アニメ産業は先細りの一途か? - あえて言おう?“ニッチ上等!” 

[2008/06/30] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 例によってコメントするつもりが長くなってしまったのでトラバします。

 タツノコは過去の遺産で食っていこうとしないで、新たに企画を起こす能力はもうないんだろうか?

 何にせよタツノコがこのまま零落していってしまうのは忍びないので、金を稼いだらオリジナルの企画たてて欲しい。

 昔のタツノコ作品のファンとして、涙が出そうになるお話。

 また、今回のパネルでは、この新しいキャシャーンの物語の一部も公開されている。そのプロローグでは、なんとキャシャーンはブライキング・ボスの部下で、謎の少女ルナを殺害するところから始まるものになっている。また、キャシャーンのイメージも、大きな目が特徴になっており従来と異なった印象を感じさせる。

 元記事のほう。“な、な、な・・・なんだってぇー!”と思わずのけぞりますけど、「アニメ制作はマッドハウス」と言われると、それなら期待もしていいだろうかと。正直、今のタツノコが自分のところだけでやるという話だったら、失礼ながら不安でいっぱいだったかもしれません。

 これを読んで、お隣のマウンテンサイクル(2008/6/26付)で先日発掘されていた昔の記事のことを思い出しました。

 ガンダムは年間500億円をコンスタントに稼ぐニッチ産業だということ。ユーザーのパイがそんなに大きくない中で、どれだけ深掘りできるか?という商売らしい。

 ガンダムブランドを消費するだけのビジネスなど無駄以外の何者でもない。
 しかし、ビジネスサイドからすると売れるから売る、ぶらさがれるからぶら下がるのは当たり前の判断であり、結局、ガンダムブランドを無駄に消費しているのは、それを買う側のファンに過ぎない。

 だからこそ、ガンダムだから何でも良いというのではなく、本当にガンダムというブランドを生かそうとしている商品のみを購入するべきだ。消費者が正しい目を持って選択することのみが、本当にブランディングを考える商品を生み出すきっかけになる。

 「どれだけ深堀りできるか?」という商売なのは、タツノコブランドも同じだと思う。むしろ、汲めるだけのリソースがそこに眠っている(「ビジネスサイドからすると売れるから売る、ぶらさがれるからぶら下がるのは当たり前の判断」)と思ってくれる人が、まだある程度はいるらしいことを喜ぶべきなのかもしれません。(かつてのヒット作が、いまや・・・という嘆きはありますがね。)

 しかしかなり手堅いはずのガンダムですらニッチ市場と呼ばれるんでは、アニメビジネス全体が「どれだけ深堀りできるか?」という商売と言わねばならないんでしょうか。(もっとも、日本テレビと組んだスタジオジブリだけは別格か・・・?)

 しかしOVA作品は、ビデオやLDを買うか借りるかしないと見ることはできなかった。
 ところが今では、そんな作品もでわざわざ無料でテレビ放送してくれる。『コードギアス』なんていう徹底してオタク向けにチューニングされながらも高い質を維持している作品が無料で全国放送されているなんて、本来なら夢のようなことだ。

 こういう見方もありました。当たり前のようですが、「ガンダムだから何でも良い」、「タツノコ原作だから何でも・・・」、「アニメだから何でも・・・」というのを注意深く退け、何を見るのか、何を買うのか、しっかりと選ぶことが大切ですね。
 もしかすると作り手も、そういう切磋琢磨する環境にさらされているという意味では、“ニッチ上等!”な側面もあるのかもしれません。(ジブリブランドだから安泰という環境よりも、老舗のタツノコであっても、今、勢いのあるマッドハウスと組む、といったような。)ただし、富野監督がよく言っておられるように、隙間産業だけに安住する志の低さでは、業界全体が先細りになっていくだけなのはもちろんですが!

スポンサーサイト



イデオンの感想が書けない・・・。さて、どうしたものやら。 

[2008/06/29] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 イデオンの感想が書けない・・・。kanobowさんとかグダちんさんとか、近ごろ読み応えのあるイデオンについてのエントリーを読み過ぎかも(笑)。まあ、ぼつぼつと書きます。

 あと、foo_fighterさんの「ゼーガペイン再見」もすばらしい。ゼーガ好きは是非読むべき。

 それはいいんだけど、インターネットは逃避する空間としては面白過ぎて、ときどき自分なんてどこにもいなくてもいいような気がしてしまう。そのための「避難所」なんだろうに!避難所から、さらに逃げる場所なんて、どこにもないですよねー。

 今月はあまりブログが更新できなくて、はてブばかりが充実していく。うーん、それでもいいんだけれどもねぇ。

 モニターを見てるのもつらくなって、本を読みながら、うとうとしてみたり。・・・どちらかと言えば、うとうととするために本を読んでるっぽいので、本の感想もなかなか書けません。なんかペースが崩れてます。さて、どうしたものやら。

『交響詩篇 エウレカセブン』 47話~最終話 

[2008/06/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 見始めてからずいぶんかかってしまったんですが、ようやく最終回まで行き着くことが出来ました。

