また言葉足らずでした 

[2006/03/30] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(5) | TOP ▲

>イデオンのキャラクターもメカも、考えてみればあんまり好きではない

個人的に湖川氏の絵は嫌いなので同意しますが「あの絵だからこそイデオンは名作なんじゃないか?」とも思います

難しい事は分かりませんが、アニメでも劇でも「見て」物語を感じてる訳だし・・・



 41さんにコメントをいただいて、自分が書いたものを読み直してみると、なるほど、“劇”という言葉に対しての説明がぜんぜん欠けているなあと。
 イデオンのキャラクターとかメカとかが、「あんまり好きではない」と書いたのは、止まっている絵として見たら、あまり私の趣味には合わないというつもりでした。湖川さんの絵は、動いてナンボっていう感じで、ほんとにアニメ向きというのか、漫画向きではないというのか。メカのほうは・・・主役メカのイデオンが、ねぇ・・・(笑)
 重機動メカは考えてみれば、かなり好きです。

 ビジュアルアートじゃなくてパフォーミングアートとか、生意気なカタカナを出してみたのも、そういうようなことで。つまり動きがあって、でも作画がどうこういうよりも、セリフの勢いとか、あと重要なのは音楽というのもあったりして。
 そして、そういう多様な要素を個別に云々するのではなくて、そういうようなものの総合力で、「ワッ」と情感に訴えかけてくるっていうのか・・・。そういうこと全体で「劇空間」を作り上げるというのか・・・。もうちょっと言うと、例の何度か書いてきている「芸能」ってやつになるんですけどね。
 アニメ的には「絵コンテ主義」ってのがそういうのなのか、正直よく分からないんですけどねー。音楽の力ってのは本当に大きいと思うんです。「劇伴」とか言うみたいですけど、伴ってるんじゃなくて、それも劇の一部なんだよっていうか。

 実は今、『ブレンパワード』二周目(笑)を、そのままレンタルで見てるんですけど、これでなんか大丈夫なような気がしたんで、並行して『エヴァンゲリオン』を(ようやくね、)見直し始めたんです。エヴァの影響がブレンに・・・とか、よく言われるみたいですけど、それぞれの第1話第2話を並行してみていると、「違うなぁ」って。むしろ好対照に感じられると言うか。
 エヴァは細々とよく作りこまれていて、主人公を中心にガチガチに物語が動いていくんだけど、ブレンはよく言えば大らか、悪く言えば「荒い?」感じ。ヒギンズとかコモドとか、どれもこれも何か劇中で語り尽くされていない性格みたいなものがあって、それがメインの物語に絡むんだけど、それだけじゃないと言うのか。エヴァのほうだと「裏設定」みたいな感じなんだろうけど、ブレンのほうは「裏の情」とでも言うのか・・・。
 エヴァは、この物語冒頭では、ほんとオタク向けの「サービスサービス」な要素がてんこ盛りで。(ミサトのギャグ的独白とか、ペンペンとか・・・なんつうか少し引いちゃいましたけど。)ここからねじれて反転していくわけなんで、この辺だけ見ていても、あまり感想にもならないですね。普通に面白いですよ。

 えー、つまり何だ(笑)
 「情」ということを言いたいんだと思うんです。設定だったり筋書きの進行だったりの説明ではなくて。で、なまじ美男美女ではない方がむしろよいぐらいのほうが・・・というのが私の個人的趣味みたいです。美男美女ってのは、かえって没個性だったりしますからね。

 駄目ですねぇ。自分の好みを自分の言葉で語ろうと思うと、なんだか歯切れが悪いや。学がないからなぁ。(笑)

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
スポンサーサイト



アニメを“劇”として見てくれる人は多くない 

[2006/03/29] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(3) | TOP ▲

Invitation 2006年4月号 富野由悠季インタビュー「映画というものが分かりかけてきました」:シャア専用ブログ

 『ブレンパワード』を見てしみじみとよく分かったんですが、私は富野アニメがビジュアルアートとして好きなんじゃなくて、パフォーミングアートとして好きなんだということ。(アートという言い方が許されるんだとしてね。)

