<(_ _)> おかげさまで10万Hitです <(_ _)> 

[2006/05/31] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(4) | TOP ▲

 カウンターのトータルアクセス数が10万の大台に到達しました。皆さん、こんな半端なブログをご覧くださって、本当にありがとうございます。
 9万御礼が今月1日でしたから、ちょうどひと月1万のペースを堅持しているという状態です。(ユニークアクセス数のほうは未だ4万にも届きませんけど。)
 このブログを書き始めたのが去年の8月。最初のほうを振り返ってみると、本当に顔から火が出そうに恥ずかしいエントリーが並んでいます。
 9万御礼の最後に書いたように、正直そのままの自分でありたいという欲求と、せめてブログの中でぐらい、自分が「かくありたい」自分でありたいという願望の入り混じりが、人様にご覧いただけるようなものなのかどうか、自信を持てないままでなんとなく「それがスタイル」になってきてしまっているような気がします。
 今月は、生活リズムも乱れまくりで、毎日更新の心意気も今はいずこ。飛び飛びの更新カレンダーになっており、内容もあっち行ったりこっち行ったり。
 ただ、9万のときに「特定のジャンルへの個人の興味集中が持続できる期間」についての懸念を書いたわけですけど、例えば私は、少なくともイデオンについて話していたら、いつまででも話していられるような気がします。(まさに無限力! 笑)
 なんか、かなり深いところで私の人間形成は、イデに導かれちゃって(爆)いるのかもしれないなぁ、などと・・・。
 今どき富野アニメについて、大してよくもない頭で一生懸命考えているオヂサンもそうはいないと思います。FC2ブログで「富野由悠季」というテーマを立てても、なかなか書いてくれる人がいないのに、トラックバックピープルにも「富野由悠季」を作り、さらに性懲りもなく、ブログ村にも「富野由悠季を真面目に語る」トラックバック集を作ってしまうという、絵に描いたようなアイタタタぶり。(笑)
 ・・・アクセスアップというよりは、同好の士はもっと世の中にいないものかという足掻きだったりしますが、たぶん求め方の方向性が間違っておりますね。どうも御大好きは、ニヒルなインテリ肌の方が圧倒的に多いようで、私のように頭が悪そうな路線の方にネットで出会うことは多くありません。
 そんな感じで世間の需要は決して多くはございませんが、他に何もできないし、マイペースで自分の書きたい想いを探してまいりたいと考えております。
 やはり皆さまのコメントが一番励ましになります。今後とも何とぞよしなに!

ブログランキング
続きを読む
スポンサーサイト



「向上心」考(生きて戸惑い動揺する教養) 

[2006/05/31] | 新訳Ζ | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 「教養」という、似合わないことをこの間しばらく考えてきました。教科書は、高田里惠子『グロテスクな教養』(ちくま新書)。もともとは、「Ζガンダムはビルドゥングスロマン(教養物語、成長物語)としてどうなの」という話から、思えば二ヶ月以上以上もかかってここまで来たんですが。(笑)
 第1章の標題は「男の子、いかに生くべきか」でした。
 自分自身を作り上げるのは、ほかならぬ自分自身だ。・・・正直「なるほど」が半分で、「へぇ、教養って本当はそういう意味なんだ」が半分だったわけですが。第4章まできて、その残り半分の正体に気づかされました。最終章は、女性にとっての教養の話(ちなみに著者も女性)なのですが、これがまぁ、格別に「いやったらしい」話柄。(笑)
 第1章で語った教養の定義は「男子たるもの」の生き方の話だったところがミソでありまして、これに対し、久しく女性にとっての「教養」という言葉は、「お育ちの良さを表す目印」だったという、なかなか今どき口にするのがはばかられるような歴史的経緯が記されております。私みたいに学のない人間は、実は「教養」と言われると、こっちのイメージのほうがパッと浮かんでしまうという・・・。

 アイデアは熱いうちに打たないとしぼんでしまうと言いますか、『Ζガンダム』の男性原理VS女性原理の話を、この話の延長で読んでいくとどうなるんだろうか、ってのが私の関心だったのですが、ちょっとネタを寝かしすぎちゃって、うまく言葉にならないんですけど。

 自己形成を目指したいというメンタリティの根本にあるのは、「心貧しく何かを求め続ける」気持ち、すなわち、今ある自分に満足できない焦燥感なのですね。(これは格別、男性だけの特権ではないのは言うまでもない。)
 ただ、それは貧しさに立脚しているという事実も直視しなければならない。つまり教養主義というのは、ブルジョア的視点からは「身の程知らずの上昇志向の落ち着きのなさ」だし、一方、庶民的存在には、「自分たちを置き去りにする裏切り者のエゴイズム」なのだという。
 いわば、「教養」を求める向上心というのは、「成り上がり根性」と背中合わせだという指摘なのですが、それはそのまま「近代日本そのものの姿」(その根性の消滅が日いずる国の没落) でもあったと。

 世の中全体が右肩上がりのときは、それでもよかったのですよ、たぶん。しかし、今はそうではない。
 そこで自身も女性である著者は、今日の教養(いかに生くべきか)を考えるべき最前線に立っているのは女性であるという指摘で筆をおいています。(・・・んん?結論は? 笑)

