです。
 それでも野心的なアニメーションということでは『Sins』のほうが興味深かったと思いますが、私の低いアンテナ感度では、こっちについては大して感想も目にしなかったので、ちょっと残念。人気イマイチなんでしょうか、『キャシャーンSins』は。

 『バーディ』でも、今回の映像的な表現が成功しているかどうかと、そうした試みを入れてくることの是非は分けて考えるべきだという冷静な意見がありましたね。当然、賛成です。
 で、あっちのほうは、ある程度は意識して見てたんですけど、ビックリして騒ぐほど表現として浮いてる気はしなかったんですよ。過大に評価もしないけど、非難する気持ちは全然分からない。
 一方の『Sins』の“貞子”ですけど、前半の第7話であの映像を見ていたら面白かっただろうなと思います。後半のあの位置で見てしまったので、浮いてしまったなぁと感じざるを得なかった。
 ただ作品全体として、後半の展開では大事なテーマをセリフでしゃべりすぎるのかなぁという印象が強くあるので、浮いた感じの第18話を失敗というべきなのかどうなのか、そこの判断が微妙な感じです。前半はほら、映像全体でぶわっと押してくる感じがあって、言葉にはならないものがぐっと伝わってくるっていう、(安っぽくいうとアートアニメーション的な)あの感じが「スゲェ!」って思っていたので、もちろんエンターテイメントとして後半に入ってくれば物語は締めなきゃいけないっていうのは分かっちゃいるんですけど、やっぱり製作状況がかなり押しちゃったんですかねぇ。

 最近のテレビアニメのオンエアなんて、DVDを売るためのプロモーションのようなものだなんて話もありましたけど、スケジュールに押されてやりたかったことがやれなかったんなら、それは残念なことかもしれません。もちろん、キャシャーンとリューズとリンゴが擬似家族だね、なんて視点をグダちんさんから教えてもらったりすると、「そうか、なるほどなぁー」と思ったりもするんで、セリフで全部を語りつくしているわけじゃあない部分は面白いと思いますし、最終回がどうなるのかには、けっこう期待しています。
 「そうか、ルナをそういうふうに扱うんだなー」というようなところで、物語としても面白かったと思うんですけど、最後はどう締めくくるんでしょうか。

 『映像の原則』を読んでいると、“映像表現をみせるために最低限必要な物語性”というようなことを富野監督が書いているあたりも非常に興味深いものがありました。ここでの映像表現というのは、もちろんキレイな作画がどうのこうのなんていう話ではなくて、もっと絵コンテ的な映像力学のダイナミズムの話なんですけど、それがあざとく観客の意識の表層にのぼるようではイマイチなんで。意識しない間にドドドッとやられている部分が、実は肝心の所だっていうのは「スゲー!なるほどなぁ」と感心することしきりです。

 GyaOで夢中になって見ている出崎監督の『あしたのジョー 2』についてとか、そんな話をまだまだしたいんですけど、今夜はこのへんで力尽きておくことにします。(笑)

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第35話「キリマンジャロの嵐」 (+α) 

[2009/03/18] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ぱっと見たときの印象では、レコアの一件以来クワトロと冷戦になってるカミーユを見て、「カミーユ疲れているなぁー」という感じでした。でも見終わってしばらく経って思い返してみると、カミーユ以上にクワトロは衰弱してたのかもしれません。レコアの件もそうだし、ハマーンを目の前にして暴発してしまったという負い目もあるし。
 ヤザンの猛攻の前に、あまりにもあっけなく地球の重力につかまって、落とされてしまうシャア。(まあ、シャアとカミーユの二人を地上に降ろすための、物語の段取りくさい雰囲気もないではないですが、)これでは文字通り、「赤い彗星も地に堕ちたものだな」っていう不甲斐なさではないですか。(笑)

機動戦士Zガンダム 10 [DVD]

 でもカミーユの機転(?)で、仲たがいしてたはずの二人が仲良く大気圏突入するのを見るのは、それは悪い気分ではないですな。
 しかしカミーユが「俺は地球に降りたがってる」っていうのは、フォウの気配を予感してたんだろうか?どうもいろんな面でカミーユがシャアを凌駕してきてしまっている。うん。今さらカッコいいシャアに憧れたりはしないけど、オッサンとして(?)シャアに感情移入し始めていると、このへんは複雑な心境がしますです。

 しかしキリマンジャロに降りたら降りたで、ファーストガンダム以来相変わらずの潜入好きなんだからシャアって人はもう!w
 しかし好きなわりに、テレビで見ている限りではあまり満足な成果を挙げたことがないのがシャアの潜入って気もしません?案の定というか、意外に俊敏なジャミトフに射撃はかわされるし。物語的には、“またも狙撃に失敗→シャアがっくり”というためだけに、ここにいたようなもんじゃないですか、ジャミトフさんは。
 偶然(・・・)の邂逅にカミーユが狂喜したフォウを、思い切り射殺しようとしたのにもドン引きでしたし。ここで再会を果たしたアムロが、かなり鋭い洞察で「何故止めなかった?」と問うのに対し、「あのフォウという娘のことか?」というリアクションは、いくらホンコンでのことを知らないにしたって、カミーユを導くべき先輩としては鈍すぎやしませんか?