 ブレンなんてのは、絵としてみたら、少なくとも私の趣味とはかけ離れてるんです。キャラクターもメカも、たぶんあんまり好きじゃない。だけど、この作品は今までに見た富野アニメで一二を争うぐらい好きだと断言できる。(たぶんトップ争いをしているのは『THE IDEON』。)
 イデオンのキャラクターもメカも、考えてみればあんまり好きではないので、要するに好きなのは、その“劇”が好きなのです。
 “物語”が好きという言い方をしてしまうと、文学的に好きみたいになってしまうのだけど、そうではなくて、“劇”として好きなんだと。だからノベライズとかでは駄目なんで、アニメとして提示されたものが好きなんです。

 そういうわけで、「劇映画」という言い方がとてもよく分かる。

劇とは情の繋がり、情の寸断、情の絡み合いで成立しているものです。


 好きだから、私には、この言い方がすごくよく分かるんですけど、多くの人は、アニメを“劇”だと思ってみていないから、これって通じない言葉なんだろうな、ということもなんとなく分かってきた気がします。
 「映画館に来る、いろんなタイプのお客さんに観てもらいたいと思った」のもよーく分かるんですけど、“劇”だと思って見ていない人は、「いろんなタイプ」の中に入っているのかなあ。(素朴な疑問)
 ただ「ガンダムという強力なスペクタクル・アイテム」を目当てに劇場に来た人は、そう簡単に「男と女の話」を描いた劇を意識できないと思うけど、それは意識下に残る描き方をされていると思うから、今すぐに認められなくとも無駄な仕事ではなかったと私は確信いたしますよ。
 「劇空間」ということが、要するに分かるか分からないかなんです。劇空間が現実空間と地続きでないことを、いつになったら分かるんだって言ったって、分かる気がない人には永遠に分からないのだって。(別にそれは選民思想とかではないけれど、)

でもSEXというものは、バーチャルな世界で内向的に愉しむものではなくて、日常のふれあいのレベルから体感して身につけていくものであるという公認論をもっと教えてあげる必要があると思います。それが劇映画の劇、芝居という形をとって、観客という公衆の面前に対して語らなくてはならないことだと思います


 分かるんだけど、ある意味、国民的倫理観のゆがみへの挑戦であるから難しい。けど間違いなく大事なことですね。

 宮崎駿は「とんでもない巨人」だけど、そればっかりだと「ファンタジーまみれのだらしない映画の状況」を生むと言いたいのかな。言いたいことを理解するには『中国の小さなお針子』とか『みなさん、さようなら』といった映画を見てみるべきなんだろうなぁ。「本当の映画」かぁ・・・。

みんなが観て分かる話を作っていくのが映画だと、僕は思っています。


 こういうことをまともに言葉にしてしまう、この人の不器用さが好きです。アニメを“劇”として見ようとしている人なんて、ほんの少数なんだってば。でも、そんなの分かってて、こうやって言葉を吐いているんだろうなぁ。

 批評をする人たちはカッコいい言葉でしか語らないから、作者本人がカッコ悪い言葉を言わなきゃならない状況なのかもしれないとか思って、微力ながら私は、カッコ悪い感想をなるべく堂々と言わなきゃいけないとか、変な使命感を感じたりする次第。力及ばず、難しい言葉ばかりが並んでいるように見えるなら、それは私の理解力の不足ゆえのことなので、遠慮なくご指摘くださいませ。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ

脱線方向・・・? 

