「おたく」という言葉についての雑感 

[2008/03/31] | 「おたく」な話 | トラックバック(0) | コメント(7) | TOP ▲

私はライトオタっていうより、「普通のファン」だと自分のことを思ってますけどねー

・・・って何気なく書いたら、psb1981さんに全力で否定されちゃいました(笑)。
 この話題についてコメントがいくつかあったので、相変わらずネットの接続もよくないし、少し続きをまったりと書いてみましょうか。

 「おたく」ってほんとに何でしょうかね。世代によってもずいぶんイメージが違うのは間違いない感じです。私は“1.5世代”とかになるのかなーってところですが。
 世間一般の人の「おたく」という言葉の使いかたをみていると、

  1. 狭義の「おたく」
    アニメやまんがなどの熱心なファン。特にそういうものを見るだけじゃなくて、その話題について互いに話すことも好きな人が多い。
  2. 広義の「おたく」
    上記のようなジャンルに限らず、広く趣味全般に関して、とりわけ熱心な状態も「おたく」っぽいと言われているようですね、昨今では。

・・・私は、まあ、こんな程度のゆるーい認識でいいんじゃないかなと最近では思うようにしています。やはり古い世代に属しているので、「おたく」という語に世間の多くの人たちは強くネガティブな意識を持っていると感じているし、言われて嬉しい気がするかというと、そんなことはありません。
 ただ、ウェブのあちこちを見てまわっていたりすると、特に強く感じるのは、みんなすごく“コレクター”だなぁということで。その点、私は貧乏性(というかケチ)なこともあって、あまり所有欲は強くないんですよね。高額なアイテムなどは全然持ってない。趣味にどの程度、資本をかけているかというので「ヘビー」、「ライト」を分けるとしたら、私なんてウルトラライト級だろうと。そう思っています。
 “世間の目”を意識するときと、“同好の仲間”どうしで話しているときと、どうしたって基準が違うということはありますよね。なので、世間の目の基準からは、私も「おたく」だろうと言われたら、まあそうかもしれないですけど、ほんのピラミッドの底辺(っていうか、ほとんど裾野?)ですよと、これははっきりと思います。

 ただ、何事も絶対評価と相対評価というのはあるかもしれず。自分の自由になるお金、あるいはもっと大きいところでは自分の自由になる余暇時間。これらに対してその使い道に適度なバランスが存在せず、著しく偏っていることを「おたく」だと言うんでしたら、これは私には確かに当てはまってしまうかもしれません。
 アニメを見て、ブログを書く。・・・残念ながら、他にあまり楽しいことを知らないんですよ。なので今、パソコンやプロバイダの不調でアニメが見れない環境が続いていると、すごーく哀しいです。ええ。

 今の40代以下の人たちっていうのは、少なくとも小学生以下の時にはそのほとんどが、まんがやアニメのファンだったんじゃないかと思います。もちろん例外に属す人は常にいると思いますけど。よっぽどスポーツ好きだった人とか。よっぽど勉強熱心だった人とかね。
 で、一部の人を除いては、中学生か高校生ぐらいのときに、そういう「子どもっぽい」趣味からは卒業をしたんでしょうね。卒業し損ねた人たちを「おたく」と呼んでいるのだと。
 私について考えると、正直に言うと、高校生ぐらいで一回アニメは卒業したんだと思っています。忙しくて、全然アニメどころじゃなかったし。これでも一応、高校生や大学生の時には、恋愛の真似事だってしたことぐらいあるんですよ。世間並みのレベルとは言えないかもしれませんけど(笑)。
 で、いつの間にか大人になっちゃって、がむしゃらに働いてばかりきて、ある日気付いたら、仕事以外に何の趣味も楽しみもない自分に気づいたという。そんな感じ。

