スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『機動戦士Zガンダム』 第21話「ゼータの鼓動」/第22話「シロッコの眼」  

[2009/01/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 「重力の井戸の力を振り切って宇宙へ上がった」とか言われておりますカミーユ君です。アムロが物語の表面からいなくなっちゃって個人的には寂しいです。でもクワトロもいないんで、何ていうか、カミーユ放し飼い状態ですね(笑)。
 しかしいつもながら「重力の井戸」っていう暗喩が難しいですね。この時代はまだ、宇宙にこそ人類の未来があると富野監督も信じていた時代でしたか。

 前回の最後はやっとの思いで拾ってくれたアーガマに着くなり、ファ・ユイリィの姿を一生懸命目で探してたカミーユなんですけど、いつの間にやらそれだけ重要なパイロットになったんだなーと思いつつ、この回になったらじゃれてるんだか本気なんだか、けんかしてますし。「寂しいからって八つ当たりしない」とかエマさんに怒られてますけど、要するに実力がついてきたわりには、ちっとも大人になってないんだなぁ。
 エマさんは、ジャブロー降下作戦の前はまだ不安定なポジションだったんですけど、カミーユが地上でうろうろしてる間にアーガマのクルーでも重要メンバーとしてすっかり定着してました。その余裕からなのか、「地球で恋をしてきたんでしょ」とか、カミーユへの観察が鋭すぎて驚いちゃいます。

 ストーリーの転換点ということでティターンズ側も丁寧に描かれていますが、ジャブローからの脱出行に成功したジェリドとマウアーのほうは、カミーユがアウドムラにいた間に、得体の知れない挙動を示しているシロッコの配下に配属されてきていました。この時点でのシロッコはかなりの不思議キャラ。「大人には大人の男が似合うものだ」とかマウアーにモーションかけてみたり。
 でもジェリドのほうも腕を上げたんですかねぇ。新型の可変モビルスーツ・ガブスレイの性能かもしれないですけど強い強い。今回こそはカミーユを圧倒・・・してたんだけど、こっちも新型のZガンダム登場という、まあお約束どおりの構成ですね。カミーユが宙に投げ出されるのは少し演出過剰なんだけど、ファ・ユイリィとの再会を劇的に盛り上げようという感じ。
 盛大にじゃれあうカミーユとファ。見て見ぬふりのブライトさんとか、毎度目撃役のエマさんとか(笑)。

 でも次のエピソードでは、もう違和感を抱いてます。フォウの幻影?カミーユの心はここにはない?その辺含めて「レクリエーション」とか言われてますけど、「カミーユは本能的に私が好きですから」(母親代わりはゴメン)ってエマさんの発言にはぶっ飛びました。凄い洞察力。(笑)
 エマさんってこんな面白いキャラクターだったんだなぁ。その一方でヘンケンさん絡みのラブコメ展開では作品全体を和ませてくれるし。

 失敗続きのジェリドだけど、確かに失敗の中で成長してる部分もあって、新兵のサラの面倒を命じられればちゃんとやろうとしてる。このへんはカミーユのほうの成長とも背中合わせ。

 あ、そうか。前回はウェーブライダーで登場だったから、“Zガンダム”に変形して見せたのは、今回が最初なんだ。さすが主役特権。(笑)
 というか、エマさんはパイロットとしての技量は微妙だから、エース機はカミーユなのか。まあ基礎設計したとかいう伏線もあったし、そんなもんか。
 「俺のせいなんだ。ファをこんなにもイライラさせてしまって」とか洞察できるようにもなったし。本当にストーリーの転換点って感じですね。
 ヘンケンさんのプレゼントに困り顔のエマさんも可笑しいし、カミーユとファのじゃれ合いに「若いっていいわね」とか言ってるレコアさんにも笑いました。この辺までは、あまり鬱々としていない『Zガンダム』です。どの辺からバランスが変わってくるのかな。

スポンサーサイト

『機動戦士Zガンダム』 第19話「シンデレラ・フォウ」/第20話「灼熱の脱出」  

[2009/01/27] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 1月26日は旧正月なんだそうです。そういうわけで、台湾のkaito2198さん、あけましておめでとうございます!(めでたいことは何度あってもいいですよねー。)

