スポンサーサイト 

[--/--/--] | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | TOP ▲

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 

[2008/10/31] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 ハガレンは、たまたまGyaOで放映していたし、ダブルオーをやってる水島精二監督の代表作ってどういうのだろうかと思いながら見始めました。あまりマメに感想は書いてませんでしたけど、大変面白かったです。
 で、そうであっただけに、その気になればもっと完璧に閉じれたであろう物語を、“劇場版ありき”で完全には完結させなかったラストに、その部分ではがっかりしました。

劇場版 鋼の錬金術師 シャンバラを征く者 (通常版)

 劇場版『シャンバラを征く者』は、なので、今度こそきっちり完結篇という期待を持って見た作品です。公式サイトの「スペシャル」にある水島監督や脚本の會川昇さんのインタビューを読むと、二人ともTV版はTV版だけでちゃんと完結してる。劇場版も独立してハガレンを知らない人が見ても楽しめる映画にしたというようなことを言ってますね。そうなのかなー?(笑)

 導入から、劇場の大画面を意識したのだろう、力の入ったアクションからはじまって、「よっしゃー、劇場版だぜぇ!」という張り切りぶりがうかがえるのは、いい感じです。TV版のラストを受けて、どう始まるかという期待を逆手にとって、これはいったい、いきなりどこから・・・というテクニックもにくいですね。それに、たしかに監督たちが言っていたとおり、ハガレン世界の最低限の説明をうまく最初のほうの描写の中に組み込んでいて、この映画ではじめてハガレンに接する人でも作品に入っていけるような配慮のあとは分かりました。(あれで実際に分かるかどうかは怪しい気もしましたけど。)

 活劇としてのテンポも良くて、非常にしっかりとした表現ぶりを楽しみました。ただTV版とは独立した映画として見れる構造というのは、「完結篇」を見たいと期待して臨んだ私の思いとは、ちょっとずれていた感じだったと正直それは思います。よくある作り手と受け手の気持ちのすれ違いなのかもしれませんけど・・・。

 TV版で活躍したキャラクターたち。特に、劇中で死んでしまったあの人やこの人が、パラレルワールドという設定を生かして随所に顔見せをしてくれるのは、サービス精神がありました。でも明らかに“サービス”と割り切っている感じで、TV版のキャラクターたちが気に入ったので、この映画を見ている身からすれば、もう一息ストーリーに絡んでくれてもいいのになーという気も。
 物足りなく思うと、TV版で自分が何が好きだったのか分かってくるというところもあって、あのホムンクルスたちの哀しみを秘めた屈折した悪役ぶりが、私はけっこう気にいっていたみたいです。半面で、そのあたりに厚みがある分、真のラスボスがひたすら気持ち悪すぎるというか・・・。
 TV版で中途半端な消え方をしたダンテは、劇場版で絶対に出てくると思っていたのに肩透かしを食っちゃいました。水島監督はラスボス(ex:ダブルオーのリボンズとか・・・。)を気持ち悪く描きすぎる傾向があるような気が私はします。ラスボスだからこそ、もう少しバックボーンの掘り下げが欲しいのかなぁ。

 あと、まあ、主人公の少年たちが、青年になったというのも分かるんだけど、なればこそ。
 「ウィンリィはどうするのさ!」は、正しいと思いますよ、実際(笑)。
 恋愛要素を扱うのは嫌なのかなぁ?兄弟愛もいいけどさぁ・・・。少年が青年になったというにしては、あんまり彼らは青春してないんじゃないかと。
 それも含めて、“旅は続くよどこまでも”という感じの終わり方は、「完結」を求めていた私には、どうもすっきりとは来ない結末だったのでした。TV版、劇場版、それぞれに、とても上手く出来た佳作といっていい作品だったと思いますけどね。最後がどちらもしまらない感じだったのが、いささか残念だった気がします。

スポンサーサイト

芸術新潮11月号 「手塚治虫を知るためのQ&A 100」が面白い 

[2008/10/30] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 今日は財布の中身が小銭合わせて二千円なかったんですが、千五百円出して、ついつい買ってきてしまいました。立ち読みですまそうと思ったのになー(笑)

芸術新潮 2008年 11月号 [雑誌]

 執筆してる人は森晴路さんという方。手塚プロダクションの資料室長さんだそうです。貴重な古い資料の図版が多く使われていて、これが面白くレイアウトされているので、ついつい買っちゃいました。(キューブリックから手塚に来た手紙の写真とかありましたよ。封筒でしたけど。)あまり手塚先生には詳しくないので、いろいろと勉強になりそうです。

 アニメの話では、虫プロの処女作『ある街角の物語』や、のちの『アニメラマ』など、「手塚はこどもや家族向けに限定されたアニメ映画を、おとなも楽しめるものにしたいと考えていたんです」というあたりが、分かっちゃいますが、なるほど今とは逆向きの問題意識なのかな、と思ったり。