もし、教養や教養主義にたいする筆者の態度がいま一つ明確でない、批判なのか擁護なのかよく分からない、と感じられるとしたら、それは、人間をその複雑さのままに示してみたいという本書の願いから来ている。教養は、もちろん、この人間の複雑さと切り離しては考えられない。


 これはあとがきの中にある言葉です。私はこの態度は富野アニメの人間観ととても近いものだと感じました。(女の時代が来る、というシロッコの説を別にしても。 笑)
 筆者は続けて、おそらくこうした態度の例として、大西巨人『神聖喜劇』の主人公が「いろいろたくさん私にわからぬことがある」と正直に混乱を告白することについて記しています。

 人間描写の細部のリアリティは、われわれが日々体験する、厳粛と言っていいのか滑稽と言っていいのか、笑っていいのか泣くべきなのか分からない、まさにグロテスクな状況を映しだす。
 そして、そのように細部が積み重ねられるほど、人間をよく掴めなくなるのだ。これは、主人公じたいの感覚である。


 この部分は、私たちにはまるで、『Ζガンダム』の批評のようには聞こえませんか?(笑)
 「確固とした理念としてではなく、生きて戸惑い動揺している教養」という言葉に、私はとても感動をしました。

 「自分自身をどう見るか」が男性原理の教養だったとすれば、「他者にどう見られたいか」「他者をどう見るか」はやや女性原理的(と思われてきた)な教養論になりがちなわけですが、社会全体が頭打ちな現況の中で、人を差し置いても自分(だけ)は向上したい、という願いはしばしば壁に突き当たります。(下手をすれば、あの宗教の人々のようにさえもなりかねない。)
 ・・・私の下手な言葉でまとめてしまうのは、どうなのかなとも思いますが、それはつまり、人と人との関係の中で、戸惑いながら、動揺しながら、しかし互いの向上を飽かずたゆまず希求し続けるというようなことなのかな、というような感想を私は持ちました。
 つまり『新訳Ζ』というのは、そういう今日的なビルドゥングのあり方のひとつの真摯な模索だったのではないのか、と。(そして、それは断じて微温的な「現状肯定」ではない!)

超・個人的に素敵に馬鹿な「エヴァ現象」w 

[2006/05/29] | ブログ日記 | トラックバック(0) | コメント(1) | TOP ▲

 二つ前の記事冒頭に追記訂正したとおりですが。

 いやー、恥ずかしい!w

 まったくなんたること!ww

 ・・・勘違いの要因はいろいろあったんですが、(これ言い訳ですね、)二話ずつ入っているという先入観があったのと、ちょうど借りに行ったその時、時間がなくて焦っていたのと、13巻がたまたま全部誰かが借りていってなかったのと・・・。

 しかし、実際借りてきて、見てみて、「おかしいなぁ」と思いながら、「いやー、さすがうわさの最終二話だわ、これは難解を通り越しているぜ」って・・・。(爆!)

 これを先入観と言わずして、なんとする!

 そりゃあ、「何事?」になるだろうっての。w

 そういう思い込みで見てしまうという、私の超・個人的に、超・素敵に、超・お馬鹿な、ある意味「エヴァ現象」になっちまいましたですよ。(とほほ)

 作品との出会い方とか、見る順番とか、その時の個人的な心情のありようとか、そういうことで、アニメの見え方なんてのはまったく変わってしまうと常々思っているのに。
 これじゃ、私のエヴァ体験はズタズタのボロボロですね。

 そんなんなら、いっそ「しゃべるな!」なのかもしれないんですが。
 ・・・まあ、こういうのだって、ありかな?と思えるのが私という人間の面の皮の厚いところです。(リアルタイムのオンエアで、ずっと見てきて、ラス前の弐拾参話を見逃してしまって最終話を見た人の感想に近いのだろうか?それよりさらに混乱してそうですね。w)

 なにしろ、エヴァ感想は、気を取り直して後日改めてきちんと視聴してから書き直します。
 見苦しいどたばたをお目にかけてしまって、まことに申し訳ないです。

ブログランキング

あ、そうだ。 

[2006/05/28] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 その前に一言だけ。

イデオンの男性キャラによるブレンOPなんて作ったら壮絶かも、、、。あんまり観たくもないですね。
(わんこさんのコメント)



 男性キャラが裸で飛んでるのは、ターンエーのエンディングでロラン君がふらふらと飛んでおりましたですね。(彼だって、いちおう男の子だ!)

 富野さんは裸で飛び回るのが、イデオンの時から好きだったと、
 君は!(爆)

ブログランキング

エヴァ最終話。え、何々?(まるで素の感想)w 

[2006/05/28] | 感想系 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

※5/29追記
 コメントが付いていなかったら、こっそり記事ごと削除しようと思いましたが・・・。

 私は馬鹿です。
 とてもとても恥ずかしい。


・・・2巻ずつ借りてきて4話ずつ見ていたのですがね、
今回借りてきていたのが12巻(弐拾参話+弐拾四話)と14巻(弐拾六話+26話)だったということに昨夜2度目の視聴でようやく気づきましたですよ!
 先入観恐るべし!
 いや、言い訳はしますまい。私は馬鹿です。
 銘記するために恥は恥で残しておきましょう。


↓注意 下記の記事には事実の誤認が含まれます。
    後日、「補完」する予定なので、笑ってやってください。
続きを読む