『キャシャーンSins』 第8話まで “アートアニメーション”のにおいがする! 

[2008/11/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 ネットでしか見れないので、8話までの感想でごめんなさいね。
 このブログでは前回、『キャシャーンSins』の感想は第5話まででした。第5話「月という名の太陽を殺した男」、第6話「運命との再会」で、物語としての状況はだいぶ分かってきました。

reason

『キャシャーンSins』って、たまたまテレビで流しているだけで、内容的にはいわゆるアート・アニメーション的だと思うんですよ。
by prisoner022

いい時代になりました
by nuryouguda

そう、あんなアートアニメーションのような作品がテレビアニメで放映されるとは、 いい時代になったなぁ、とも・・・たしかに思うのです。 思うのですが。 なぜ『キャシャーン』なのだろうかとも思わずにいられないのですよ。 昔のキャシャーンの世代の人間としては。 上手くいえないのですが。
by prisoner022

たしかに、新しい流浪ロボットでもいいでしょうね それはガンダムでもですが、ガンダムシリーズよりも設定は似てませんもんね。 インスピレーションモチーフでしょうか? 全体評価は最終回待ちですが。
by nuryouguda

 上記のような対話をグダちんさんとしたのは第7話「高い塔の女」を見終わったところだったのですが。第8話「希望の賛歌」を見て、これはアートアニメーションのような作品だなぁという印象は、ますます強いものになりました。

「アート・アニメーション」という名称が、日本でいつのまにか定着してしまった気がする。自分の作っている作品、また志しているこのブログで取り上げているような作家性の強いアニメーションを定義するいい呼び名がないものか以前から考えてきたが、全ての作品がフィアンアートだけを目指して作品作っているわけでも無いし、「アート・アニメーション」という呼び方には違和感がある。
英語圏でも特にそれらしい呼び名は無い。「インディペンデント・アニメーション」「ファインアート・アニメーション」「実験アニメーション」などがあるぐらいだ。

 この分野の日本における第一人者であろう山村浩二さんが、この呼び方には抵抗感があると言っているぐらいで、「アート・アニメーション」というのは聞きなれない人には聞きなれない用語なんだと思います。

 アニメーションというのはそもそもそういうもので、日本のアニメは商業ベースが当然になりすぎちゃってるということだと思うのですが、機会を見つけてはなるべく見たいと思っている、いわゆる「アート・アニメーション」です。クレイ・アニメとかパペット・アニメまで含むようなあいまいな言葉なので、「アート・アニメーション」的だという例えはますます意味不明なんですが、何となくニュアンスは(分かってもらえる人には)分かってもらえると思います。
 ぐりぐりよく動く作画とか、そういう意味でのアニメーションというのではなくて、海外の短編アニメーションによく見られるような、とても抽象化・観念化されたドラマの感じを、まあ私の貧しいボキャブラリーではそういうふうにしか言い表せないんですけど。

続きを読む
スポンサーサイト



小説 『機動戦士ガンダムF91 クロスボーン・バンガード』  

[2008/11/27] | 感想系 | トラックバック(1) | コメント(1) | TOP ▲

 このところブログも書かんと富野由悠季の小説ばっかり読んでるわけですが、まだ熱は冷めやらない感じ(笑)でありまして、今日は『クロスボーン・バンガード』の感想をメモしておきます。

機動戦士ガンダムF91クロスボーン・ガンダム(上) 機動戦士ガンダムF91クロスボーン・ガンダム(下)

 前にも書きましたが、世代的なこともあって私は、富野由悠季の「小説」には、半ば無意識に抵抗感を抱いて来ました。富野由悠季のファンを自認してるのに、我ながら妙なタブーを設けて来たものですね。
 そしてこれも前に書きましたが、『F91』というアニメも、私の中では釈然としない印象として記憶されている作品だったのでした。幸い、この小説は勢いで手に取ったので、そのあたりも変に構えて読まずにすんだのですが、感想を書くというと、そのへんのことも微妙にフラッシュバックして来てしまいそうです…。