[2006/03/28] | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | TOP ▲

 自分で書いたものを反省してやり直すというのは、やってみるといろんな意味で恥ずかしくて苦しいものですね。富野監督の新訳ってのは大変だったんだろうな、と不遜な連想をしてみたり。
 教養とか芸能とか、私の学力(笑)では荷の重すぎる本を読んで記事を書いていると、しみじみ思うんですが、富野監督って実によく勉強してますよね。いや、それぞれのご専門の方から見れば、もしかしたら噴飯ものレベルなのかもしれないんですけど、でも私ぐらいのレベルから眺めると、どうもそういう私には「難しいなぁ」と思えることを、ちゃんと勉強して作品に活かそうとしてると思えるのです。
 まあ私ぐらいの低レベルで言うようなことじゃないんですが、自分には難しく思えたことを勉強した成果ってのは、人に話すときも難しそうに消化不良気味な書き方をするほうが、なんとなくカッコいいんじゃないかって思ったり。
 いや、逆かな?雑駁な把握しか出来ていないことを赤裸々にするのが恥ずかしいから、自分の言葉にならないままで文中にはめ込んでみたり、ですかね。(最近のアニメーションにもそんな傾向があるような気がします。)
 難解だって言われるのは、書いてる本人が実は理解できていないからじゃないかというのは、一度は胸に手を当てて考えてみるべき問題ですね。

 で、分からないことは正直に分からないと言うべきであるのかもしれない。私には、富野監督が本当のところでどういう思想を抱いている人なのか、よくわかりません。(エリートとか愚衆とかね。)

 しかしエリートでもないのに、世の中のこと考えなきゃならないのかよ!ってのは、正直ありますよね。生活が維持できるかどうかのギリギリのところにいるってのにさ。(まあ、飢える心配までは当面ないですが。)そして往々にして、この生活維持と理想ってヤツが対立するんだな、日常的に。
 もうね、もっともらしいものほど疑わしいなんて世の中は、本当にイヤですね。こんな中で富野さんのどこが好きかといって、どちらかと言えばかっこ悪く、そうした我々と同じ悩みの中にいるように思えるところこそが、好きで好きでたまらないのかもしれません(失礼!)
 だけど、しがみつかない(依存しない)ように気をつけなきゃならないですね。はい。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ

「男の子いかに生くべきか」(ソフトバージョン) 

[2006/03/27] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 昨日自分で書いたものを読んでみて、あまりの難解さに頭を抱えました。これではまずいと思うので、要点だけかいつまめるものか、やってみます。(自己言及にもほどがある・・・ 笑)

 要は、Ζガンダムは“ビルドゥングスロマン”(=成長譚、教養物語ともいう)として読めるのか、という話。

ビルドゥングスロマンの定義
「若者がさまざまな困難を切り抜け、さまざまな人に出会い、男へと成長していく物語」

正当なビルドゥングスロマンとは?
 目指すべき成長のあり方は「自己形成」。いかに生くべきかを考え、いかに生きるかを決め、つまり自分自身を作りあげるのは、ほかならぬ自分自身です。このために必要となるのが実用知識以外のもの(すなわち教養)ですが、哲学などの素養を高めるだけではなく、今日では「強烈な個性」で自分なりの生きかたを発見することという意味になってきているようですね。

注意点
 Ζガンダムをビルドゥングスロマンとして読もうとすることは、富野アニメを「教養主義的」な視点で見ようとすることのようですが、「教養主義的」という言葉は「今ではほとんど侮蔑語」でさえあるようです。(どうもそれは「エリート」という概念と結びつくものであるかららしいです。)

教養主義はなぜ現在では侮蔑語なのか?
 エリートという概念が差別的である以上に、どうも端的には「人類・歴史・社会全体に対する使命感・責任感」を担う意思を持ったエリートがいなくなったってことみたいですね。

では教養主義なんて時代錯誤じゃん?
 「若い人々が、たとえ努力主義や進歩信仰や西洋崇拝や大きな物語に興味を示さなくなったとしても、いかに生きるかということ自体を考えなくなったわけではない」、「自分探し、自己実現、自分らしさ」はむしろ強迫観念にまでなっているというようなことのようですね。
 「かつては強者にのみ与えられた試練であったものが、現在では、広くわれわれを脅かしている」と言うわけで、エリートだけではなく、皆が考えるべき問題になってきているんだという考え方もできるようです。