『機動戦士ガンダム大全集』(講談社)から、富野監督の文章を孫引きします。一次資料は「Z」の続編である「ZZ」の企画書とのことです。内容を読めば、執筆の時点は「Z」の実制作が終わりかけたころと想像されます。
---- 「Zガンダム」は、シャアがカミーユを悪の手先にする物語であると思った、といわれております。 その期待を番組が裏切った、と見られています。それが真実であるならば、そうなった原因は、作者がガンダムを継承しつつ、変わった作劇をしたいという意識が強すぎたエゴに起因します。 ----
ここを読む限りでは、囚人022さんが、
>「Z」をスタート時に思い描いていたとおりにきちんとやり通していたらどうなっていたのか。見てみたかったものだと思います。
と仰られているような解釈は、まさに富野監督の言う《その期待を番組が裏切った》ことに対応していますね。

Nishinomaruさんのコメント

 Nishinomaruさんに面白いコメントをいただいたので紹介しますが、この『Zガンダム』再見の冒頭で、カミーユをエゥーゴに引き入れたシャアの手並みを見て、『逆シャア』でクェスを味方にするやり口を思い出したのは、まんざら深読みしすぎでもなかったんですね。
 「いわれております」、「見られています」と客観的な視点を装いつつ、実はあまり共通認識ではなさそうな意外な言葉を出してきて、しまいには作者のエゴが強過ぎたという・・・。
 「シャアがカミーユを悪の手先にする」・・・リアルタイムでそんな期待を持って『Zガンダム』を見ていた人、(作者のあなた以外に)どこにいるんですか、富野監督!? w
 あたかも「番組が勝手に裏切った」かのような物言いは、正直なところ、(いくらファンの立場からであっても)作者としてはいかがなものかと言わざるを得ない気もしますねー。しかし、そこが面白い。w

 『Zガンダム』を『逆襲のシャア』に繋がる前史として、『ZZ』の存在がなかった状態での構想を想像しながら捉えると、(善悪という基準は単純すぎるので排除するにしても)物語のどこかでシャアがカミーユに見限られることは必然としてあったのかもしれません。
 『逆シャア』の劇中では、シャアがクェス・パラヤを「マシーンとして」扱ってしまったことを、アムロにクライマックスで非難されますが、それは『新訳Z』でカミーユがシロッコを非難した“絶対にやっちゃいけないこと”と同義ですよね。

 「シャアがカミーユを悪の手先にする物語」というよりは、「・・・しそこなう物語」というほうが、どうも見ているとイメージに近いような気もしますが。『ZZ』もスタート当初には、どこかでシャアが登場してくる構想もあった(オープニングにその残滓が残っている)という話もあったような気がしますが、ハマーン・カーンがわりとしつこくジュドーを自分の仲間にしようと迫る印象があるのは、諸事情(笑)で出て来られなくなったシャアの代わりに彼女がそれをやっていた面があったのかもしれないなーと思ったりしました。

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第34話「宇宙が呼ぶ声」  

[2009/03/16] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ここまでの流れからは少し唐突な印象もないではないんですが、ファ・ユイリィに昔語りや男と女の話をしはじめるレコアが面白かったです。

「ファは私みたいな女になっては駄目よ」
「ハイ」

 ちょっ、www おい、www

 返事がきっぱりと良すぎるだろ、ファ!(笑)

 特に男女のことに関しては、私は「いくつになってもそういうことに気づかずに・・・」っていうクワトロ系の駄目男なので、レコアの女心っていうのはやっぱり分からんっていうほうが正直な感想。

「あなたは私を止められるだけのことをしてくださいました?」
「私に何をしろと・・・」

 このへんの女心ってば、(そういうことがあるってのぐらいは知ってるけど)私にはどうにも筋道が分からん。(笑)

「まともそうな女が、何で?」

 ある意味男の中の男なヤザンには、まったく想像の埒外の行動。
 その点では、「いざ休みというときにデートもできなくなっては・・・」っていうエマさんにヘンケンさんビックリみたいなのとも同様なんだろうと思いますけどねー。
 だから、やっぱりさ、レコアさんの態度の微妙さとか、それに気づかないクワトロのこととか、妙に気が回りすぎるカミーユのほうが、「お前がおかしいんだよ」って私も言いたくなるな。
 「朴念仁に見えます?」ってぷーっとふくれてみせるカミーユは可愛いけどさ。(笑)

 何しろあのウォンさんも認めるようなカミーユの成長ぶり。そういえば今回のウォンさんは、ファーストガンダムでのリード中尉を思い出させるような無茶をわめいてくれましたが、ブライトさんにきっちり意見されていて、ちょっとすっきりしましたね。w