 アニメと比べると、出来事の前史にあたる部分のボリュームの大きさが、小説版の特徴になるかと思います。
 普通は鉄仮面=カロッゾ・ロナが、いかにして、あのような暴挙に及ぶに至ったかという、アニメで説明しきれなかったところの補完を重点的に読むのかもしれません。富野由悠季という人が、内面に抱いた思想の代弁者として。
 …でも今回、私が思いきり強い印象を受けたのは、たぶん作者のもう一人の分身である、シオ・フェアチャイルドのほうでした。
 カロッゾのほうは、ある意味作者の叶わぬ(叶えてはならぬ)願望を、代償としてフィクションの中で形にしてみせてしまっているわけですが、このブンガク崩れの小市民たるシオという人物の惨めさたるや!
 それと、富野監督の娘さんたちの年齢を詳しくは知らないのですけど、この作品での「親子」の関係というのはそれ以前の富野作品とはどうも違って、ダメな親だけど親は親で一生懸命・・・だけど、やっぱりダメなのよね、というような、人の親の立場のほうから見つめなおした視点というのを不思議に親密なものとして感じました。

 富野監督、当時50歳ですか。『ブレンパワード』で「世代を重ねる意味」というテーマがひとつ、ぽんと投げ出されてあったわけですが、「人は手前1人でおぎゃあと生まれて1人で勝手に死んでいくものではなくて、それには他の人が大なり小なり関わっている」ということが、まさしくこの小説の「序」には懇切に書かれてありました。ナルホド納得。

 富野アニメを批判する人たちが言うことには、たとえば父親が王様で兄弟が将軍とかで、家庭内紛争みたいなのばかりをやっている、あれはリアルな戦争じゃない、みたいな話があるわけですけど、それは違うんですね。別に富野監督はリアルな戦争を描きたいのじゃなくて、人間の問題が最初にあって、その必然として家族の問題がある。ひとつの家庭だけでその暮らしがなりたつわけではないのが世の中だから、その衣食住をまかなってくれる、あるいは生計をたてるために両親が出てゆく、そういうものとして社会がある。
 そうしたことを丁寧に分かりやすく示しているのが富野監督の作品なのですね。(それに、少なくともガンダムのシリーズでは、戦争らしい戦争を描いたのは最初のガンダムぐらいであり、この作品もそうですが、あとは微妙に「内紛」というのに近いようなレベルの戦いに抑制されて描かれているということも、そのあたりの節度というものをわきまえているから、このようになるのではないかと私は思います。)
 なので上巻の全21章のうち7章までを費やして描写されているロナ家の事情というものこそが、この作品ではとりわけ魅力的であり、まだ物語は動き出してもいないのだけど、ちっとも退屈せずに読み進めることができました。

 もうひとつ、「あれ?」と思ったのはラストの部分が大きく違う、ということで。
 (・・・!) この間の肝心の本編にあたる部分をすべて飛ばすとは、何たること!!(笑)
 いや、アニメでよく分からなかったことが「そういうことか」と納得された部分はいくつもあったのですが、まあそこは個人的には、そんなに重要ではなかったということです。淡々と事象が積み重なっていって、悲劇が拡大していくという。

 で、終劇の迎え方ですが、やけにあっさりと終わったなぁと。いや本当は、なかなか余韻が残る、いい終わり方でしたが。
 それでアニメのことは見事に忘れて小説の物語だけにすっかり入っていたので、その時にはささいな違和感という程度だったのですけど、・・・今になって考えてみると、アニメではラフレシアの撃破以上に重要な感じで描かれていた、虚空を漂うセシリーを探す、あのシーンがごっそりとなかったことに気づき、ちょっと愕然。
 アニメであれを見たときには、富野監督は「ニュータイプの“認識力の拡大”っていうのは、エスパー的な戦闘力のことではなくて、こういうもののことなんだよ」というのを、とても強調したかったんだなぁと私などは感じていたわけです。その部分、丸々カット。(笑)

 ただ、このほうがずっと良かったですね。いまだからそう思えるんで、リアルタイムのあの頃に、そんなふうに思えたかどうかは分かりませんけど。

 生み育ててくれた母と父がいるならば、そこに戻るのが人でしょう。
 もちろん、その逆もあって、不幸な生立ちをもてば、両親を憎しみ忘れようともします。ときには殺そうとも・・・・・・。
 それも、父と母がいるから起ることですから、結局は、戻ることなのです。