 何て言うか・・・一回卒業しちゃった学校に、忘れ物をしてきたみたいに出戻っちゃった。私はそんなアニメファンなので、「おたく」って言われると。・・・“そうだねぇー?”って考え込んじゃうところが。
 正直、呼ばれ方なんかはどうでもいいんで、楽しい話が出来れば私はそれで全然満足です。出戻りなもんだから、“脱オタしなくちゃ”みたいな話を読むと、うーんって悩むほうかな。だって何一つ趣味もないよりは、「好きだ」って言えるものがあるのは、すごくいいことですよ。これははっきり言えます。

 ただね。まあ、経済的に破綻するところまで物欲に取り付かれてみたり、健康を害すぐらい寝る間も惜しんで趣味にのめりこんでみたりするのは、そりゃ普通に駄目ですよ(笑)。
 広義の「おたく」で、車マニアがまったく身分不相応なスーパーカー(死語?)を買っちゃったりとか、健康マニアがダイエットやジョギングのし過ぎで逆に不健康になっちゃったりとか、そういうのと一緒だろうと。
 で、たしかに最近、ちょっと夜更かししてアニメやブログにのめり込み過ぎかなぁと。それは確かに思います、はい(笑)。幸か不幸か、自由になるお金はほとんどないも同然なので、経済的には被害は小さいですけどねー。健康はやばいかなー。

 長々と書いてきて、別に結論も何もないんですが、私の世代のディープな「おたく」の皆さんっていうのは、とてもクリエイティブで、(仲間うち限定でも)コミュニケーションの達人がむしろ多かったということは、これは書きとめておきたいかもしれません。そういう意味でも、私なんかまだまだ浅い浅い!でもそれはそれ。
 ちょっと変わってるのかもしれないし、案外とても平凡なのかもしれない自分の立ち位置というのを自覚しているので、人それぞれの「おたく」についての考え方も、私はどれも尊重したいなーと思っているのですが、どんなもんでしょうかねー。

スポンサーサイト



WEBサービスの安定感とか広告とかの話 

[2008/03/30] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 パソコンの調子もネット環境も、何もかもダメな私です(笑)。
 ここはひとつ、開き直って、“不具合日記”で行っちゃいましょうか。

私にどうしろと?

 これは、ネットスケープ7.1の環境なんですけど、Flashのバージョンが7なのが悪いのか、「ログインできません」という絵(笑)。いや、かろうじて上の方に「ログインフォームが表示されないかたはこちら」と書いてはありますが。これ、さすがに私のメインのネット環境ではないですが、仔細あってバージョンアップを勝手にできないところなので、いろいろ我慢中なのであります。それにしたって“ウェブアクセシビリティ”という考え方からしたら、この程度の代替では赤点ぎりぎりって感じじゃないでしょうかねー。

→ FC2インフォメーション  【ブログ】mixiからFC2へのお引越しもカンタンに!!

 このへんのコメント欄なんかでも揉めてたけど、FC2ブログって、カスタマイズの自由度の高さもあるけど、ユーザーの増加に応じて着々とサーバーを増強したりとか、そういう基本は地道にやるところだと、私は信じてきたんで、(前にも書いたけど)

現在アクセスが集中しており表示しにくい状態となっております。申し訳ございませんが、しばらく時間を置いてからアクセスするようお願いいたします。

・・・って、これがなかなか改善されないのは、何でなのかなーと、大変残念です。
 サーバーが混雑してるのかなーと「最新障害情報・メンテナンス情報」を見に行っても何にも載ってないし、それどころか「各サーバー状況」を見に行ったら“”と書いてあったりしたら、こりゃいったいなんのこっちゃとやっぱり思っちゃうですよ。

 インフォメーションブログのコメント欄にも“記事を投稿しようとしたらビジー画面で消えちゃった!”という悲劇が書かれていますけど、文章だけならともかく、“タグ”とかいろいろあるわけで、メモパッドとかじゃ具合が悪いし、エディターが別に要るんじゃブログのメリットが少ないし(ほかのブログサービスでは、手元のエディターで編集したのを投稿するのが常識ってほんとですか?)、やっぱりそのへんの手軽さ+安定感に勝るクオリティはないなーと思うのですよ。
 まあ、これで2回ほど連続で“やらかしちゃった”ので、今度これを投稿するときは「保存」ボタンを押す前に「右クリック→すべて選択→コピー→テキストファイルに保存」というのは忘れないようにしますけど。