「サボテンが花を付けている・・・」

 意外に抽象的な言葉ではなく具体的に、“自分には気づくべきものが見えていなかった”という後悔の言葉のように今回はじめて見ることが出来ました。
 もっと殴ってばかりの作品のような印象があった『Zガンダム』ですけど、久しぶりかも。カミーユがクワトロを殴るのは二度目?
 さすがに気持ちが滅入るところで、次回予告でアムロの姿を見ると、少し救われる気がするんですが、・・・。(『Zガンダム』テレビ版は、本当に厳しいですね・・・。)

続きを読む

『機動戦士Zガンダム』 第33話「アクシズからの使者」  

[2009/03/13] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 ふと思い出したので、今回のエピソードと関係ないけど書き留めておくと、Zガンダムのオンエア当時、「Z」というのはアルファベットの最後の文字で、これで「ガンダム」を終わらせるんだという気持ちが込められているんだ、と私は思い込んでいました。どこかでそういう記事があったんだかどうだったか忘れてしまいましたが。『さらば宇宙戦艦ヤマト』の「さらば」と同じ意味なんだと。
 だから、「Z」の後には「ZZ」がはじまるらしいよと聞いたときのガックリといったらもう!
 『ヤマト』で続編ものにはつくづくウンザリしていましたからね。

 まあ、そういう恨み(?)があるからそう思ってしまうのかもしれませんけど、『ダンバイン』、『エルガイム』と(営業的には?)思うような成果を挙げられなくて、『Zガンダム』を作ることになってしまったというようなことを富野監督はおっしゃっていますけど、そのこと以上に、「Z」の製作途上で「ZZ」製作の打診を受けたときに、もちろんやれます、みたいに即答してしまったということ。そのことの傷というほうが非常に大きいんじゃないかと『Zガンダム』後半を見ていると私はつくづく思います。
 焦りだったのか、あるいは逆に俺はなんだってやれるんだという驕りたかぶる気持ちがどこかであったのか。「Z」をスタート時に思い描いていたとおりにきちんとやり通していたらどうなっていたのか。見てみたかったものだと思います。こういうことになってしまうのも富野監督の職人性の悪い面が出たとも言えるでしょうが。

 33話はシャアがぶっ壊れるエピソード。しっちゃかめっちゃか。「まったく!」(byカミーユ)

 まだ幼いミネバを担ぎ出してきたハマーンのやり口に怒りを感じるのは分かるんですけど、後先考えずに何であそこまで逆上したんだか。このへんは劇場版を見てもよく分からなかったところだけど、テレビ版で見ていても私はやっぱり「?」だったりします。
 前回あたりでレコアの不穏な気配に気づかない鈍感ぶりを見て、あー、この人もいっぱいいっぱいだったんだなぁーとは思いました。あのシャアのやることだから、何かちゃんとそれらしい理由があるんだろうと思ってしまうのは、私も“シャア=カッコいい、できる男”という先入観を持って見ているから見誤っているんで、客観視すればたぶん、感情が暴発しちゃっただけなんですよね。でも何だって暴発しちゃうのか。それがなんか、画面を見ているだけではすっと胸に入ってこないんですよ。小説版は後で読もうと思って取ってあるんですけど、そこには何か書いてあるのかな?

 ぱっと見たとたんに納得がいく描写だけじゃなくて、後から後から「あれはどうして・・・」と何度でも味わいなおす表現っていうのも文芸的にはありだと思います。
 んー、何でしょうかね?取り澄ましたハマーンの態度に、逆に「女」を感じてムカッと切れちゃったんですかね?放り出してきた“昔の女”との再会っていうだけでピリピリのところへ持って来て、「そこのサングラスの方」ってハマーンが呼びかけたのが、あまりに白々しくていかんかったかな?
 ミネバの扱いにこだわるのも、この少女をはさんで、ハマーンと擬似家族の真似事みたいな時期もあったのかなぁ?
 ザビ家への感情の複雑さというのも何となく分かります。ジオン・ダイクンの遺児である自分をザビ家はどう扱ったか、(だからこそ逆の立場になったときに自分は・・・)みたいなこともあるんでしょう。かつて上官だったドズルのことは(ザビ家への恨みはあっても)武人として尊敬できたとか、そんなこともあったのかもしれないですね。
 だからこそ母親役のはずのハマーンがミネバを扱うやり口にカッとなるのは分かるんですけど。だけど、それを(擬似)家族を放り出してきちゃった父親役がなじるのも、それもやっぱりおかしいヨなぁ・・・。まあおかしいことをしてしまうのが人間ってもんだということか。シャアのような人であっても。いや、シャアだからこそ、こうなっちゃうところもあるのかな。でも、戦争マニアとか、男ってやつはすぐにそういうふうになっちゃうところはありますよね。企業戦士とか。そう考えると味わい深いんですけど、やっぱり描写としては難しいところですね。

 前回からの感情のもつれを見てきていますから、身を挺してシャアをかばったレコアの負傷を見たりするとハッとしますね。でも、そういうことで逆の方向へ吹っ切れるきっかけにもなったりするから奥が深いです。
 テレビ版の展開のことはかなり忘れているんですけど、レコアの裏切りっていうのはこんなに話数をかけて引っぱった描写をしていたんだなぁと思いました。これも本当に難しい芝居です。うん。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。