 「実験アニメを多くつくり虫プロを作家集団にしたがった手塚と、アトムのヒットを機に企業体であることを望んだスタッフたちの間で齟齬が生じるようになり、」
 「虫プロ内で方向性が分裂したことで手塚が身をひくと、虫プロのアニメは魅力を失い、他のアニメ制作会社の台頭もあって、商品価値も下がりはじめます。」

 違うところでは、「実験アニメとテレビアニメとは、その出発点においてどちらも手塚の構想の中に組みこまれていたもので、いずれかひとつに絞るということではありませんでした」とも書かれています。

 富野御大にも関係してくる『鉄腕アトム』について、気になったのは最終回についての下記のお話。いつかアトムも実際に見てみたいものですね・・・。

アトムの死というマンガにはない悲劇的な結末にはわけがあります。多忙をきわめた手塚がなまじ制作に加わると進行が遅れてしまうため、必然的に現場から身をひかざるをえなくなったのです。やがて原作のエピソードを使い果たすと、スタッフはアトムとさまざまな怪物を戦わせる勧善懲悪のストーリーを多用する傾向に。正義のヒーローとして一人歩きしてしまったアトムをリセットすべく、手塚は脚本と演出を担当し、アトムを殺すことでテレビ版「鉄腕アトム」を終了させます。

 マンガ表現のほうで制作を効率よくするために考案したテクニックなどもいくつか紹介されていて、システム化のやり方などはアニメにも通じるものがあって興味深いものでした。また、実験精神の発揮されたいろいろな例の紹介とか。

 「雑誌掲載や単行本など、発表のたびに同じ作品に手を入れる」、「自分の作品を素材に、いろいろと“編集”することを楽しんでいた?」・・・富野御大を通して手塚先生を見ている私としては、このへんなんかも何となく興味を惹かれました。あと、アマチュアではなく、プロフェッショナルたるべしとか、マンガは読者に受け入れられなければ意味はないとか。

戦後まもない時期にマンガの頂点をきわめてしまった男が、その後40年間にわたってマンガ表現の最前線で活躍することがどれほど困難か。「古いマンガ家」という役回りをあえて引き受け、その都度登場するあたらしい才能と競い合いながら、代表作と呼ぶにふさわしい仕事をのこしてゆくことがどれほど大変か。

 以前にも「手塚治虫と富野由悠季という師弟のこと」という記事を書いてしまいましたけど、何でもかんでも富野監督に引きつけて読んでしまっている私って・・・(苦笑)。

 まあ手塚治虫を熱心に研究しておられる方が読めば、もっといろいろ感想もあるのでしょうが、手塚治虫という偉人がいたから、今の日本のアニメもあり、富野由悠季という作家もあるというふうに思っております私には、とても面白い特集でした。オススメです。

『機動戦士クロスボーン・ガンダム』 すごく面白かったです! 

[2008/10/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 近ごろ、ブックオフでのめぐり合わせが良くて、「これ欲しかった!」というものがどーんと揃って見つかったりして、けっこう豊作です。私はなまくらものなので、ネットオークションはおろか、amazonで発注するのも億劫なほうなんですけど、ブックオフで揃ってるのに出会っちゃったら、「これは運命だ」と思って買ってしまうんですね。ただ、ちょっとそういうのが続きすぎると、豊作貧乏じゃないですが、積みあがった未読本の山に「うーむ・・・。」と唸ってたりすることもありますが。(笑)

機動戦士クロスボーン・ガンダム (1) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム (2) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム (3) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム (4) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム (5) (角川コミックス・エース) 機動戦士クロスボーン・ガンダム (6) (角川コミックス・エース)

 ちょっと前置きが長くなりますが、この『クロスボーン・ガンダム』は、前にもブックオフで見かけたことがあって、何度もパラパラと立ち読みはしてたんです。ただ、全巻揃っていたのは今回が初めて。
 ちょうどzsphereさんが私家版クロスボーンの続編を執筆されたという記事を読んだところでもあり。『球形の心に抱かれて』以来のファンとしては、これはその前に“クロボン”をちゃんと読了しなければと思ったところに、この出会いがあれば、言うまでもなくマストバイだったわけです。(興奮のあまり350円コーナーで6冊揃っていたのをそのままレジへ持参したわけですが、あとから思えば105円コーナーに5巻までは揃っていたのを見たばかりでした・・・。)

 ただ、以前にパラパラ立ち読みしていたときの印象は、決して良いものではなかったのですよ。まあ書影をご覧いただけば分かるように長谷川さんの描くキャラクターは、どうしようもなく“漫画絵”としか言いようがないものですから。漫画は漫画で好きなんですけど、宇宙世紀ガンダムものでこのキャラクターには抵抗感が強くて・・・。
 それが買って帰って、第1巻から順に読み始めてみたら、これがもう、面白くて面白くて!(笑)
 考えてみれば、今では大好きな『ブレンパワード』も実際見るまでは、私は「あのキャラクターはちょっと・・・」って言ってたものでした。つくづく分かりました。私はお話が大事な人で、絵はほとんど二の次なんだなぁということを。(笑)