で、富野アニメは教養主義的なの?
 御大のお説教癖はさておき、物語の構造を見ると、「主人公が主役ロボットの開発者の息子という構図」はリアル路線から見ればご都合主義的なのですが、そういう出自であるために運命の歯車に巻き込まれていくという意味では特権を持ったものゆえの義務が生じているとも見れる。(“ニュータイプ”という概念もエリートゆえに人々を導く義務が生じていると解釈可能。)
 その他、役回りとして「勉強が出来るだけの典型的優等生」としてのジェリド、「突出した天才」としてのシロッコなどの見方は、優れて寓話的。(「少年を導く大人」としてのクワトロは言うまでもないですが。)
 故郷、地縁、血縁といった紐帯を一旦断ち切り、同時に自分自身の手で、友人関係や師弟関係という新たな結びつきを作り出すことが、自分自身による自己形成の第一歩という意味では、少なくともファーストガンダムは“成長譚”のスタイルにぴったりと当てはまるでしょう。たぶん新訳Ζも合格です。(キングゲイナーはどうなのかな?)
 テレビ版のΖガンダムは、正当な成長の物語を描くことに失敗したのではなく、成長失敗の物語を描いた、と見るべきで、では教養主義的ではないのかというと、そうとばかりも言い切れないと思うに至りました。(例えば旧制高等学校での超エリート生徒の“動機なき自殺”の問題を「或る青春の象徴」とも捉えるのが教養主義の立場なのですね。純粋さゆえの失敗は、失敗ではないということになるのか・・・。)

エリートでもないのに重いこと考えるのイヤなんだけど?
 「人類・歴史・社会全体に対する使命感・責任感」があればこそ「いかに生くべきか」と人間らしく充実して生きることを求められる。(それが生きがいというものですね。)
 一人ひとりがそれを担うことを回避しているとどうなるのかというと、ヒットラーみたいな人の使命感・責任感にみんなが引っ張られていくようになるでしょう、ってことのようです。

すごいね、御大ってまるで教祖様みたい?

現在では、「男の子いかに生くべきか」などと、若い学歴エリートたちに語りかけ、「生きがい」を提供してくれるような教祖様や社会学者、それに教養論には、まずは要注意なのである。


・・・だそうです。気をつけろ!

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ

どうでしょう?
少しは柔らかくなりましたかねぇ?(笑)

「男の子いかに生くべきか」 

[2006/03/26] | 御大 | トラックバック(0) | コメント(2) | TOP ▲

 Ζガンダムの物語を“ビルドゥングスロマン”という切り口から考えるということで、にわか勉強のための参考図書は、予告どおり高田里惠子『グロテスクな教養』(ちくま新書)。とりあえず、第一章「教養、あるいは「男の子いかに生くべきか」」に目を通しました。少しずつまとめておかないと、まとめようがなくなるので、とりあえず消化不良で申し訳ないですが、メモ程度です。(嘘です。長ーいです。)

 ビルドゥングスロマンという時に、「教養小説」という定訳ではなく、カタカナ(ドイツ語)をよくもってくるのは、“教養”という用語にしみこんでいるイメージを避けるためにちがいないとされています。
「若者がさまざまな困難を切り抜け、
 さまざまな人に出会い、
 男へと成長していく物語」

という定義を、ひとまずもう一度確認。

 できれば避けて通りたいぐらい“教養”の明確な定義づけは難しいようですが、“専門”の反対語の意味から捉えられるニュアンスは、非実用的な性格でしょうか。この本では、教養そのものではなく、“教養についての言説”をみていくという立場なのですが、「教養主義的」という言葉は「今ではほとんど侮蔑語」だと述べられているところは一つのチェックポイントだと思いました。

 教養の目指すところは「自己形成」だと言われます。つまり自分自身を作りあげる(いかに生くべきかを考え、いかに生きるかを決める)のは、ほかならぬ自分自身というわけです。これは、人間がその人格というものを認められ解放されていて、はじめて言えることなので、「教養は何より解放の思想」という言い方が生まれるんだとか。
 日本では教養の理念は、近代化と共にドイツからもたらされましたが、古典語や哲学を広く、専門にとらわれず学ぶことによって自分自身を作りあげてゆくというその方法論は、時代の変化の中で“教養主義批判”というかたちで新しい教養論が示されながら少しずつ変化してきた、ということのようですね。(「無邪気に教養主義が唱えられた時代は一度もなかった、といってよい」)