 何しろ正月ボケというか正月疲れというかが抜けきらないでいる間に、インフルエンザになってしまったりもして、今月はろくに何も出来ていない。「新暦旧暦のどちらも新年を迎え、これからが本当に今年です」と言ってもらえると、それならここから頑張ってリスタートすればいいかと、少し気持ちが明るくなりました。

 そんなわけで、恥ずかしながら今年最初の『Zガンダム』テレビ版再見感想のメモ。

機動戦士Zガンダム 6 [DVD]

 19話は名高い「シンデレラ・フォウ」なんだけど、どうも私はアムロの出ている回は彼に目がいっちゃうほうなのかも。フォウに「引っ張られて」いるカミーユを、「危険だ」と一生懸命気遣っているアムロが興味深かった。
 でもミライさんでさえ、深くは知らないのがララァとの因縁だから、ベルトーチカやカミーユにアムロの想いが理解できるわけはないんだよねぇ。
 カミーユにだけでも、かつてララァとの間であったことをアムロはもっと語ってやるべきだったのかどうか。難しいよね。起きてしまったことは悲劇だったけれども、ララァとの出会いは運命としか言いようがなかった。それを否定することもアムロにはできないだろうし。正直なんだと思います。

 敵同士なのは「大人の都合」だとか言って、つかの間と分かっている逢瀬を自分たちに許しちゃうカミーユとフォウは、やっぱり若いんだよね。「ねぇ、頼める?キスして。」「優しいのね。」

 アムロとララァの場合は悲劇が事前に予感されていたわけではない運命だったから、カミーユたちのケースはそこが違うんだけど、悲劇に向かっていくのが分かっているのに誰も止めようがないというのは何とも。

「孤独はイヤ。紛らわしたくても、紛らわす記憶もないのよ。」

 メンタルの壊れちゃってる女の子。危険だよー。自分でも分かってるんだろうな。だから「キスして」って頼むんだし、危険を承知でキスしてくれるカミーユの優しさが分かるんだよな。

 ここで市街地の無差別攻撃をはじめちゃうベン・ウッダーのほうはよく分かんないんだけど、もともと副官クラスの男で、功を焦るほどに才のない程度のやつという理解でいいのかな。TV版でも「?」だけど、・・・この感想が終わったら小説版を読んでみようと思ってます。
 組織としては、ここはカミーユ、ビンタぐらいされても仕方ないところとも思うのですが、その役回りがステファニーさんのところに来ちゃって「女ウォン・リー」とかカミーユに言われちゃいますね。出撃前というタイミングが悪いってところでしょうか。
 アウドムラを去るミライさんが、最後にもう一度ベルトーチカに「女同士の話」をするのがいい感じでした。

続きを読む

なつかしのロボットアニメ玩具CMあれこれ 

[2009/01/26] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 おかげさまでインフルエンザのほうは全快しました。最初「ただの風邪だ」と自分で決め付けて、「寝てれば治る」を決め込んでいたのがよくありませんでした。いやはや反省。いくつになってもお医者様は苦手でございます(笑)。

 今日は、おそるおそるRSSリーダーを覗いて天文学的な未読フィードの数におののきましたが、ずいぶん長い時間かかって、ようやく消化することができました。ざざざざざっとハイスピードモードで見ていた(読んでいるというより見ているに近い・・・)のですけどねー。
 本当はアニメ感想のあれこれでもブログに書かなきゃいけなかったのですが、昼間、某動画サイトなどにフラフラ踏み込んでしまったのが運の尽き・・・。

 なんとなんと『合身戦隊メカンダーロボ』@ブルマァクですわよ、奥さん!(笑)

 このシリーズがまた素晴らしくて。

続きを読む

インフルエンザ おそるべし 

[2009/01/23] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 更新滞りがちでスミマセン。風邪だとか言ってたんですけど、どうもおとなしく養生していても治らないので、これは妙だなぁと思い医者へ行ってみたところ、「インフルエンザです」とあっさり言われました。「A型」なんだそうです。

タミフルの効き目は偉大! 