 何しろ、パソコンに、プロバイダに、これでブログサービスまで不具合気味となると“三重苦”ってわけで、いろいろ改善するのには手間暇ばかりかかるなーと、ため息ばかりです。(ブログサービスの場合の改善は、“見切りをつけて引っ越す”なんて選択肢もありますけど、エネルギー要りますよねー。)
 まあある程度は努力もしますけど、ただやっぱり不安定さを感じさせちゃったところで広告を見せられると、余計腹が立ってマイナス効果というのは確かにあります(笑)。
 私の場合、この上記画像のオンラインゲームとか、あと、GyaOで接続が切れちゃって見直すたんびに挿入される映画『ライラの冒険』の広告とか、もう完全に条件付けされちゃって、“見ると不愉快”になるという、これはどうしようもありませんです。

 回数出せばよいとか、でかくて動いてればよいとか、そんなんじゃなくて、やっぱり高いユーザビリティの中で提供されてこそ、広告も好感を持って見られるのは当たり前だと思うので。
 ・・・何もかもダメな私を、これ以上苛めないでいただきたいってことで。(笑)

今日かろうじて見てまわったあれこれ。 

[2008/03/29] | ネット巡遊記 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

 今日は『Darker than Black』をGyaOで見ようと思ったんですが、アーバンから主題歌までは見ることができてもコマーシャルの途中でにっちもさっちも動かなくなること十数度。ひどい状況だなー、うちの接続環境は・・・。何とかしたくても、休みも取れないし、こう毎日帰りが遅いのでは何ともかんとも。(DVDドライブのぶっ壊れた問題も放置中・・・。)

 こう状況が悪いと、定時巡回にまでも支障が生じて、ブクマしようとすると、いつの間にかログアウトしちゃってること、これまた十数度。いやはや。

 ろくに見てまわることもできませんでしたけど、グダちんさんのイデオンの感想が佳境に入ってきたので楽しく読ませていただきました。『機動戦士ガンダム』の次は、イデオンを見たいと思っている今日この頃。(しかしDVDドライブ何とかしなくちゃなー)

うわああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああっ!!!

伝説巨神イデオン25 逆襲のイデオン - [呶呶]玖足手帖[日日]

コスモは自我を破壊されつづけてないか?碇シンジってレベルじゃねーゾ!

伝説巨神イデオン26 死闘・ゲルの恐怖 - [呶呶]玖足手帖[日日]

設定が見たいんじゃなくって、設定を受け止めるキャラクターたちが見たいんだからな。

伝説巨神イデオン27 緊迫の月基地潜行 - [呶呶]玖足手帖[日日]

 前にも書きましたけど、テレビ版って相当忘れちゃってるんですよねー。すっごく見たい!

 そのほか、目に止まったところをいくつか。

ISASにおけるヤマト魂の一例 - 不平文士の飲酒日記

 こういうの好きだなー(笑)。古い世代でごめんなさい。

  • 「ライトなオタク」とは、最早一般のファンのことを指しているのではないか
  • 「ライトなオタク」(=普通のファン)は増えている
  • それは、オタク像そのものが形骸化し、ファッション化した結果

オタクの“ライト化”? それって普通のファンじゃねぇのかよw - 日本のアニメは本当に世界一か?