 そのあたりの歴史的な話は省略しますが、「青春の終焉」「教養主義の没落」といわれた1970年(大学紛争)以降の現状は見なければならないですね。
 「若い人々が、たとえ努力主義や進歩信仰や西洋崇拝や大きな物語に興味を示さなくなったとしても、いかに生きるかということ自体を考えなくなったわけではないのは、日常レベルでは確認でき」、「自分探し、自己実現、自分らしさ」はむしろ強迫観念にまでなっているということです。「かつては強者にのみ与えられた試練であったものが、現在では、広くわれわれを脅かしている」とも言います。

 「かつては強者にのみ与えられた試練」という意味は、日本型の教養主義が、とりわけ戦前の旧制高等学校を舞台に語られてきた歴史に由来します。『君たちはどう生きるか』の「君たち」は、少数の特権的エリートに向けられた言葉であったものが、それだけを対象にするものではなくなったのが、つまりは教養(主義)の衰退である、というわけです。
 ここでひとつ面白いなと思った指摘は、ここではそれなりに才能のある(逆に言えば“それなりの才能”しかない)少数の男の子たちが、いかに生きるかが問題とされてきたのであって、「突出した才能に恵まれた男の子(この場合は女の子でもよい)には、まったく関係ない」というもの。なるほど!

 日本的な教養主義の土台を再確認すると、学歴社会の中でエリートとは「受験勝者」を意味するのですが、そこで彼らがもう一段上の自己形成を目指す誠実さを持つならば、自分がたんなる勉強ができるだけの優等生ではないことを、自分自身にも他人にも示さなければならないということであると。
 つまり「秀才」と「優等生」は、日本では侮蔑語だというのです。
 
 「人格陶冶」や「自己形成」という言葉から俗人たちが連想するものは高潔な人格ですが、エリートにとっては規定のレール上を走るだけではない自分なりの生き方の発見ということになりますので、「現在では、強烈な個性といったほうが、分かりやすいかもしれない。」
 というわけで、教養主義と蛮カラ、志士の精神と享楽主義、マルクス主義と体育会系といった、一見相反するような要素が、「僕は単なる優等生ではない」という一点から生じてくるわけです。

 カミーユの物語に即して言えば、リアルロボットものの原理主義者の皆さんは、アムロやカミーユが、ガンダムの開発者の息子である点を気に入らないと時々おっしゃいますよね。主人公が主役ロボットの開発者の息子という構図は、スーパーロボットものの王道パターンだったりします。それは確かに特権的ポジションなのですが、そうであるがために彼はその運命から逃れることが出来ないという意味では、特権エリートなればこその義務を負ったと見るべきかもしれない。(※これは、そういう構造にする意図であったのか、主人公を主役メカに乗せるための方便がたまたまそういう構造にあたったのかは分かりませんが。)
 あるいは、もうひとつリアル路線主義者に嫌われる“ニュータイプ”という概念も、エリートなればこその特権と義務と見ることが可能かもしれません。役回りとしては、勉強が出来るだけの典型的優等生としてのジェリド、突出した天才としてのシロッコなどの見方もあるでしょう。
 
 この本の中では『新教養主義宣言』の著者である山形浩生が山本義隆(元・東大全共闘代表=特権エリートの自己否定の実践者)の『磁力と重力の発見』を絶賛したエピソードが紹介されています。「物理は一つの世界観で、各種の数式はその世界での因果律の表現だということを、かれは(たかが受験勉強で!)みっちりたたき込んでくれたのだった」というその文章を、私は今、富野アニメに対して、「アニメは一つの世界観で、各登場人物はその世界での因果律の表現だと言うことを、かれは(たかがロボットアニメで!)みっちりたたき込んでくれたのだった」と言い換えることができますか、ということになるのでしょうかね?