 この作品はティーンエイジャー向けの「ジュブナイル」とも言えないし、どういう対象を想定して作られたものだったのか、最後までそこの距離感がつかめなかったなぁと思います。思った以上にクライマックスは面白かったんですけど、やっぱり全体の印象として、“作り手が作りたいように作った”っていう印象はありかな、と。
 レントン君は14歳でしたっけ?アニメの設定年齢はしばしば方便だったりもするんですが、この作品ではわりと真に受けて、大人目線からリアル中二病のイタい感じを生々しく描いていたような気がします。

  1. アクペリエンス・4
  2. バレエ・メカニック
  3. シャウト・トゥ・ザ・トップ!
  4. 星に願いを

 ダイアンの口を借りて一気に謎解き全開の47話。案外親切なつくりです。ただし“クダンの限界”とか難しい部分はどうしようもなく難しいですけどね。『ゼーガペイン』のSFらしさには好感を持った私なんですけど、このエウレカセブンはとにかく微妙。感覚的に“スカブコーラル”の存在を受け入れられるかどうかも、こういう設定だと、さらに微妙。(キョウちゃんは実は賢かったけど、レントンは根っからただのアホで何も考えてないっぽい。)
 切迫したところに差し掛かっているのに、逢いたくてたまらなかった“お姉ちゃん”に出会ったら、とたんに鼻水たらしたガキに戻っちゃうレントン君。まったく頼りない!(笑)
 この部分だけを見ちゃうと、結局、目先のことしか何も考えられないのが“セカイ系”かと言われても反論できない。いっさい息子に口を開かない父、アドロック・サーストンというのも、実に気持ち悪い。ダイアンの目もとろんとしていて、やっぱりスカブコーラルは駄目な感じ。(関係ないけど『ガン×ソード』で鉤爪の男の理想が実現したらこんな感じか、とか連想しました。あれはアンチセカイ系だったんですかねー。)
 なので、ここでは「スカブコーラルの意見はいい!お姉ちゃんの意見が聞きたいんだ!」というレントン君の成長ぶりが少しはうれしい。

「私情の何がいけない!」
「行って来い、ドミニク!」

「もしこの戦いが終わっても、生きていていいって言われたら、小さな鏡をひとつ買い、微笑む練習をしてみよう・・・。」

 でもやっぱり“アネモネ&ドミニク”ラインのストーリーのほうが私は好きです。それをつくづくと感じた48話でした。(時間がないって言いながら外界に戻ってきたはずのレントン&エウレカは「ぼーっ」っとしてるし。テンポ悪!)
 アネモネとドミニクの物語は情が通っていて、だから変なペットのガリバー君までいい仕事をしてみせてくれます。(“タイプ・ジ・エンド”もね。)

 世界のゆっくりと終わってく感じの中で、ユルゲンスやホランドや月光号、とにかく大人たちがやけにかっこいい49話から最終話。悪くはないんだけど、“大人はこのようでありたい”って願望がもろにストレートかなぁ。
 デューイは・・・結局よく分からんなぁ(笑)。「こいつも“まがい物”って言うのか!」みたいな台詞はいい感じで、彼の気持ちはなんだか理解できたけど、どこまでが計画で、どこからが万一失敗したときに備えての保険だったんだか。そこがぱっと見て飲み込めないから、最後の一話が全体にゆるーく思えちゃいます。
 「ねだるな、勝ち取れ」ってフレーズが何回も出てくるんだけど、レントン君は結局ずーっと“エウレカ大好き!”っていう一つ覚えで、工夫したり苦悩したりが少なかった気がします。ねだらなくても与えられたものが多いと言うか。
 細かいことだけど、タルホさんに「いい男になったじゃない」って言われて「ハイ!」はいい返事なんだけど、ホランドには相変わらず「うん!」って答えてたり。“大人がこうであってほしいと願う子ども”像っぽいような気がしてしまいます。(やけに元気よく「アーイ、キャーン、フラーイ!!」とか。)
 モーリスとの和解もなぁ。どうなんだろう?少なくとも手紙(というか住民票)を託したのは、ちょっとやり過ぎ感なきにしも非ず。
 ニルヴァーシュとの会話はストレートで分かりやすいけど、分かりにくい部分との組み合わせ具合はどうなんだろうか。同じく月面のハートマークも。うーん・・・。そうですか、この話はそういう話だったんですねってことだけど。
 でもゴンジイはよかったですよ(笑)。ラストはホランドとタルホも見たかったなぁ。
 すごくいいなぁと思うところもあって、いい作品だったと思うんですけど、脇役がよかったのに比べて主人公の二人のドラマにひねりが少なかったのが残念でした。そんな感じです。

交響詩篇エウレカセブン 13

『コードギアス 反逆のルルーシュ R2』の、一向にまとまらない感想。 

[2008/06/26] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 現在進行形の作品で一番楽しみに見ているのが、この『コードギアス』の第二部なので、感想を書かなくちゃと思いながら、いつのまにやら日が経ってしまいました。