 私はライトオタっていうより、「普通のファン」だと自分のことを思ってますけどねー。みんなそんなにオタクが好きなんですかねぇ。

ブログというのは「人と人」であり、人というのはおもしろいものなのだ。

本当に、ブログを書いているとロクなことがない - 花見川の日記

 これ、いろいろと共感しました。出張から帰ってきても、こんな有様ですが。(そういえば来週もまた出張があるのでした。読書できるのはありがたいのですが。)
 しかし、まったく寝る間も惜しんで、我々は何をいったいやっているんでしょうかねー(笑)。

『狼と香辛料』がやっと見れました 

[2008/03/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 インターネットエクスプローラーをこの間、ようやく「7」にしたら、動画を見るのも少しは快適になったような気がします。相変わらず我が家の接続はきわめて不安定なんですけどね。
 『狼と香辛料』は、GyaOよりバンダイチャンネルのほうが、繋がりはまだましのようです。
 何しろ毎日残業残業で、精神的にもかなり参っちゃってるんですが。『狼と香辛料』は、何故か癒されますねー(笑)。

 どうも間が悪くて、ここまでけっこう何話も見のがしちゃっていて、かろうじてストーリーに付いていっているという感じです。なので、感想を書くようなレベルの視聴者じゃないんですけど。この作品の雰囲気がとにかく気に入っています。ホロも好きなんですけど、ロレンスがとても好きですね。何だか親しみがもてます。どちらも賢くて、優しくて、でもちょっと抜けてるところがいい感じ。ホロは寂しさを抱えているところがよくて、それを察してあげられるロレンスがまたいいのかも。
 めったに派手な事件も起こらないのに、こう飽きないのはどうしてなんでしょうかねー。ホロはときどき、すごーくいいことを言いますけど、まあそれってわけでもないし。やっぱり淡々とした人間ドラマに深い味わいのあるところが、近ごろではあまり見られない作風で、心にしみるんでしょうかねー(笑)。

「セイラさん、立って。立つんだ!」 

[2008/03/27] | 随想系 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 ようやく帰宅。帰りの車中でうつらうつらしながら、携帯で思い付きをメモした内容なので、まとまりがないですが、とりあえず。

「セイラさん、立って。立つんだ!」

 『機動戦士ガンダム』のラストシーンというのは、あの音楽とともに、何かの折りにふれて、ふっと頭によみがえってきます。思い出すたび、馬鹿な話ですが、ちょっと条件反射的に涙腺がじわっとくる。… まあ、困ったもんですなぁ(苦笑)。

 あの作品というのは、なので私にとっては、ラストシーンからの逆算が必要充分条件。つまり劇場版はただの総集編じゃなく、一個の立派な映画だと思ってます。
 ですが、久しぶりにテレビ版を見通してみたら、…これもほんとに感動したなぁ(笑)。
 とくにNishinomaruさんの指摘されたように、「恋愛もの」としてのニュアンスは、これはテレビ版ならではのものがありました。

 …でも今日は頭の中を、あの曲がぐるぐるしてるのでラストの話(笑)。

 『機動戦士ガンダム』はニュータイプという、認識力洞察力の拡大した人間存在 を仮定したストーリーでした。(「夢、それは夢。夢…。」)
 考えてみると、あの時にアムロが救ったのは、自分にごく近しい一部の人々だけで。例えばその 脱出劇の進行中にも、セイラさんは「目から火花」でジオン兵を撃ち倒したりしています。
 なんていうか、そういう「限界」が厳然と存在しているのですね。そこにまだ可能性を試し切っていない余地が残されていたので、『逆襲のシャア』に繋がって行ったのでしょう。
 うまく言えませんが、富野監督がぎりぎり許容可能な仮定の限界線を探った『逆襲のシャア』に対して、「男というものは、こういうものだと…」というエクスキューズをせずにはいられなかった。このことは、重要なのかもしれないですね。

 そうした男性的な原理で考え尽くした果てが『Vガンダム』なのかもしれません。そういう意味で、“極北”であり、転換点であるという見方は正しいのかも。
 どちらかといえば、問題点が未消化なまま、むきだしになっている気もして、作品としては、ひどく難しいものであると私は思わずにはいられませんが。