 ここから始まる物語は、「世代を重ねる意味」こそが主題であって、ガンダムらしくニュータイプの話などを入れなければならない、などと欲目を出すべきではなかったのでしょう。
 たとえ、父をその娘が殺める悲劇の物語であったとしても。

続きを読む

モデムを換えたら世界の風景が変わって見えてきた 

[2008/11/25] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 タイトルはちょっと大げさなんですけど。(笑)

 このところ、ずーっとネットの接続が悪くて、ああでもないこうでもないと設定をいじってみたり、いじいじとしておりました。「プロバイダ変えたら?」ってご意見もあったんですけど、せっかくのケーブルTVの回線なので、なんとかならないかなぁーと。
 で、今日、意を決してケーブルTVのサポートに電話をしました。平日の日中しか受付しないって、なかなか殿様商売してるなぁと思いつつ。

 それはお客様の設定が何だかんだ言われるかと思い、言い方が難しいなぁーと思って、今まで調べた資料とか全部手元にそろえて。万全の体制で電話したわけですよ。

「はい、ケーブルテレビ○○、サポートデスクです。」
「そちらでインターネットの契約してる○○と言いますけど・・・。」
「はい、どうされました?」
「どうも最近、接続の状態がすごく不安定で、速度も出てないんですけど・・・。」
「お客様の登録されている電話番号をお願いします。」

 なんだ、お客様番号もいらないのかよ。一生懸命、請求書のはがきを見つけてきてメモして持ってるのに。
 で、電話番号だけで、個人が特定できて、それで回線の状況がある程度分かったみたいです。

「・・・。(この間、ほんの数秒。)お客様の使ってらっしゃる機器は、だいぶ長く使っていただいておりますし、モデムの交換になりますが、本日はご自宅にいらっしゃいますか?」
「え?・・・ええ、いるようにしますけど。」
「では後ほど業者から何時にうかがえるか電話がまいりますので・・・。」

 え?・・・それだけ?

 これって、ほぼ二つ返事に近い状態じゃないですか。私の使ってたモデムって、そんな問題外に旧式だったわけ?
 だったらさ、早く換えてればよかったじゃないですか。“苦情が出たら対応”って、そういう方針なのかなー? ・・・いいのか、そんなので。

 何しろ、どのように調子が悪いのかを説明しようと思って一生懸命調べてまとめたメモは、完全に無駄になりました。(笑)

 ちなみに、私の使っていたモデムはPCX1100という機種で、プロバイダによっては、無償交換をプロバイダ側から“お願い”してやってるみたいです。なんだよ、それー。ダメじゃん、うちのプロバイダ。

 ・・・。で、来ました。新しいモデム。

 ネットに繋げてみました。・・・早っ! ぜぇーんぜん今までと違います。

 今まで、何をいろいろ調べたり、我慢したりしてきたんだろう・・・。

 まあ、何しろ。一事が万事この調子で、生活能力というものが全般に低いのが私の悩みです。(笑)

 とにかく。同じようなことで悩んでる皆さん。(いるのか?)
 何年か使うとモデムというのもへたってくる(何故かはしりませんけど)もののようです。落雷とか停電とか、思い当たる故障の原因が特になくても、別に設定をいじったわけでもないのに接続速度が妙に落ちてきたりしたら、あまり遠慮せずに、とりあえずプロバイダに相談してみたらいいみたいですよ?

『SAMURAI 7』 見終わっちゃいました。 

[2008/11/24] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 この頃「・・・見終わっちゃいました」的なタイトルをよく書いてるような気がします。その都度感想がなかなか書けなくて、気づいたら「あ、見終わっちゃった」っていう感じです。でも『SAMURAI 7』、ラストはなかなか盛り上がりましたよ。盛り上がったんですけど、ね・・・。

SAMURAI 7 第5巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第6巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第7巻 (初回限定版) SAMURAI 7 第8巻(初回限定版)

 それにしたって、1~4話5~8話と感想をメモしてきて、あと今回いきなり9~26話って、ちょっとひどいな自分。(笑)

 出だしは着想の面白さにワクワクしながら見始めました。で、8話ぐらいまで見たところで、“物語が加速してこないなー”って、もうじりじりし始めてましたね。(笑)