 最新回のWEB配信はBIGLOBEなんですけど、何気にバンダイチャンネルで第一部を流していたりして、近頃ちょうど「血染めのユフィ」や「せめて哀しみとともに」あたりの最高潮な展開のところだったので、平行して見ていたりします。

♪ 星になるよ 君守る

♪ 今行くよ 僕は 流れ星

 この主題歌、人気は上々のようだけど、私としてはいきなりの違和感!・・・とはいえ、第一部でも、前半の主題歌では思い切り全能感を謳いあげていて、それが後半になって痛烈なしっぺ返しが待ってましたから、「その手は食うかー」っと。(笑)
 何しろ小生意気な我らがルルーシュ君だけど、根っこはこのテの夢見がちな気分のところがありますね。っていうことは、これはいつもの意図的なミスリードで、第二部後半では主人公の、こういった素朴に甘っちょろいメンタリティの部分が(再び)コテンパンにぶっ潰されると見ていればよいのかどうか(笑)。
 とりあえず、その予兆はエリアイレブンの総督に最愛の妹ナナリーが就任して、よりにもよって思い出すのもつらい「行政特区ニッポン」構想を再び打ち出し、ゼロを直接否定した時点で垣間見えているんでしょう。だけど、たぶん谷口監督の主人公イジメはこんなもんでは終わらないでしょう~。うわぁ、怖いですね~ (わくわく♪)

 歌と言えば、エンディングでチラッと映るルルの顔に、オレンジ君みたいな飾りが付いてますが、現状、ロボットアニメ史上最弱(?)の主人公たる彼が、最後には強化人間になってパワーアップ・・・とか、思わず妄想してしまったのは私だけですか。そうですか。(笑)

 第二部は放映開始してからしばらくの間、すごく忙しくて、5話ぐらいまで一気に配信を見たんですけど、それもやっぱりすごい違和感でした。前にも書きましたけど、この作品って毎週毎週、「次はどうなる」という期待を目いっぱい盛り上げておいて、徹底してその予想の斜め上を行く展開を見せることで、TVシリーズというフォーマットを最大限に使いこなしていると思います。それを5話続けて見ちゃうと、なんだかワクワク感が4割減とか、そんな印象。
 それで、どうもうまく波に乗れなくなって、ここまで来ちゃいました。・・・どうしたもんだか。混沌とした感想を、何も整理しないで書き留めてだけおきましょうか。

続きを読む

まずは「消費は麻薬」と思えるかどうかですかね・・・ 

[2008/06/24] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

 珍しく世の中のお話に少し目を向けてみます。

地球温暖化対策として、コンビニの深夜営業に対する規制を検討する動きが全国の自治体に出てきている。

 コメント欄やはてブのコメントまで含めて、いろんな見方が出ていて面白かったです。地球温暖化への対策、いわゆる“ECO”の視点を敢えて見ずに、コンビニの深夜労働の問題と絡めて(混同して?)語っているところが切り口として興味深かったです。環境問題というタテマエ論を真に受けたものかどうか、そこが難しいところですからね。

こんな規制が可能なら、正月はもっといろんな店休め、とかいう意見もありそう。そりゃそうと、パチンコ店は電気を盛大に使っていそうよ?あれこそ営業時間をもっと規制できないのかなー?w

・・・と、私もとりあえず、はてブコメントをしましたが。
 なんだか引っかかって、その後も、つらつらと考えてみたりしてみました。で、私もちょっと話を飛躍させてみます。

 (これを言うと多くの方々から叩かれそうなのは承知で敢えて言ってみますが、)私は愛煙家でありまして、近年の愛煙家バッシングを、なんだか“煙たいもの”(笑)に感じています。
 そこで思うのですが、嫌煙論者の皆さんは、タバコは麻薬だ、タバコをやめられない人間などは、ニコチンという薬物に依存しているだけではないかとおっしゃる。・・・・・・はい。まったくおっしゃるとおりだと存じます。
 すでに案外、多くの愛煙家がそれは自覚しておりますので、そこを指摘されても、今さら「はっ!そうだったのか、ガーン!・・・」となって、悔い改めようなどとはあまり思わないのですよ。

 それで、言い逃れではないのですが、ECOの話と言うのも、こういうのと似ているなぁと、ふと思ったのです。
 「消費は美徳である」などというのは、ECOの考え方からすれば麻薬というべきでしょう。ですが、一度手にした消費の快楽を、やめられる人がどのぐらいいるのでしょう?
 この場合に、エネルギーの浪費が社会的に仕組まれた麻薬だという自覚を持っている人は、少なくともタバコが麻薬だと認識している人よりも、比率としては少ないに違いありません。なぜなら現代社会の中で、何らかの形でエネルギー浪費に加担している人は、圧倒的多数ですからね。

 開き直りではないのですが、エネルギー浪費をしている人も、社会の中で少数派に追い込むことができたなら、ECOもうまくいくのかもしれません。しかし、どうやったらそんなことが実現できるんでしょうか。私もコンビニが深夜あいているのにはお世話になってますし、タバコも(人に何かと非難されたぐらいでは)やめる気にはなりません。どうにも難しい問題ですね。

続きを読む