 それで富野御大が書いたストーリーなんですけど、これは久しく富野御大がやろうとしてはうまく行かなかった“子どもにも楽しめる物語”を力いっぱいやり抜いた作品だなぁ、と。言っちゃなんですが、その観点では、こんなに見事にやりおおせた作品も他にはないんじゃないかとさえ。
 コミック媒体ということで、作品として仕上げる部分に本人が関われないことによって、かえって純粋なストーリーの生み出し手としての富野御大の姿が出ているのかもしれないなーと感じたりしております。こういう、自分の手で完全にコントロール不能なところで自分の仕事を果たすという体験が、後年のスタッフワークを生かした作品作りに繋がっていっている部分もあるのかもしれません。
 あるいは私自身がそうであったように、とりわけ宇宙世紀もののガンダムだなどというと、あれやこれやと細々としたクオリティのようなものを言い募るファンがいて、それはありがたくも、しかし不自由なものなんだろうとも思われ。

 なんか、ぜんぜん作品の直接的な感想でないようなことばかり書いてしまいましたが。少年の冒険活劇であり、『F91』のシーブック・アノーという先輩に導かれた成長譚でもあり、久しぶりに「これは面白い!」と手放しで好きになれる作品を見ました。まさか、これがそこまで気に入るとは自分で思っていなかっただけに、なかなか愉快です。皆さんにときどき推薦されていたのに、ちゃんと読んでなくて、本当に自分は愚かでした。

さーて、どうしたものか?(備忘録) 

[2008/10/26] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

 書かなきゃならないことが、たまり過ぎでストレスかも。

  • 視聴中の新作アニメ
    • キャシャーンSins (金曜配信 by GyaO)
      • 第1話しか感想書いてない!
    • 鉄のラインバレル (土曜日配信 by Biglobe)
    • ダブルオー(第二期) (日曜配信 by GyaO)
      • 1回も感想書いてない!
  • レンタルで視聴
  • 読んだもの
    • 小説「機動戦士Vガンダム」 第3巻まで
      • 第1巻の感想しか書いてない・・・
    • コミック「機動戦士クロスボーン・ガンダム」 読了
      • 面白かった!
    • 「ニーチェ入門」 読了(笑)
      • 面白かった!

 こんなことメモしてる間に、端から書いちゃえばいいんですけど。(笑)

 いろいろ違うことに手(や頭)を取られてるのと、あとネットの接続の調子がまたよくないので、30分の配信を見るのに何時間もかかっちゃったりとか。

 何かもう少し適当にしておかないと、このままじゃちょっと調子悪いですね。

 うん、書きながら考えようかと思ったけど、まとまりません。さて、どうしたものか。

「だからtominoは・・・」だいぶかっこになってきました ^^; 

[2008/10/24] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 こっちのブログが少しお留守になっていますが、この間から言っていた富野御大の何でもデータベース的なもの。「だからtominoは・・・」をいじっていると、面白くて。

 kaito2198さんのおかげで、いちおうそれらしくはなってきましたので、御用とお急ぎでない方は一度見に来てやってください。(kaitoさんは、ほんとすごい!)

 今のところ、メインになりそうなコンテンツは「富野語録」、「富野年譜」、「富野著書」ぐらいです。
 富野語録はやりだせばきりがないんですけど、ネット上に散在する御大の語録を編年体にまとめたリンク集のような感じです。こうしてみると、古いものがやはり少ないなぁと思います。手元に資料とかあまり持ってないんですけど、何か大事かなぁと思うものがあれば、このへんを眺めて落ちているなぁと思うところから、少しずつ充実させていければいいなぁと思っています。

 富野年譜はまだひと通り作ってみたような感じですが、kaitoさんの情報などもあって、まずまずのところまでは来ているような気がします。ここにすべての情報を集めるのではなくて、少しずつキーワードを増やしていって、ここは編年体の目次代わりみたいな感じでもいいんじゃないかと思っています。

 この二日ほど一生懸命取り組んでいたのは富野著書のまとめで、amazonをしらみつぶしに検索して、ひたすら編年体に並べなおすという素晴らしく地道な作業。これも、こう編年体で並んでいるのはあまり見たことがなかった気がするので、えらく地味ですが、わたし的にはけっこう満足です。(笑)
 お分かりでしょうが、「富野由悠季」で検索をかけても、富野由悠季の作じゃないものばかりがざくざくと引っかかってきて、面倒なのでした。でも、それをふるいにかけて残ったものを見ると、思った以上に数がありまして、けっこう何度も再刊されているものがあるなぁと思う半面で、これは大事なのにと思うようなものがぜんぜんだったり。市場原理ってのはどうなってるんでしょう?どうもよく分かりませんね。(笑)
 これも、こう目録を作ると持ってない現物が多くあることが哀しくて、ついつい欲しくなってしまうのがサガというものだったりします。

 まあこういう固いやつばかりだと肩も懲りますし、今後は少しずつ富野こぼれ話的なものを充実させていきたいなと思っていたりもします。もう少しメンバーがたくさんおられれば、話題も豊富になるとは思うのですが。関心のある方は、どうぞお気軽にご参加ください。のんびりとやっています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。