 第9話「真っ二つ!」は、“機械のサムライ(=ほとんどモビルスーツ)”の野伏せりたちととカンベエさんたちが、初めて本格的に戦いを繰り広げた回。第1話の冒頭に先の大戦での合戦シーンがあったので、なんとなく雰囲気は分かってたはずだったんですが。 ・・・・・・。こりゃあすげぇ ・・・って感じでした。(笑)

 なんか容赦ないです。つえぇぇぇ。。。(汗)

 アニメ的には本来こういう表現もありなんだと思うんですけど、なまじ相手がガンダムの“モビルスーツ”そっくり(笑)の巨大な敵なもんだから、カンベエたち等身大で生身のサムライにバッサバッサとぶった切られていくのに違和感を感じるのもやむを得ないところ。(慣れればアニメ的快感だったりするのかもしれないですが・・・。)

 キャラクターたちの性格付けはとても魅力的です。7人のサムライのうち、カンベエをはじめ、シチロージ、ゴロベエ、ヘイハチ、それにキュウゾウ、彼らは皆、ひと癖もふた癖もある一人前のサムライ。農民上がりの機械のサムライ、キクチヨが半人前のコメディリリーフ役。
 ストーリー的には、特に精神面で未熟者のカツシロウの成長が一つの軸。彼を修羅の道に誘ってしまったことを悔いるヒロインのキララちゃんとの交情も面白いんですが、この淡い恋愛は意外な方向に向かうんで、そこはなかなか「うわぁぁぁ」って感じでした。(笑)
 大筋ではサムライのかっこよさを堪能するドラマ。なので、アイタタタのカツシロウはともかく、カンベエなんかはあまり思い悩むことなどもありません。そこがちょっと感情移入がしにくいところです。
 個人的には、もっと芝居を詰め込んで、各キャラクターの個性を堪能させて欲しかった気がします。私がストーリーばかり気になるほうで、絵づらのカッコよさをあまり重視しない人のせいかもしれませんが、ちょっともったいない感じがしました。

続きを読む

55万ヒットありがとうございます! 

[2008/11/23] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 このブログに設置してありますアクセスカウンターの数値が55万を超えました。ことに先月あたりから、アクセス数はかなり低調な印象があったんですけど、前回、50万ヒットのご報告が8月末でしたので、なんとか5万ヒット/3ヶ月というペースを保っております。そういうわけで5万ヒットごとに、このほぼ3ヶ月のことを振り返るのを自分の慣例にしてみています。

 先日書いた、この記事にたくさんはてなブックマークをいただいたおかげで、

 その余波で、このあたりの記事もよく読んでいただけたようです。そんな勢いで、昨日は久しぶりに一日のアクセス数が“びょーん”と多かったみたいです。特にはてな界隈の人たちは、東さんとか宇野さんの話題が大好きなようですね。そういう意味では「批評」というのは本当に人気のあるジャンルだなぁと思います。

 この3ヶ月ということで見ていくと、アクセス数が一番多かったのは、その記事よりもこちらの記事でした。

 そのほか、この間に最終回を迎えた『コードギアス』関連の記事(tag=「コードギアス」 囚人022の避難所)がアクセス数上位を多く占めていて、『コードギアス』が終わったとたんにこのブログへのアクセスも失速しているというのが正直なところのようです。そういうわけで、アクセス数を多少は気にするんであれば、現在進行形のアニメの感想をマメに書くのに勝るものはないのかなぁ。
 私はネットの配信しか見れない環境なので、今見ているのは『ダブルオー』、『鉄のラインバレル』、『キャシャーンSins』になるんですけど、近ごろまたネットの接続が最悪で。(・・・どうもケーブルモデム自体の老朽化が原因ではないかと思い始めていまして、今度平日に休みがもらえたら、プロバイダに「交換してくれ」と言ってみようと思っています。)
 まあ、それは抜きにしても、どうも今のところどれもギアスほどにはハマる作品ではないような印象があって、あまりマメな感想は書けずにいます。この中では『キャシャーンSins』はちょっと“すげぇ”と思いはじめてますけど、・・・そういえば、たぶんこれのおかげだと思いますが、昔の『新造人間キャシャーン』の感想を書いた記事に微妙にアクセスがあるのは嬉しいです。モノとしては『Sins』とはまったく別物ですけど、あれはなかなか凄い作品でした。機会があれば、ぜひ見てみてください。

続きを読む