Ζガンダム以降、キングゲイナーまで「少年が大人の導きで男になる」というビルドゥングスロマンを、正当に描くことに失敗し続けているのが面白い。今回のΖガンダム劇場版は、それにカミーユといういたく90年代以降の少年像を据えた上で成功するかどうかに挑戦をしているという点で興味深い。

さて次の企画は 「Ζガンダム劇場版で見る富野と宮崎の教育観の違い


 この話はもともと、この文を読んで、「正当なビルドゥングスロマンって何だろうか?」と思った素朴な疑問から考えはじめたものです。

 この視点から考えると、例えばホワイトベースやアーガマの艦内の人間模様には、軍艦のリアリティ描写からは外れているかに思える部分があります。これを「常識的俗物性」を徹底的に排除しようとした「閉じられた社会」(「旧制高等学校の寮生活」になぞらえうるような?)として、「青春の自己形成のために無理やりにも作られねばならなかった」空間として描かれたと解釈できるのかどうか。これは少し難があるような気がします。

 一方、もうちょっと分かりやすく当てはまるのは、「故郷、地縁、血縁といった紐帯を一旦断ち切る」(同時に自分自身の手で、友人関係や師弟関係という新たな結びつきを作り出す)ことが、自分自身による自己形成の第一歩だというポイント。これは、ど真ん中ストライクですね。

 実は旧制高等学校をめぐる教養の話では、超エリート校だった第一高校の生徒の“動機なき自殺”の問題に大幅な紙数を割いて触れられています。「或る青春の象徴」「この青春という健康な病いを果まで辿った彼の生き方」は、『君たちはどう生きるか』の教養論にとって実にかなり難しい問題であったようです。カミーユの精神崩壊を今も支持する人がいるというのは、本来はこのような観点から考えねばならないのかもしれません。

 教養論の話は、「おたく」的な問題とも関係あると思うのですが、例えば秀才なのに、(大衆文化にも馴染んでいて)話のわかる奴との評判をとろうとする態度は「二重戦略」と言われています。
 「難解な哲学書を読むふりをすることは受験勝者の仲間内で、僕はたんなる受験秀才じゃないを誇示しあう方法であり、難解な哲学書なんか知らないふりをすることは、外部の世間にたいして、ぼかぁ冷たい優等生じゃありませんよと媚びる態度」ということで、それ自体否定はされていませんが、次のような断罪は耳が痛い。

問題なのは、「友人との交際」も含めた人間関係のなかで、うまく世渡りしていくことができる技術だけを求めている、その迎合的態度の卑小さだ



 自分自身は他者の承認によってしか確認できない(他者からどう見えるか)ということは重要な問題で、『星の鼓動は愛』のラストでも、カミーユのありようを全員が承認するような意味で、あのカーテンコールのような場面は必要だったと富野監督も言っておられます。
 富野さん自身の教養主義的な立ち位置が、私にはまだよく分からないというのが正直な今の感想で、大衆蔑視のエリート主義が1960年代の高度成長を経た大衆社会(昭和元禄の国民総阿波踊り)の登場で効力を失っていることはよくよくご存知な中で、他者との建設的な関係を取り結ぶことのできる、伸びやかで健全な普通人(人と人が結び合う具体的な場としての世間の中で、世間を変えてゆく位置にたち、何らかの制度や権威によることなく、自らの生き方を通じて周囲の人に自然に働きかけてゆくことができる人)のような、教養人の理想めいたことを口にされる。

 第一章「教養、あるいは「男の子いかに生くべきか」」の結びは、かつてのエリートの特権は、「地位・名誉・富」ではなく、「人類・歴史・社会全体に対する使命感・責任感」を独占してきたことだったと述べ、価値の多元化、相対化と情報量の加速度的増大によって「エリートってのはせっせと頑張って働いてご苦労なことだなあ、などと、マイホーム的しあわせの中からむしろエリートを憐れんで眺めるような感覚が生まれてくる」時代の問題を考えています。
 使命感・責任感あればこそ「いかに生くべきか」と人間らしく充実して生きることを思う。これを、われわれすべてが、お互いに、「生きがい」を持つための特権をあきらめる我慢をしている状況と捉えるとき、「逆に、より一層強烈で粗野な使命感・責任感への総なだれ現象―ひとまわり巨大なヒットラー的人間への共感―を導くことになるかもしれない」のではないのか、という危機感の表明です。

漫画・アニメ全般 - 漫画・アニメにほんブログ村 漫画アニメブログへ
続きを読む