 鼻の穴に紙縒りみたいなのを「ぐぐっ」と突っ込むあのえげつない検査、なんとかならんもんなんでしょうか。何とも苦手です。年末のときは、あれをパスして「風邪ですね」だったんだけど、今回は見事にアウトというわけで。

 それで、熱でぼけた頭のところに「タミフル」って言われても・・・何だったっけ?ああ、昔なんか言動がおかしくなるとか言ってた薬?みたいな。(笑)
 でも、これはやっぱり偉大な効き目ですよ。昨日38度台後半だった熱がウソのように、今日はもうほとんど大丈夫な感じです。さすがに節々おかしい感じは残ってますけどね。
 おかげさまで、薬と一緒にもらってきた紙を今になってようやく読みました。へぇー、原則的に「10歳代」にはタミフルは処方しちゃダメなんですね。これだけ効くのにそれは酷だなぁ。
 意外だったのは10歳未満なら、OKらしいです。ただし、2日間は保護者がしっかりと見ていてくださいというようなことが書いてある。
 で、インフルエンザの場合はタミフルを飲んでいてもいなくても、異常行動をする可能性があるから注意するように、ということだそうです。

 会社にインフルエンザでしたと報告したら「当分出社に及ばず」とか言われました。けど、時節柄、そのまま来なくていいと言われかねないので、早く治したいと思っています。

 まあ、それはそんなもんとして、医者のくれた紙には「インフルエンザと診断されました。異常行動が見られる場合があります。今後、少なくとも二日間、患者が一人にならないように配慮してください。」という、ありがたいお言葉が。

 ……。

 咳をしても一人。(笑)

親父の話または元企業戦士世代の老年擬似オタク問題 

[2009/01/21] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 先の『ペールゼンファイルズ劇場版』の話は日曜日、東京から戻る列車の中で携帯から投稿したのですが、どうもあれを書いていた頃から体調思わしくなく。月曜の朝、あまりのだるさに熱を測ってみましたら、何と38.7度!?どうもこうもなく寝込んでましたが、そう何日も会社を休めないので、昨日今日は這いずるようにして会社へ。キャシャーン風(ガンダム風?)の超立体マスクをして会社へ行くと、誰も彼もが「寄るな寄るな」と。(笑)

 『ペールゼンファイルズ』は土曜日に見たんですが、日曜日の朝には既に節々が痛くて、どこにも出かける元気がなく、夕方に予約していた列車の時間まで、実家でうだうだとしていました。(本当は、東京国立近代美術館フィルムセンターで「日本映画史横断(3)怪獣・SF映画特集」を見てやろうという野望を持っていたんですけどね。ここで映画を見たことはないんですけど、手ごろな値段で面白そうです。)

 で、いきなりべたですが、今回は親父の話を書いてみます。
 うちの両親はどっちももう70代ですが、ありがたいことに元気でいてくれてまして、あんまり健康の心配とかをしないですんでおります。まあちょっと親父の耳が遠いぐらいのことですね。
 それで、この年代の老夫婦にはありがちな話ですが、お袋が言うには、親父は最近、人と話すのをおっくうがると。お袋のほうは上手いこと老人同士のネットワークを作って、あっちこっちとひょいひょい出かけてるんですよ。たぶん、あまり口を利かない親父と一つ屋根の下でじっとしてるのも居心地が悪いんでしょうね。ただ、お袋としては、なるべく親父も一緒に連れ出そうとしているらしいんだけど、親父がそれを面倒くさがるのだそうな。
 そこへ正月も帰省してこなかった親不幸者のバカ息子がひょっこり来た。お前、いいところに来た。どこでもいいから親父を連れ出せ。それが無理なら最低限、もう少し人付き合いをしろときっちり意見してやってくれ。私は今日もちょっと約束があるから、じゃあ・・・って、おーい、お袋!なんてハードなミッションを命じて去ってくのよ、あなたは。(笑)

 親父と息子というのは、歳が行ったからって、そうそう気安く話し会える仲になれるもんじゃ…。いやフランクに話しあえる親子もいるかもしれないけど、そういう親父であれば、そもそもこういうミッション自体が有り得んわけで。(笑)
 …とまぁ、こんな成り行きで、ちょっと気難しい我が親父殿と、微妙な緊張の中でほぼ一日過ごしたわけですよ。

続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。